本のページ

SINCE 1991

尾崎豊さん著書『NOTES 僕を知らない僕 1981-1992』が10年ぶりに重版!

尾崎豊さん著『NOTES 僕を知らない僕 1981-1992』

尾崎豊さん著『NOTES 僕を知らない僕 1981-1992』

たぐいまれな才能に恵まれた孤高のミュージシャンであり、同時にひとりの悩める青年でもあった尾崎豊さん。その魂の遍歴を追うことのできる自伝的著書『NOTES 僕を知らない僕 1981-1992』(新潮社)が、10年の時を経て重版となりました。

 

没後30年を記念した回顧展で大きな話題に!

「僕は 今日という日のために 言葉を捜していた」。

 
「15の夜」「卒業」「I LOVE YOU」などの大ヒット曲で、「十代のカリスマ」とも呼ばれ、圧倒的な人気を誇りながら、26歳の若さで世を去ったシンガーソングライター、尾崎豊さん(1965-92)。

没後30年にあたる今年、その軌跡を振り返る回顧展が東京を皮切りに全国を巡回中です。会場には楽器や衣裳のほか、直筆のノートや手紙も多数展示されており、この展覧会を契機に、本書にも、新たに注目が集まっています。

 
『NOTES』は2012年、没後20年を記念して新潮社より刊行された書籍で、約10年間にわたって綴られた制作ノートをまとめたもの。生前、尾崎さんが遺したノートの数は50数冊に上り、それぞれに歌詞の構想、セットリストやMCの案、NY時代の日々の思いや懊悩などが記されていました。

本書は、それらを時系列に並べ、アルバムやイベントを軸に全9章で構成。デビュー前夜から死の直前に至る「生の声」を感じ取ることのできる、貴重な一冊です。

監修と解説は、長年にわたって寄り添い支えて続けてきた”育ての親”ともいえる音楽プロデューサー、須藤晃さん。

 
<展覧会「OZAKI 30 LAST STAGE 尾崎豊展」全国巡回中>

(c) Teruhisa Tajima, Isotope Limited, all rights reserved.

(c) Teruhisa Tajima, Isotope Limited, all rights reserved.

★公式URL:https://ozaki30.exhibit.jp/

 

著者プロフィール

著者の尾崎豊(おざき・ゆたか)さんは、1965年11月29日生まれ。東京都出身。1983年12月1日、青山学院高等部在学中にシングル「15の夜」、アルバム「十七歳の地図」でデビュー。1992年4月25日に亡くなるまで6枚のオリジナルアルバムとシングル曲を合わせて全71曲の作品を発表。

作品に対する評価、および特にティーンエイジャーに対するメッセージは今も幅広く支持されている。

 

NOTES: 僕を知らない僕 1981-1992
尾崎 豊 (著)

「僕は 今日という日のために 言葉を捜していた」(尾崎豊) 突然の死から20年、ついに50冊以上の創作ノートが封印を解かれた。 おそろしいほどの注目を浴びる中で、尾崎豊はいったい何を考え、何と闘い続けたの か。 「15の夜」「I LOVE YOU」など名曲の原詩、ライヴMCの原稿、謎に包まれたNY時代の 日記―― デビュー前夜から死の直前まで綴られた“魂の遍歴”を完全収録した永久保存版。 本書はノートの記述を活字に起こし、あますところなく収録しています。 ※「小説新潮2012年4月号」(月刊誌のため、売り切れの場合があります)には手書きのページを厳選収録しています。

 
【関連】
「OZAKI30 LAST STAGE 尾崎豊展」公式サイト

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。