本のページ

SINCE 1991

連続ドラマ化に続いて、岸善幸さん監督・有村架純さん主演で映画化『前科者』をノベライズ! 罪を犯した者に寄り添う「保護司」の闇と光

『前科者』(著:涌井学さん)

『前科者』(著:涌井学さん)

小学館は香川まさひとさん原作・月島冬二さん作画の同名コミックを実写映画化した『前科者』の小説版(著:涌井学さん)を小学館文庫より刊行しました。

 

「あゝ、荒野」で国内映画賞を総なめにした岸善幸監督が人気女優・有村架純さんを主演に迎え挑む社会派ヒューマンドラマ!

『ビッグコミックオリジナル』(小学館)にて2018年1月から連載が始まった『前科者』(原作・香川まさひとさん、作画・月島冬二さん)が実写映像化されました。2021年11月20日(土)よりWOWOWにてドラマの放送・配信がスタートし(現在Amazon Prime Videoでも見逃し配信中)、2022年1月28日(金)には劇場公開されます。

『前科者』は、TVドラマ「監察医 朝顔」の原作や「羊の木」(2018)といった映画の脚本も手掛ける香川まさひとさんが、「保護司」という仕事にスポットを当てた作品です。2019年「第3回さいとう・たかを賞」の最終候補に選ばれた社会派ヒューマンドラマです。

 
映画化にあたり監督を務めたのは、「あゝ、荒野」で数々の賞を受賞するなど高い評価を得た岸善幸さん。本作では脚本も担当し、現在進行形の犯罪が絡む社会派サスペンスとして描き出しています。

 
罪を犯した前科者たちの更生・社会復帰を目指し奮闘する主人公の保護司・阿川佳代を演じるのは有村架純さん。生真面目でお人好しな性格の中に凛とした強さを秘める佳代の、多層的な内面を体現した渾身の演技は、観るものを引きつけて離しません。

共演には、ドラマ版からの続投となる石橋静河さん、北村有起哉さん、宇野祥平さんに加え、新たに森田剛さん、磯村勇斗さん、リリー・フランキーさん、木村多江さん、若葉竜也さん、マキタスポーツさんなど個性派、演技派俳優が参加。圧倒的な個性の競演が、より一層、人間ドラマに重みと厚みをもたらしています。

今の世の中に一石を投じる注目作です。

 

公開前から話題沸騰の完全オリジナル作品をノベライズ!

◆映画『前科者』2022年1月28日(金)公開!

(c) 2021香川まさひと・月島冬二・小学館/映画「前科者」製作委員会

(c) 2021香川まさひと・月島冬二・小学館/映画「前科者」製作委員会

阿川佳代は保護司になり早3年。仕事にやりがいを感じ、道を外れてしまった「前科者」のために奔走していた。担当する前科者の中の一人・工藤誠は真面目な仕事ぶりを雇い主から評価され、このままいけば自立の日も近いと心を躍らせる佳代だったが、最後の面会日を前に、誠は忽然と姿を消し、再び警察に追われる身になってしまう。

 
その頃、連続殺人事件が発生。
捜査が進むにつれ工藤を探し出そうとする阿川は刑事であり学生時代の同級生・滝本と再会する。2人は学生時代のある忘れられない過去が原因でこの事件を通し、罪を犯した者を、救う者と咎める者として対峙することに――。

佳代が若くして保護司になった理由とは?
前科者と向き合う佳代の想いは届くのか?
報酬は一切なく奉仕精神だけで行うボランティア=保護司の姿から見えてくる現実とは?

希望と再生の映画をノベライズ!

 
★映画『前科者』公式サイト:https://zenkamono-movie.jp/ 

 

前科者 (小学館文庫)
涌井 学 (著), 岸 善幸 (Writer), 香川 まさひと (原著), 月島 冬二 (原著)

希望と再生の物語、映画「前科者」小説版!

罪を犯した者、非行歴のある者の更生に寄り添う国家公務員、保護司。阿川佳代は保護司になり早3年。仕事にやりがいを感じ、道を外れてしまった「前科者」のために奔走していた。担当する前科者の中の一人・工藤誠は、真面目な仕事ぶりを雇い主から評価され順調に更生していた。このままいけば自立の日も近いと心を躍らせる佳代だったが、最後の面会日を前に、誠は忽然と姿を消してしまう。その頃、謎の連続殺人事件が発生し──。
阿川佳代をあの有村架純が、工藤誠を森田剛が演じる話題の映画「前科者」が2022年1月全国公開。消えない罪を背負った者は、過去を乗り越えることができるのか。感動のオリジナルノベライズ!

<原作コミック>

前科者 (1) (ビッグコミックス)
香川 まさひと (著), 月島 冬二 (イラスト)

現代日本のリアルを抉った核心的人間ドラマ

現代日本において再犯防止を考えるのは、必須の課題である。
「罪を犯してしまった」者や「道を踏み外した」非行少年の社会更生の橋渡しをするのが、保護司の役目だ。保護司は法務省が委嘱する非常勤で無報酬の国家公務員であり、ボランティアである。
立場の弱い人間が抱える問題に、主人公である保護司・阿川佳代は真摯に対峙する。
保護司制度の存続が危ぶまれている今、保護司に求められている姿とは何であろうか?本作は現代日本が抱える問題を掘り下げる本格ヒューマンドラマです。
是非ご一読ください。

【編集担当からのおすすめ情報】
保護司の目から社会更生を考えるという衝撃作です。
地味な取材をたくさん重ねて、製作しています。
是非手にとってご一読ください。
宜しくお願い致します。

 
【関連】
映画『前科者』|2022年1月28日(金) 全国ロードショー
Amazon.co.jp: 前科者 -新米保護司・阿川佳代- | Prime Video

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です