本のページ

SINCE 1991

【大阪ほんま本大賞】益田ミリさん『大阪人の胸のうち』が特別賞を受賞

OsakaBookOneProject実行委員会は、第5回大阪ほんま本大賞の特別賞(ノンフィクション部門)について、益田ミリさんの『大阪人の胸のうち』(光文社知恵の森文庫)を選出した、と発表しました。

 

OsakaBookOneProject「大阪ほんま本大賞」について

OsakaBookOneProjectは、大阪の問屋と本屋が力を併せて、大阪ゆかりの「ほんまに読んで欲しい1冊」を選び、その本の販売で得られた収益の一部を大阪府福祉協議会を通じて、大阪の子供たちに本を寄贈するというプロジェクトです。

なお、第5回の大賞は7月に発表があり、有栖川有栖さんの『幻坂』(角川文庫)が選ばれています。

 

大阪ほんま本大賞特別賞が決定!

特別賞に選ばれた益田ミリさんの『大阪人の胸のうち』は、大賞の『幻坂』と同様に、来年1月末まで、大阪および関西近隣の全書店で受賞作の販促を展開し、販売期間内に書店店頭で販売された金額の一部が、大阪府社会福祉協議会を通じて行われる児童福祉施設への図書寄贈費に充てられます。

 

大阪人の胸のうち (知恵の森文庫)
「誰かアホな奴が飛び込まへんかな~」の期待に応えて道頓堀川に飛び込んでしまう大阪人。「味は悪ないけど、あいそ悪いわ」「そらアカンわ」。味よりも愛想第一のおばちゃんたち。「ほな、切るで」。胸がキュンとする恋人仕様の大阪弁etc.上京して十数年、大阪出身の著者だからこそわかる大阪人の胸のうちとは?好評イラスト・エッセイ第3弾。

 
【関連】
大阪ほんま本大賞特別賞発表!… – OsakaBookOneProject | Facebook
OsakaBookOneProject
OsakaBookOneProject | Facebook
【第5回ほんま本大賞】有栖川有栖さんの『幻坂』が受賞 | 本のページ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です