本のページ

SINCE 1991

「謎専門書店 らんぷ堂」で<米澤穂信が選ぶ「謎解きとこの世の謎の本」フェア>と<「謎好きにこそ知ってほしい泡坂妻夫の世界」フェア>を開催

「謎専門書店 らんぷ堂」9月開催フェア

「謎専門書店 らんぷ堂」9月開催フェア

TOKYO MYSTERY CIRCUSが運営する、世界初・国内最大となる”謎”のテーマパーク「TOKYO MYSTERY CIRCUS(東京ミステリーサーカス)」は、9月1日(水)より「謎専門書店 らんぷ堂」(https://mysterycircus.jp/lampdou/)にて、【米澤穂信が選ぶ「謎解きとこの世の謎の本」フェア】および【「謎好きにこそ知ってほしい泡坂妻夫の世界」フェア】を開催します。

 

人気作家・米澤穂信さんや「らんぷ堂」スタッフが厳選した本が並ぶ「謎専門書店 らんぷ堂」9月のフェア公開!

「らんぷ堂」は、リアル脱出ゲームなど数々の体験型イベントを手掛けてきたSCRAPがプロデュースする書店です。これまで数多のイベントを通じて“物語体験”を提供してきたSCRAPが、丁寧にセレクトした書籍や雑貨に思いを託し、お客さんが新たな“物語体験”と出会える場所としてこの8月、東京ミステリーサーカス2Fに開店しました。

 
「らんぷ堂」にて9月に開催されるのは、幅広い層からの人気を誇る作家・米澤穂信さんセレクトによる幅広いジャンルの本が楽しめるフェアと、作家であり、奇術師、紋章上絵師としても活躍した泡坂妻夫さん作品の中から、らんぷ堂スタッフのイチオシ作品を紹介するフェアの2つ。

日本推理作家協会賞を受賞したり、直木賞や本屋大賞にノミネートされたりなど、謎好きはもちろん、ライト層からの支持も厚い作家の米澤さんが「謎」を切り口におすすめする書籍たちと、驚きの仕掛けやギミックを盛り込んだ作品で読んだ人を虜にする泡坂さんの書籍たちが店頭に並びます。その他ミニフェアも随時開催。

 

「謎専門書店 らんぷ堂」2021年9月開催フェア概要

「謎専門書店 らんぷ堂」では、2021年9月に以下の2つのフェアを開催します。

 
<米澤穂信が選ぶ「謎解きとこの世の謎の本」フェア>

作家・米澤穂信さん。幅広い層から支持される人気作家が、「謎」を切り口におすすめする本を集めました。

 
<「謎好きにこそ知ってほしい泡坂妻夫の世界」フェア>

作家であり、奇術師、紋章上絵師としても活躍した泡坂妻夫さん。仕掛けやギミックにあふれた、泡坂作品の中から、らんぷ堂スタッフがイチオシする本を集めました。

 
■開催期間:2021年9月1日(水)~9月30日(木)

★「謎専門書店 らんぷ堂」フェア詳細ページ:https://mysterycircus.jp/topics/9083

 

謎専門書店 らんぷ堂とは

謎専門書店 らんぷ堂

謎専門書店 らんぷ堂

「謎専門書店 らんぷ堂」は、リアル脱出ゲームのSCRAPが丁寧にセレクトした書籍や雑貨を扱う書店です。

物語体験が好きな方、謎解きが好きな方はもちろん、謎づくりに興味がある方、ちょっと変わったアイテムに興味がある方、そして何気なく立ち寄った方にも、新たな物語や作品との“出会い”を提供します。また、らんぷ堂でしか遊べないイベント「らんぷ堂謎解きシリーズ」も常時開催。

 
■所在地:東京ミステリーサーカス2F

■営業時間:平日11:30~21:00/土日祝 9:30~21:00 ※東京ミステリーサーカス営業時間に準ずる

★公式サイト:https://mysterycircus.jp/lampdou/
★公式Twitter[@lampdou]:https://twitter.com/lampdou
★公式Instagram[@lampdou]:https://www.instagram.com/lampdou/

 

米澤穂信さん プロフィール

米澤穂信(よねざわ・ほのぶ)さんは、1978年生まれ。作家。2001年『氷菓』でデビュー。『さよなら妖精』が広くミステリファンに評価される。

『折れた竜骨』で日本推理作家協会賞、『満願』で山本周五郎賞を受賞。著作に『インシテミル』『儚い羊たちの祝宴』『真実の10メートル手前』『王とサーカス』などがある。最新作は『黒牢城』。

 

泡坂妻夫さん プロフィール

泡坂妻夫(あわさか・つまお)さん(1933年-2009年)は、作家、奇術師、紋章所絵師。家業の紋章上絵師の仕事をするかたわら推理小説を書き、1976年「DL2号機事件」で第1回幻影城新人賞に入賞しデビュー。

『乱れからくり』で日本推理作家協会賞、『折鶴』で泉鏡花文学賞、『蔭桔梗』で直木三十五賞を受賞。本名の厚川昌男名義でマジシャンとしても活躍し、創作奇術で石田天海賞を受賞。自身の名前を冠した賞も存在する。著作に『亜愛一郎の狼狽』『生者と死者』などがある。

 
【関連】
「謎専門書店 らんぷ堂」にて開催のフェアについて – TOKYO MYSTERY CIRCUS | 東京ミステリーサーカス

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です