本のページ

SINCE 1991

「PICK UP PRESS」台湾漫画邦訳プロジェクト第1弾!『蘭人異聞録 ―濱田彌兵衛事件―』が配信開始

『蘭人異聞録 ―濱田彌兵衛(はまだやひょうえ)事件―』(著:Kinonoさん、翻訳:黒木夏兒さん)

『蘭人異聞録 ―濱田彌兵衛(はまだやひょうえ)事件―』(著:Kinonoさん、翻訳:黒木夏兒さん)

PICK UP PRESSは「台湾漫画邦訳プロジェクト」の第1弾として、デジタルコミック『蘭人異聞録 ―濱田彌兵衛(はまだやひょうえ)事件―』(著:Kinonoさん、翻訳:黒木夏兒さん)の配信をスタートしました。

Amazon kindleでは、10月1日より配信開始。その他のサイトでも順次配信開始予定です。

 

これぞ日本と台湾との協力の原点!知られざる歴史的事件を描いたマンガ『蘭人異聞録ー濱田彌兵衛事件ー』

世は江戸時代…欧米列強は世界へ進出し、アジアの植民地支配を進めていた。
台湾もその大きな波に飲み込まれ、オランダによって支配されつつあった。
列強の影響力を受け入れざるを得なかったその時代に、実は台湾と日本が協力し、オランダを打ち負かした知られざる事件があったのだ。
その名も…「濱田彌兵衛事件」(「浜田弥兵衛事件」「タイオワン事件」とも呼ばれる)
長崎出身の日本人・濱田彌兵衛(やひょうえ)が中心となり、迫りくる列強の支配に台湾と日本で一矢報いたのだ…

 
NHK大河ドラマ「青天を衝け」でも取り上げられ、話題となった濱田彌兵衛。
しかし、その人物と、その名を冠した事件の知名度は低く、取り上げた書籍は日本ではほとんど出版されていません。

この知られざる事件の顛末を台湾人の漫画家・Kinonoさんが描き、日本で日本国際漫画賞入賞、台湾で金漫賞漫画新人賞ノミネートされた注目作が遂に邦訳されました。

★PICK UP PRESSサイト:https://pick-up-press.stores.jp/items/631fcd33a323943cae25eeae
★試し読み:https://corp.pick-up-press.com/portfolio/91050200c00000000138/

 

著者プロフィール

 
■著者:Kinonoさん

2008年、講談社モーニング国際新人漫画賞を受賞。本作『蘭人異聞録』にて、2016年に台湾にて金漫賞漫画新人賞ノミネート、2017年には第11回日本国際漫画賞入賞。台湾本国では『蘭人異聞録』第2巻が2020年に刊行。今後、更なる活躍が期待される台湾の漫画家の一人。

★Twitter:https://twitter.com/kinonote

 
■訳者:黒木夏兒さん

BL小説『ロスト・コントロール~虚無仮説~』(フロンティアワークス/2013)、書籍『緑の牢獄 沖縄西表炭坑に眠る台湾の記憶』(五月書房新社/2021)、漫画『北城百畫帖~カフェーヒャッガドウ~第一巻』(デジタルカタパルト/2019)、『綺譚花物語』(サウザンブックス/2022)など、繁体字の出版物を多数邦訳。

★Twitter:https://twitter.com/heimuxiaer

 

 
【関連】
蘭人異聞録-濱田彌兵衛事件- | PICK UP PRESS INC.

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。