本のページ

SINCE 1991

『小説新潮』10月号は「高瀬庄左衛門御留書」で注目の砂原浩太朗さんが初登場! ミステリ文学賞下読み座談会「予選委員が教える投稿原稿の”ABC”」も

『小説新潮』2021年10月号

『小説新潮』2021年10月号

9月22日発売の『小説新潮』2021年10月号(新潮社)にて、砂原浩太朗さんの最新シリーズ「夜露がたり」がスタートします。

 

『高瀬庄左衛門御留書』が話題! 時代小説界期待の星、砂原浩太朗さんが『小説新潮』初登場!

第34回山本周五郎賞、第165回直木三十五賞の候補作となり、「こんな時代小説を待っていた!」との声多数の『高瀬庄左衛門御留書』の著者・砂原浩太朗さんが、短篇小説「帰ってきた」により小説新潮に初登場します。

作品は江戸時代の大川のたもとを舞台に、男女の心の機微を綴った甘くない恋愛もの。時代小説の定石をふまえながらも、今の著者だからこそ描ける人生の苦味がにじむ一篇となっています。

 
砂原さんは、「夜露がたり」と題し、今後も連作を寄稿していく予定です。

 

作家デビューを目指せ! ミステリ文学賞下読み座談会・予選委員が教える投稿原稿の「ABC」

今号では、「新潮ミステリー大賞」の下読み委員らの座談会「こんな作品が読みたい! 予選委員が教える、投稿原稿の『ABC』」も掲載されています。

参加者は、書店員の宇田川拓也さん、ミステリ評論家の千街晶之さん、新潮社の編集者である新井久幸さん。いまさら聞けない投稿原稿のアレコレに光をあてる、目から鱗の9ページです。

 
◆作品のポイント、トピックや、伝えたいニュースを簡単に紹介

様々な文学賞においては、最終候補作についての選評が公表されます。だけど、そこまでたどり着くことができるのは応募作の中でもごくわずか。

今回はそんな”最終選考より前の段階”で振り落とされてしまう投稿原稿について、下読み委員らが徹底討論します。美しい体裁、推敲の重要性、理想の執筆スケジュール、ミステリジャンルの内情。そうして三人のミステリ読みが導き出す、選考突破に近づくこと間違いなしの「応募原稿の八箇条」とは?

初めて文学賞に応募する人、なかなか選考に残らない人、ミステリに限らずあらゆるジャンルの新人賞に通じる、学びのある内容に仕上がっています。

 

小説新潮 2021年 10 月号

新潮ミステリー大賞決定発表 秋の時代小説特集

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です