本のページ

SINCE 1991

「第25回新聞労連ジャーナリズム大賞」優秀賞受賞の毎日新聞連載を書籍化『ヤングケアラー 介護する子どもたち』が刊行

『ヤングケアラー 介護する子どもたち』(著:毎日新聞取材班)

『ヤングケアラー 介護する子どもたち』(著:毎日新聞取材班)

毎日新聞の連載をもとに書き下ろした書籍『ヤングケアラー 介護する子どもたち』(著:毎日新聞取材班)が、毎日新聞出版より刊行されました。

 

ほとんど知られていなかった若者による、家族の介護の実態 取材班の報道をきっかけに、自治体が調査を開始、そして国が動き出す――

本書は、第25回新聞労連ジャーナリズム大賞・優秀賞を受賞した毎日新聞の連載「ヤングケアラー 幼き介護」に大幅に加筆、再構成したものです。

 
学校に通いながら、家族の介護をする子どもたちがいます。父母や祖父母、きょうだいに病気や障害があるため、一番身近にいる若者たちがそのケアを担ってきた実態は、これまであまり知られていませんでした。

家族だからという理由で「手伝い」としてしか見られてこなかった介護。しかし、家族を支えるために、自らの学業や生活を犠牲にせざるを得ないこともあります。

彼ら「ヤングケアラー」たちの存在を認知してもらうため、記者が丹念に取材し、追いかける過程を描いたノンフィクションです。

 
【内容抜粋】

「ヤングケアラーって知ってます?」
向畑が唐突に尋ねた。
「……なにそれ」

耳慣れないその言葉は、家族を介護している子どもを指す用語だ、と向畑は説明した。介護の負担が重くなると、学業や友人関係、就職にも悪影響が出て、時にはその子の人生を左右してしまうケースもあるようなんです――

ヤングケアラーの多くは思春期にあたり、ケア(介護や世話)の内容は家事、身体的な介助、見守り、情緒面のサポートなど多岐にわたる。彼らは成人した介護者と違ってまだ社会経験が乏しく、年相応以上の責任や役割を課されてしまった場合、学校生活や心身の健康に悪影響が生じ、遅刻や欠席、成績の低下や友人関係に支障が出ることも少なくないとされる。

確実に存在しているはずのヤングケアラーは社会の陰に埋もれ、多くの人々の目に入らない「透明な存在」だった。
(本文より)

 

本書の構成

はじめに
●祖母の高熱 消えた初恋

第1章 透明な存在
●中1の深夜、あてなき伴走

第2章 孤立する子「見るのがつらい」
●きょうだいと私

第3章 えっ? 国が全国調査?
●母を殺さなかった少女

第4章 1クラスに1人いる
●「私はヤングケアラー」 発信の意味

第5章 全国調査結果
●新たな一歩 もう後ろ向きじゃない

第6章 支援本格化へ

おわりに

 

著者プロフィール

著者の毎日新聞取材班(まいにちしんぶんしゅざいはん)は、毎日新聞特別報道部(当時)の記者による取材班。松尾良さん(デスク)、向畑泰司さん、田中裕之さん、山田奈緒さんが取材・執筆を担当。

本書の元になった連載「ヤングケアラー 幼き介護」で、第25回新聞労連ジャーナリズム大賞・優秀賞を受賞。

 

 
【関連】
ヤングケアラー | 毎日新聞

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です