本のページ

SINCE 1991

生誕200年!世界文学の巨人・ドストエフスキーを読み解く『別冊NHK100分de名著 集中講義 ドストエフスキー 五大長編を解読する』が刊行 長大で難解な作品を理解するための「カギ」とは?

亀山郁夫さん著『別冊NHK100分de名著 集中講義 ドストエフスキー 五大長編を解読する』

亀山郁夫さん著『別冊NHK100分de名著 集中講義 ドストエフスキー 五大長編を解読する』

世界の多くの作家のみならず、村上春樹さんや平野啓一郎さんなど日本を代表する作家にも大きな影響を与えたロシアの文豪・ドストエフスキー(1821~1881)。2021年は彼の生誕200年にあたります。

その記念すべき年に、これまでNHKテキスト「100分de名著」で取り上げた『罪と罰』(2013年12月)、『カラマーゾフの兄弟』(2019年12月/2021年11月【アンコール放送】)に『白痴』『悪霊』『未成年』の書き下ろし解説を加えたドストエフスキー解説の決定版『別冊NHK100分de名著 集中講義 ドストエフスキー 五大長編を解読する』が、NHK出版より刊行されました。

有名な長編小説の1巻目は手に取ったけれど、結局挫折……。そんな経験をお持ちの方にこそおススメの一冊です。

 

ドストエフスキー生誕200年の節目に、作品解説の決定版が刊行

著者は、これまでドストエフスキーの翻訳・解説・研究に大きな業績を残してきた亀山郁夫さん。本書で取り上げる五大長編すべての新訳を手掛けており(『未成年』は現在刊行中)、集中講義の「講師」として最適・最強の存在です。

著者の亀山郁夫さん

著者の亀山郁夫さん

 
◆ドストエフスキーが、なぜ、どんな気持ちで、これらの作品を書いたのか――理解のためのカギとヒントが充実

長大で難解な五大作品を理解するには、当時のロシアが置かれた社会状況と作家本人の経験が「カギ」になります。

 
「社会状況」とは、農奴解放が惹起した弱肉強食・拝金主義の世の中と、帝政ロシアへ反旗を翻す革命思想の芽生え、それにキリスト教異端派の存在などのこと。「作家本人の経験」とは、「父が遂げた謎の死」と革命思想に加担したことによる「死刑判決(のちに減刑)」のことです。これらを念頭に置いて読むことで、難解な会話や人間関係がクリアに見えてきます。

 
また、登場人物がとにかく多いドストエフスキー作品。本書では、すべての作品の人物相関図を掲載、読者の理解を助けます。さらに、作品執筆の契機となった社会事件や当時のロシア文化・宗教観、作家本人の執筆状況などを伝える脚注も充実です。

『カラマーゾフの兄弟』人物相関図

『カラマーゾフの兄弟』人物相関図

 

本書の構成

 
第1講 『罪と罰』

「なぜ、人を殺めてはいけないのか――」
金貸しの老女をその手にかけた主人公の青年・ラスコーリニコフ。
凶行に及んだ背後には、何があったのか?

 
第2講 『白痴』『悪霊』『未成年』

「ロシアの闇、復活の祈り」
それぞれの作品背景には、頽廃するロシア社会をよみがえらせたいという希望が込められていた。

 
第3講 『カラマーゾフの兄弟』

「父殺し、または人間という解きがたい謎」
拝金主義、信仰と欲望、使嗾(しそう)と黙過(もっか)……
カラマーゾフ三兄弟による父殺しの真相とは、
さらに、書かれなかった第2の小説とは?

ダロヴォーエの記念館にあるドストエフスキー銅像(著者撮影)

ダロヴォーエの記念館にあるドストエフスキー銅像(著者撮影)

 

著者プロフィール

著者の亀山郁夫(かめやま・いくお)さんは、1949年生まれ。栃木県出身。東京外国語大学外国語学部卒業、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。ロシア文学者。名古屋外国語大学学長。

天理大学、同志社大学を経て1990年より東京外国語大学外国語学部助教授、教授、同大学学長を歴任。2013年より現職。専門はロシア文学、ロシア文化論。

著書に、『ドストエフスキー 父殺しの文学』(NHKブックス)、『新カラマーゾフの兄弟』(河出書房新社)、『『カラマーゾフの兄弟』続編を空想する』『ドストエフスキー 黒い言葉』(集英社新書)など多数、訳書にドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』『罪と罰』『悪霊』『白痴』(光文社古典新訳文庫)など。2021年より世田谷文学館館長。

 

別冊NHK100分de名著 集中講義 ドストエフスキー: 五大長編を解読する
亀山 郁夫 (著)

生誕200年!難解で長大な世界文学の金字塔をていねいに解説した読む集中講義。

世界中の作家のみならず、村上春樹や平野啓一郎など日本の現代作家にも影響を与えたロシアの大作家・ドストエフスキー。彼の生誕200年にあたるその年に、「100分de名著」で取り上げた『罪と罰』『カラマーゾフの兄弟』に『悪霊』『白痴』『未成年』の三作品の書き下ろし解説を加え、好評の「集中講義」シリーズとして刊行する。著者は、本書で取り上げる五大長編のうち、『罪と罰』『カラマーゾフの兄弟』『悪霊』『白痴』の新訳を手掛けており、集中講義の「講師」として最適・最強の存在。時代背景や登場人物に投影された作者の思いを詳説、人物相関図や物語の流れを示した表などを駆使しながら、難解な物語をクリアに腑分けする。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です