本のページ

SINCE 1991

村上春樹さん10作品オーディオブック化プロジェクトが始動 第1弾『ねじまき鳥クロニクル』を藤木直人さんが朗読

村上春樹さん10作品オーディオブック化プロジェクトが始動

村上春樹さん10作品オーディオブック化プロジェクトが始動

オーディオブック及び音声コンテンツ制作・配信サービス「Amazonオーディブル」(Audible)は、村上春樹さん著『ねじまき鳥クロニクル』を俳優・藤木直人さんの朗読でオーディオブック化し、「第1部 泥棒かささぎ編」を4月25日(月)より配信します。

 

日本語で初!村上春樹作品10作品をオーディオブック化

オーディブルでは、日本語では初となる村上春樹さんの10作品のオーディオブック化を進めており、
『騎士団長殺し』を高橋一生さん、
『海辺のカフカ』を木村佳乃さん、
『神の子どもたちはみな踊る』を仲野太賀さん、
『職業としての小説家』を小澤征悦さん、
『東京奇譚集』をイッセー尾形さん
が朗読することに決定しています。

 
配信第1作目として、世界的に評価の高い長編『ねじまき鳥クロニクル』を俳優・藤木直人さんの朗読で配信します。「第1部 泥棒かささぎ編」を4月25日に配信し、「第2部 予言する鳥編」を6月1日、「第3部 鳥刺し男編」を7月15日に配信する予定です。

 

藤木直人さん コメント

「過去に朗読劇の経験はありますが、書籍まるごとの朗読はないため、今回が初めての挑戦となりました。話し言葉と文語体の表現の差や役の演じ分け、複数の時間軸に加え、書かれ方が章によって異なるため、悩みながら読み進めた部分も多くあります。本作は僕も出演させていただいた蜷川幸雄さん演出の舞台『海辺のカフカ』等との共通項も多く、他の村上春樹さんの作品とつながりを感じながら演じることができました。初めて村上春樹さんの作品に触れる方にも届くことを考えると不安もありますが、多くの方に届いて聴いていただけると嬉しいです。」

 
【特別動画公開】村上春樹さんの名作「ねじまき鳥クロニクル 第1部」配信開始!

 

 

『ねじまき鳥クロニクル』第1部 泥棒かささぎ編 について

著者:村上春樹さん
ナレーター:藤木直人さん

 
歴史や暴力もテーマとし、世界中で高い評価を受けた壮大な長編小説。村上春樹さんの90年代の代表作。

ねじまき鳥に導かれた謎の迷宮の旅へ。消えた猫、水の無い井戸、出口の無い路地。世田谷の住宅地から満蒙国境まで圧倒的迫力で描く探索の年代記。
(新潮社「村上春樹特設サイト」 https://www.shinchosha.co.jp/harukimurakami/books/353403.html より)

 

村上春樹さん作品のオーディオブック化について

Audible(オーディブル)では、日本語では初めて村上春樹さんの作品のオーディオブック制作が決定し、大ベストセラー作品を含めた10作品の配信を予定しています。

現在、『騎士団長殺し』を高橋一生さん、『海辺のカフカ』を木村佳乃さん、『神の子どもたちはみな踊る』を仲野太賀さん、『職業としての小説家』を小澤征悦さん、『東京奇譚集』をイッセー尾形さんが朗読することが決まっており、それ以外には、『1Q84』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『螢・納屋を焼く・その他の短編』『辺境・近境』の制作が予定されています。

 

ねじまき鳥クロニクル ―第1部 泥棒かささぎ編― Audible
村上 春樹 (著), 藤木 直人 (ナレーション)

「人が死ぬのって、素敵よね」彼女は僕のすぐ耳もとでしゃべっていたので、その言葉はあたたかい湿った息と一緒に僕の体内にそっともぐりこんできた。「どうして?」と僕は訊いた。娘はまるで封をするように僕の唇の上に指を一本置いた。「質問はしないで」と彼女は言った。「それから目も開けないでね。わかった?」僕は彼女の声と同じくらい小さくうなずいた。(本文より)

(c)Harukimurakami Archival Labyrinth 1994 (P)2022 Audible, Inc.

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。