本のページ

SINCE 1991

『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』から7年!尾形真理子さん2作目『隣人の愛を知れ』が刊行

尾形真理子さん著『隣人の愛を知れ』

尾形真理子さん著『隣人の愛を知れ』

尾形真理子さんの最新恋愛小説『隣人の愛を知れ』(幻冬舎文庫)が、幻冬舎より刊行されました。文庫版のほか、一部書店では特別仕様の単行本も発売されています。

 

21万部突破『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』から7年ぶりの2作目『隣人の愛を知れ』が発売!

LUMINEをはじめ、資生堂、Netflixなどの広告を手掛けてきた、コピーライター/クリエイティブディレクターの尾形真理子さんの新作『隣人の愛を知れ』文庫と豪華単行本が発売されました。

 
「実らなかった恋にも、ちゃんと実ができている」や「感情は、歳をとらないのかもしれない。対処の仕方が大人になっていくだけで」などの紡がれる言葉の数々に圧倒的な共感が寄せられ、21万部を突破したロングセラー『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』から7年。2作目となる『隣人の愛を知れ』は、「自分への言い訳が消えたとき、最後に何を選ぶのか」が、東京で暮らす6人の群像劇を通して描かれます。

 
【あらすじ】

『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』から7年ぶりの2作目。
期待していなかった日常を変えた、出会いと別れの物語。

人生でいちばん好きな人となら、幸せになれますか?

不倫と仕事に一生懸命なパラリーガル、初恋の相手の同棲を続けるスタイリスト、夫の朝帰りに悩む結婚3年目の妻……。誰かを大切に想うほど淋しさが募る日常は、予想外の”事件”をきっかけに一変する。自分で選んだはずの関係に、どこで決着をつけるのか?素直になる勇気を得て、新しい人生を踏み出す6人の軌跡を描いた恋愛小説。

なお、本作は文庫だけでなく、特別仕様の単行本を限定で同時発売。触れて楽しめる、見て癒される。紙の本だから味わえるこだわりを詰め込んだ一冊です。

書籍には通常使わないタオル地の紙を使い、表紙には文庫にはないオリジナルイラストが入っています。

コロナ禍で増えたおうち時間に、飾って豊かな気分になれる、眺めているだけで少しでもテンションが上がるものを届けられたらという思いからつくられました。

 
『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』で“恋”の奇跡を描き、『隣人の愛を知れ』はその奇跡を、自らの勇気と意思でどのように“愛”に変えていくか。なりたい自分がきっと見つかる、注目の恋愛小説をお楽しみください。

 
<単行本を購入できる書店>

SHIBUYA TSUTAYA
オリオン書房 ルミネ立川店
くまざわ書店 池袋店
ブックファースト ルミネ新宿店
ブックファースト ルミネ北千住店
ブックファースト 梅田2階店
紀伊國屋書店 札幌本店
紀伊國屋書店 新宿本店
紀伊國屋書店 梅田本店
紀伊國屋書店 福岡本店
有隣堂 アトレ恵比寿店
三省堂書店 札幌店
三省堂書店 名古屋本店
三省堂書店 有楽町店
青山ブックセンター 本店
代官山 蔦屋書店
HMV&BOOKS 日比谷コテージ
有隣堂 ルミネ横浜店
星野書店 近鉄パッセ店

 

著者プロフィール

著者の尾形真理子(おがた・まりこ)さんは、コピーライター・クリエイティブディレクター。

2001年、博報堂に入社し、2018年、株式会社Tangを設立。LUMINEをはじめ、資生堂、Tiffany&Co.、キリンビール、Netflix、FUJITSUなど多くの企業広告を手がける。TCC賞、朝日広告賞グランプリ、ACC賞ゴールドなど国内外の受賞多数。

 

隣人の愛を知れ (幻冬舎文庫)
尾形真理子 (著)

<既刊>

試着室で思い出したら本気の恋だと思う (幻冬舎文庫)
尾形 真理子 (著)

可愛い服を買ったとき、一番に見せたい人は誰ですか?

年下に片思いする文系女子、不倫に悩む美容マニア、元彼の披露宴スピーチを頼まれる広告代理店OL…。恋愛下手な彼女たちが訪れるのは、路地裏のセレクトショップ。不思議な魅力のオーナーと一緒に自分を変える運命の一着を探すうちに、誰もが強がりや諦めを捨て素直な気持ちと向き合っていく。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です