本のページ

SINCE 1991

芥川賞&直木賞(平成28年下半期)決定 芥川賞は山下澄人さんの『しんせかい』、直木賞は恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』

芥川龍之介賞|公益財団法人日本文学振興会
直木三十五賞|公益財団法人日本文学振興会

第156回芥川龍之介賞の選考委員会が平成29年1月19日午後5時より築地・新喜楽で開催され、下記候補作品の中から山下澄人さんの『しんせかい』が授賞作に決まりました。

【芥川賞 候補作】〔敬称略〕
加藤秀行(かとう・ひでゆき) 『キャピタル』(文學界 12月号 掲載)
岸政彦(きし・まさひこ) 『ビニール傘』(新潮 9月号 掲載)
古川真人(ふるかわ・まこと) 『縫わんばならん』(新潮 11月号 掲載)
宮内悠介(みやうち・ゆうすけ) 『カブールの園』(文學界 10月号 掲載)
山下澄人(やました・すみと) 『しんせかい』(新潮 7月号 掲載)

 
また、第156回直木三十五賞の選考委員会も同じく1月19日午後5時より築地・新喜楽で開催され、下記候補作品の中から恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』が授賞作に決まりました。

【直木賞 候補作】〔敬称略〕
冲方丁(うぶかた・とう) 『十二人の死にたい子どもたち』(文藝春秋)
恩田陸(おんだ・りく) 『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)
垣根涼介(かきね・りょうすけ) 『室町無頼』(新潮社)
須賀しのぶ(すが・しのぶ) 『また、桜の国で』(祥伝社)
森見登美彦(もりみ・とみひこ) 『夜行』(小学館)

 
なお、選考委員は、以下の方々です。〔敬称略〕
・芥川賞 小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、高樹のぶ子、堀江敏幸、宮本輝、村上龍、山田詠美、吉田修一
・直木賞 浅田次郎、伊集院静、北方謙三、桐野夏生、高村薫、林真理子、東野圭吾、宮城谷昌光、宮部みゆき

 
贈呈式は2月下旬に東京都内で開かれ、正賞として時計、副賞として賞金100万円が授与されます。


〔第156回芥川賞・直木賞が発表 受賞者が会見(2017年1月19日)〕

 
芥川賞の山下澄人さんは4回目、直木賞の恩田陸さんは6回目のノミネートでした。ちなみに、恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』は本屋大賞の2017年度のノミネート作品でもあります。
山下さん、恩田さん、おめでとうございます!

 
【関連】
芥川賞:山下澄人さん「しんせかい」 直木賞は恩田陸さん – 毎日新聞・・・受賞者の略歴および選考委員のコメントあり
【第156回芥川賞・直木賞】「痛快。僕が芥川賞作家ですよ」 受賞作家の山下澄人さんはこんな人 – 産経ニュース
山下澄人氏、芥川賞受賞も“他人事気分”「痛快。ウソだろって話」 | ORICON NEWS
恩田陸氏、直木賞に「ちょっとうろたえています」6度目の候補で晴れて受賞 | マイナビニュース
【中継録画】第156回芥川賞・直木賞が発表 受賞者が会見 | THE PAGE(ザ・ページ)
芥川賞&直木賞(平成28年下半期) 候補作が決定 | 本のページ

私小説?それとも…山下澄人、新作『しんせかい』を語る – 新刊JP
山下澄人 『しんせかい』 | 新潮社
音楽の「才能」とは何なのか――。 『蜜蜂と遠雷』 (恩田陸 著)|インタビュー・対談|「オール讀物」編集部|本の話WEB

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です