本のページ

SINCE 1991

『オール讀物』5月号はオードリー・タンさんなどが寄稿する台湾特集 誠品生活日本橋とのコラボフェアも開催

『オール讀物』5月号はオードリー・タンさんなどが寄稿する台湾特集

『オール讀物』5月号はオードリー・タンさんなどが寄稿する台湾特集

文藝春秋が発行する小説誌『オール讀物』2022年5月号(4月22日発売)では、特集「読む、台湾。」を掲載。台湾発の大型複合セレクトショップ「誠品生活日本橋」とのコラボフェアも展開します。

 

特集は「読む、台湾。」 今号で紹介されている書籍を集めたブックフェアも開催

特集「読む、台湾。」では、台湾のデジタル担当大臣オードリー・タンさんによる読書体験についての寄稿や、台湾出身の直木賞作家・東山彰良さんと芥川賞作家・李琴峰さんの対談をはじめ、台湾をテーマにした創作、グラビア、コラムなどを掲載しています。

 
この特集にあわせて、台湾発の大型複合セレクトショップ誠品生活日本橋では、「オール讀物」とのコラボレーション企画として『オール讀物』5月号で紹介されている書籍を集めたブックフェア「読む、台湾。」を4月22日~5月22日で開催します(変更する場合があります)で開催。

コロナ禍で海外旅行がままならない今、台湾への旅行気分を味わえる内容となっています。

 
また、特集以外にも、万城目学さん、桐野夏生さん、阿川佐和子さんらの人気作家の読切小説が充実。さらにカナダへ留学中の光浦靖子さんの新連載エッセイ「ようやくカナダに行きまして」や、髙見澤俊彦さんの不定期連載小説「特撮家族」なども掲載されています。

 

 

『オール讀物』5月号 目次概要(一部)

〈読む、台湾。〉
特別寄稿 オードリー・タン「物語から視える未来」
対談 東山彰良×李琴峰「台湾エンタメの現在地」

オードリー・タンさん

オードリー・タンさん

〈小説〉
今野敏 「タイペイアセット」(新連載)
角田光代 「猫はじっとしていない」
中島京子 「隣に座るという運命について」
島本理生 「停止する春」
桜庭一樹 「月下老人」

伊藤理佐 妙齢おねいさん道「台湾に行きたい」
グラビア 「小説で旅する台湾」
コラム 「誠品生活スタッフおすすめ本」

〈新連載〉光浦靖子 「ようやくカナダに行きまして」
〈話題沸騰!! 長編SF〉髙見澤俊彦 「特撮家族」

 

【「読む、台湾。」ブックフェア「オール讀物」5月号×誠品生活日本橋】概要

誠品生活日本橋

誠品生活日本橋

■開催期間:4月22日(金)~5月22日(日)

■会場:誠品生活日本橋(東京都中央区日本橋室町3-2-1 COREDO室町テラス 2階)
〔営業時間〕11:00~20:00
〔HP〕http://www.eslitespectrum.jp/

■展示と販売について
◎オードリー・タンさんが影響を受けた日本語作品と世界的名作
◎東山彰良さんと李琴峰さんが対談「台湾エンタメの現在地」で語った書籍
◎グラビア「小説で旅する台湾」で紹介した台湾を舞台にした小説
◎誠品生活日本橋スタッフおすすめ本など

 

オール讀物2022年5月号

〈特集 読む、台湾。& 人気作家豪華読切傑作選〉
日本人が親しみや郷愁を覚えつつ、アジアの勢いを体現している〈台湾〉の魅力に全角度的アプローチ!
世界が注目するオードリー・タンの特別寄稿や、直木賞作家・東山彰良と芥川賞作家・李琴峰の対談、台湾をモチーフにした新作を今野敏、角田光代、桜庭一樹、島本理生、中島京子が競作しています。

人気作家豪華読切は、万城目学が京都を舞台にした「十二月の都大路上下ル」をはじめ桐野夏生、荻原浩、堂場瞬一、阿川佐和子、伊与原新ら多彩な傑作エンタメを短篇で楽しめます。
髙見澤俊彦の長編「特撮家族」もいよいよ佳境、カナダ留学中の光浦靖子の新連載もはじまります。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。