本のページ

SINCE 1991

「オリックス 働くパパママ川柳」募集 五・七・五でよむ、仕事と子育て!大賞は賞金20万円と宿泊券

「オリックス 働くパパママ川柳」募集 五・七・五でよむ、仕事と子育て!大賞は賞金20万円と宿泊券

「オリックス 働くパパママ川柳」募集 五・七・五でよむ、仕事と子育て!大賞は賞金20万円と宿泊券

オリックス株式会社は、働きながら子育てに奮闘するパパとママの日常をテーマとする第2回「オリックス 働くパパママ川柳」を、1月19日から2月19日まで募集しています。

2017年に開催された第1回「オリックス 働くパパママ川柳」には、日本全国から4万9,623作品の応募があり、仕事と子育てで慌ただしい毎日だからこそ生まれる感謝の気持ちやユーモラスなエピソードを17音で表現した受賞作品は、子育て世代をはじめとした多くの方々の共感を集めました。

今回の第2回企画では、「子ども目線賞」を新設。働くパパやママを応援する子ども目線のメッセージの作品も募集します。

 

「オリックス 働くパパママ川柳」概要

■募集内容
働きながらの子育ては、パパもママも朝から晩までフル稼働。慌ただしい毎日だからこそ生まれる感謝の気持ちや、笑いのネタ、ちょっとグチってみたいことを17音の川柳で自由に表現してください。既婚未婚、年齢は問いません。1回につき3句まで、期間中は何度でも応募できます。

■応募方法
郵便はがきまたはインターネット(パソコン・スマートフォン)のいずれかで応募。

・郵便はがき:郵便番号、住所、氏名・フリガナ、雅号(ペンネーム)、性別、生年月日、職業、e-mailアドレス、電話番号を明記のうえ、1枚のはがきに川柳(3句まで)を書いて、以下の宛先までお送りください。

・インターネット:「オリックス 働くパパママ川柳」パソコン・スマートフォンサイト(http://t.asahi.com/os2018)にて受け付け。

■締め切り
2018年2月19日(月)必着(インターネットは24:00まで)

■表彰
・大賞(1句) 賞金20万円
  副賞 1泊2食付きホテル宿泊券(1組2名分)
  ※以下のオリックスグループが運営する4施設から1施設を選択してください。現地までの往復交通費は、受賞者の負担となります。

・パパ目線賞(3句) アイロボット ルンバ690

・ママ目線賞(3句) Dyson Supersonic ヘアードライヤー

・子ども目線賞(1句) パナソニック ホットプレート NF-W300-S

・優秀賞(10句) Amazonギフト券 1万円分

■選考
「オリックス 働くパパママ川柳」運営事務局

■特別審査員
・尾藤川柳さん(川柳公論社 主宰)
・蛯原英里さん(日本チャイルドボディケア協会代表)
・浜田敬子さん(元AERA編集長、Business Insider Japan統括編集長)

■発表
2018年4月中旬(予定)
「オリックス 働くパパママ川柳」ウェブサイト、朝日新聞広告紙面ほか

■主催:オリックスグループ

■後援:朝日新聞社

 

昨年の受賞作品

【大賞】
カバンには パソコンスマホ 紙おむつ なおみん(42歳・女性/神奈川県)

【パパ目線賞】
パパ育児 一度は試す 父の乳 パパシー(30歳・男性/福岡県) <ほか2句>

【ママ目線賞】
すべりこむ 会社に園に お布団に 煮え湯(39歳・女性/京都府) <ほか2句>

【優秀賞】
ただいまと 聞いた瞬間 ギュッとハグ ココナッツ(13歳・女性/東京都)

上司より 呼び出し多い 保育園 たっちゅんママ(24歳・女性/京都府)

初トイレ あんよも全て 保育園 家事リーマン(41歳・男性/埼玉県)

駅に着き 深呼吸して ママになる そらそらお(51歳・女性/千葉県)

ウイルスが 縁で三人 水入らず はますだれ(55歳・男性/神奈川県) <ほか5句>

※全17句の受賞作品は「オリックス 働くパパママ川柳」ウェブサイトで公開しています。

 
【関連】
第2回 オリックス 働くパパママ川柳特集:朝日新聞デジタル

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です