本のページ

SINCE 1991

結城真一郎さん『#真相をお話しします』が6月刊行 「第74回日本推理作家協会賞〈短編部門〉」受賞作「#拡散希望」を全文公開

結城真一郎さん最新作『#真相をお話しします』 ※予告カバー

結城真一郎さん最新作『#真相をお話しします』 ※予告カバー

2018年に『名もなき星の哀歌』で第5回新潮ミステリー大賞を受賞しデビュー、その後もコンスタントに作品を発表しつづけ、いまミステリー界の超新星として注目を集める結城真一郎さんの最新作『#真相をお話しします』が6月30日、新潮社より刊行されます。

 

ミステリー界で最も権威ある文学賞のひとつ「日本推理作家協会賞」を平成生まれの作家が初受賞!新世代エースの受賞作を全文無料公開!

結城真一郎さんは、『#真相をお話しします』収録の「#拡散希望」でミステリー界で最も権威ある文学賞のひとつ「日本推理作家協会賞」の第74回短編部門を受賞しました。

平成生まれの作家による本賞の受賞は初めてで、短編部門では第2回の山田風太郎さん、第48回の加納朋子さんに次ぎ、史上3番目の若さでの受賞となりました。選考会では二転三転するプロットや伏線回収の巧みさ、YouTuberを題材にした、テーマの現代性等が高く評価されました。

 
【『#真相をお話しします』あらすじ】

家庭教師の派遣サービス業に従事する大学生が、とある家族の異変に気がついて……(「惨者面談」)。
不妊に悩む夫婦がようやく授かった我が子。しかしそこへ「あなたの精子提供によって生まれた子供です」と名乗る別の〈娘〉が現れたことから予想外の真実が明らかになる(「パンドラ」)。
子供が4人しかいない島で、僕らはiPhoneを手に入れ「ゆーちゅーばー」になることにした。でも、ある事件を境に島のひとびとがやけによそよそしくなっていって……(「#拡散希望」)
…など、昨年「#拡散希望」が第74回日本推理作家協会賞を受賞、そして今年、第22回本格ミステリ大賞にノミネートされるなど、いま話題沸騰中の著者による、現代日本の〈いま〉とミステリの技巧が見事に融合した珠玉の5篇を収録。

 
なお、新潮社では4月25日から『#真相をお話しします』より、受賞短編「#拡散希望」を全文収録した無料お試し特別版の配信を各電子書籍書店にて開始、新潮社HPにも全文を無料公開しています。

★【電子書籍】全文収録・無料お試し特別版:https://amzn.to/3MzdC0Z
★【新潮社HP】全文無料公開・試し読み:https://www.shinchosha.co.jp/book/352234/preview/

 
<いち早く『#真相をお話しします』を読んだ書店員が絶賛!>

どの短編も、読んでいて何らかの違和感を感じるはずだ。
そしてその違和感は、間違っていない。
ただその展開があまりにも想定外、『驚愕』の一言ではとても片づけられない。
物語世界が文字通りひっくり返るぞ。これが結城真一郎の本当の凄さだ!
――啓文社西条店 三島政幸さん

注目の逸材・結城真一郎の飛躍が止まらない!
「ミステリ」というマジックを使いこなし、驚きも戦慄も感動も自在に紡ぐ鮮やかな手際は、同時にままならない現代の輪郭をもありありと浮かび上げてみせる。
優れたミステリが、時代とひとを残酷なまでに映し出す磨き抜かれた鏡となることを証明した、極めつきの傑作集だ。
――ときわ書房 本店 宇田川拓也さん

絶対に何か良くない事が起きると感じつつも、体は“その結末”を求めてしまう。
―彼らを侮らないほうが良い―
まさにこの言葉に凝縮された、ヒヤリとさせる短編集でした。
――紀伊國屋書店仙台店 齊藤一弥さん

 
<新潮社社内各部署も大プッシュ!>

後出し、一切なし!限りなくフェアな筆致なのに著者の企みにまんまと乗せられて、めっちゃ悔しい~と歯噛みしながらあっという間に最終ページに。
ちなみに私は読了後、即座に1ページ目から読み直しました…。
――プロモーション部・郡司裕子さん

この目で見ている世界は果たして真実なのか…。ミステリーを通してネット社会の怖さを突きつけられたようでした。想像をはるかに超える展開と結末に気づけばイッキ読み。
?読後のゾクゾク感が堪りません!きっとクセになります!!
――プロモーション部・木下綾夏さん

仕掛けられた罠の連続に思わず「えっ!」と声が出てしまうこと、間違いありません!
現代的なテーマにミステリを織り交ぜたかつてない読み味は、今だからこそ、結城さんだからこそ書けたと断言します。ミステリ界の新エースによる勝負作、どうか乗り遅れずに目撃ください!
――プロモーション部・秋山優さん

怒涛の伏線回収! イヤミスの上位互換!
無象が満たす欲求の先の恐ろしい真実に驚嘆させられました。
読み進めるとどこかで本当の醜い自分に出会ってしまう、これこそ今読むべきヤバイミステリ。
――装幀部・内山尚孝さん

こんなミステリ読んだことない!どの物語も表に出ていないだけで現実で起こっているんじゃないかというリアルさと、社会の闇を感じずにはいられません。作者はどれだけ時代の変化に敏感なんだ?!
読み終わって私はマッチングアプリをそっと消しました…。
――営業部・上原子真衣さん

精密機械のごとき緻密な構成と、無慈悲なまでの「どんでん返し」の波状攻撃に、もうフラッフラです。
読者と時代の先を行く新時代のミステリ、全力で推せます!
――出版部・村上龍人さん

 

著者プロフィール

著者の結城真一郎(ゆうき・しんいちろう)さんは、1991年生まれ。神奈川県出身。東京大学法学部卒業。2018年『名もなき星の哀歌』で第5回新潮ミステリー大賞を受賞し、2019年に同作でデビュー。

2020年に『プロジェクト・インソムニア』を刊行。同年『小説新潮』掲載の短編小説「惨者面談」がアンソロジー『本格王2020』(講談社)に収録される。2021年には「#拡散希望」(『小説新潮』掲載)で第74回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。同年、三冊目の長編作品である『救国ゲーム』を刊行し、第22回本格ミステリ大賞の候補作に選出される。

 

#真相をお話しします 無料お試し版
結城真一郎 (著)

2022年6月刊行の本編のなかから、第74回日本推理作家協会賞短編部門を受賞し話題となった「#拡散希望」を特別無料配信します!
※本稿は校了前のデータをもとに作成しています。そのため、刊本とは一部内容が異なる場合がございます。予めご了承ください。

<単行本(6月刊行)>

#真相をお話しします
結城 真一郎 (著)

私たちの日常に潜む小さな”歪み”、あなたは見抜くことができるか。

 
【関連】
試し読み | 結城真一郎 『#真相をお話しします』 | 新潮社

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。