本のページ

SINCE 1991

NHK子ども科学電話相談でおなじみ、 田中康平さん初の書き下ろしエッセイ『恐竜学者は止まらない! 読み解け、卵化石ミステリー』が刊行 オンライントークイベントも開催!

田中康平さん著『恐竜学者は止まらない! 読み解け、卵化石ミステリー』

田中康平さん著『恐竜学者は止まらない! 読み解け、卵化石ミステリー』

田中康平さんの科学エッセイ『恐竜学者は止まらない!――読み解け、卵化石ミステリー』が、創元社より刊行されました。また、刊行を記念して、オンライントークイベント「丸くて硬くて面白い!卵化石への愛が、オンラインでも止まらない!」が8月27日に開催されます。

 

ダイナソー小林こと小林快次さん、作家・万城目学さん推薦! NHKラジオ「子ども科学電話相談」でおなじみの恐竜学者・田中康平さん、初の書き下ろしエッセイ

 
◆小林快次さん(北海道大学総合博物館教授)
「一流の恐竜研究者のレシピここにあり!恐竜から鳥へ引き継がれる命と進化に迫る!!」

◆万城目学さん(作家)
「卵が先か、恐竜が先か。恐竜研究の最前線の風景を日本語で真っ先に読める時代が来た!」

 
著者は恐竜の繁殖行動や子育ての研究を中心に、恐竜の進化や生態を研究する「恐竜学者」。本書は、恐竜学者を目指して北海道に旅立ち、カナダに留学した著者が、恐竜の謎を追い求め、モンゴル、中国、アメリカ、ウズベキスタンと世界を飛び回り、恐竜の行動・生態を解き明かすべく奮闘し続けた青春の日々と現在の研究を、ユーモアを交えて語る、サイエンス・エッセイです。

 

恐竜学者って、毎日何をして過ごしているの? 研究はどうやって生まれて、完成するの?

地道な研究、世界を股にかけた学会のようす、あらゆる人種・世代の人々との異文化間コミュニケーション、知られざる恐竜学者の日常……。

 
ユーモアたっぷりにつづる、恐竜少年が恐竜学者になるまでの道のりは、サイエンス読み物としての面白さはもちろん、夢を叶える冒険物語さながら、ハラハラドキドキの連続。若き科学者の卵である子どもたちから、恐竜ファンの大人まで、楽しめる一冊です。

「はじめに」より。恐竜研究をしていて、つらいと思ったことは何ですか?

「はじめに」より。恐竜研究をしていて、つらいと思ったことは何ですか?

「第3章 イクメン恐竜は卵を抱いたか?」より。「卵殻間隙率」(卵の殻のスカスカ度)から、恐竜の巣のタイプと抱卵行動を推定する研究を、米国古脊椎動物学会で発表

「第3章 イクメン恐竜は卵を抱いたか?」より。「卵殻間隙率」(卵の殻のスカスカ度)から、恐竜の巣のタイプと抱卵行動を推定する研究を、米国古脊椎動物学会で発表

「第4章 中国、恐竜化石ミステリーツアーへようこそ」より。中国のモーレツ恐竜学者、ジュンチャン・ルー博士と卵化石の調査に奔走する

「第4章 中国、恐竜化石ミステリーツアーへようこそ」より。中国のモーレツ恐竜学者、ジュンチャン・ルー博士と卵化石の調査に奔走する

ギネスブックに認定!「第7章 恐竜学者は止まらない!」より。兵庫県丹波市での発掘調査で世界最小の恐竜卵化石「ヒメウーリサス」を発見

ギネスブックに認定!「第7章 恐竜学者は止まらない!」より。兵庫県丹波市での発掘調査で世界最小の恐竜卵化石「ヒメウーリサス」を発見

著者手書きの書店用POP

著者手書きの書店用POP

 

本書「はじめに」より

「恐竜研究をしていて、つらいと思ったことは何ですか?」
先日、ある中学校のクラスでお話しする機会があった。いろいろな職業の人に質問をぶつけ、生の声を聞いてみる授業だ。新型コロナウィルスの感染が広がる2020年、私はリモート会議で石川県の中学一年生に恐竜研究についてお話しした。画面の中で、生徒たちが礼儀正しく起立、礼、着席する。自然と私の背筋もピンと伸びた。

 
「つらいと思ったことはまったくありませんヨ。楽しいことならたくさんあります!」

 
私はそう答えた。未来ある中学生に話を盛っているわけでも、嘘を言っているわけでもない。恐竜研究をしていて、本当に楽しく、つらいと思ったことは一度もないのだ。

 
では、恐竜研究のどういうところが楽しいのか。本屋さんに行けば恐竜の本がたくさん並んでいるけれど、研究者の生の声を伝えた本は意外と少ない。研究はたいてい、成果しか取り上げられない。その過程にこそ、ドラマがあったりするのに。そこで本書は、恐竜研究がどうやって生まれ、完成するのか、私の研究を例にお話ししたいと思う。

 
恐竜研究の舞台裏――これは、私が子供の時の疑問でもあった。「大人になったら恐竜研究をするんだ」と勇み立ってみても、外国の砂漠で化石の発掘調査をしている様子以外、イメージが湧かない。そもそも研究者って、毎日いったい何をして過ごしているのだろう。これは、大いにナゾであった。当時、それに答えてくれる本はなかったし、そんな大人も私の周りにはいなかった。でも今なら恐竜研究者の日常について答えることができる。私自身の日常をお話しすればよいのだ。

 
自分の研究について講演すると、お客さんから「ほほー、まるで見てきたようなことを言いますね」とコメントをもらうことがある。ごもっともだ。タイムマシンを持っていない以上、生きた恐竜を見に行くことはできない。研究者の言っていることが100%正しいとは限らない。そこで私は「研究のすえ、現段階でこれがもっともらしい仮説なのです」と答えることになる。どうしてそういう結論に行き着いたのか。それをお見せするのが本書である。第1章だけは導入として私自身の経験が話の中心だけれど、それ以降の章は研究そのものが主役だ。

出典(「はじめに」一部抜粋)

 

本書の構成

はじめに

第1章 さあ、カナダで恐竜研究を始めよう!
1 ジャックポット! /2 卵化石研究との出会い/3 カナダにやってきた! /4 卵殻研究プロジェクト、始動! /5 卵殻化石を研究しよう/6 別れは突然に/7 黄金色の光が降り注ぐ

第2章 読み解け、化石からの伝言
1 パンクな生活が始まる/2 恐竜の抱卵をめぐるナゾ/3 ティレル博物館のバックヤードに潜入! /4 魔法の値、卵殻のガスコンダクタンスとは? /5 ガスコンダクタンス研究に穴あり! /6 混ぜるな危険!

第3章 イクメン恐竜は卵を抱いたか?
1 いざ、卵殻のナゾを探る旅へ! /2 今度はアメリカ東海岸へ! /3 行くぜ、ハーバード大学とイェール大学! /4 最後は日本の動物園へ! /5 卵殻の間隙率を測定せよ! /6 卵殻の間隙率を比較せよ! /7 いざ、米国古脊椎動物学会へ! /8 ストレーレンの予言

第4章 中国、恐竜化石ミステリーツアーへようこそ
1 ジュンチャン・ルー博士からのメール/2 中国へようこそ/3 卵化石の調査を開始! /4 卵化石研究者の楽園/5 世界最大の恐竜クラッチ化石/6 卵どろぼうの歴史/7 卵どろぼうのその後/8 開かずの扉が開く

第5章 ゴビ砂漠の集団営巣のナゾを追え!
1 アジア恐竜研究の聖地、ゴビ砂漠へ/2 集団営巣跡を発見! /3 リモートワークを始めよう/4 自分の目で確かめないと納得できない/5 なにゆえ君は群れるのか/6 ついにK子さんの発見が日の目を見る

第6章 安楽椅子研究のススメ
1 YOUは何しに北極圏へ? /2 恐怖のキャンディデシー・イグザム/3 ベルリンの旅/4 安楽椅子研究の始まり/5 触れればつかめる/6 安楽椅子研究の終わりと春の始まり/7 日本で記者発表に挑む! /8 いざ、最終試験へ! /9 ラスト・ディフェンス・ラウンジ

第7章 恐竜学者は止まらない!
1 再びジャックポット! /2 新たな研究が始まる/3 世界最小の恐竜卵化石を発見! /4 恐竜たちの「生きる」をめぐるナゾ/5 謎解きはランチの後で/6 新たな恐竜化石を探して旅に出よう!

おわりに

 

オンライントークイベントも開催!

8/27開催!『恐竜学者は止まらない!』刊行記念オンライントークイベント

8/27開催!『恐竜学者は止まらない!』刊行記念オンライントークイベント

本書の刊行を記念して、著者・田中康平さんのオンライントークイベント「丸くて硬くて面白い!卵化石への愛が、オンラインでも止まらない!」が開催されます。

 
■日時:2021年8月27日(金) 19:00~20:30(オンライン開場18:30)

■定員:100名

■会場:オンラインのみ(zoomウェビナー機能)
※見逃し配信あり

■参加費:500円(税込)

■申込締切:2021年8月27日(金) 18:00

★チケット購入ページ:https://peatix.com/event/1972269/view

 

 

著者プロフィール

著者の田中康平(たなか・こうへい)さんは、1985年生まれ。名古屋市出身。2008年北海道大学理学部卒業。2017年カルガリー大学地球科学科修了。Ph.D。日本学術振興会特別研究員(名古屋大学博物館)を経て、現在、筑波大学生命環境系助教。恐竜の繁殖行動や子育ての研究を中心に、恐竜の進化や生態を研究している。恐竜の卵化石を探して、世界中を飛び回る。

主な著書に『まどあけずかん きょうりゅう』(共監修、2019年、小学館)、『恐竜の教科書』(共監訳、2019年、創元社)、『恐竜と古代の生き物図鑑』(監訳、2020年、創元社)、『いまさら恐竜入門』(監修、2020年、西東社)、『アメリカ自然史博物館 恐竜大図鑑』(監訳、2020年、化学同人)などがある。NHKラジオ「子ども科学電話相談」の回答者としても活躍中。

 

恐竜学者は止まらない! : 読み解け、卵化石ミステリー
田中 康平 (著)

卵化石にしかできない謎解きを求めて

恐竜学者って、毎日何をして過ごしているの?
研究はどうやって生まれて、完成するの?
恐竜学者を目指して北の大地に旅立ち、大学院ではカナダに留学。
恐竜の謎を追い求めモンゴル、中国、アメリカ、ウズベキスタンへ。
世界経済の荒波にも、「あきらめなさい」の一言にも負けず、恐竜の生き生きとした行動・生態を解き明かすべく奮闘し続けた日々をユーモアを交えて語る。
丸くて硬くて面白い、卵化石研究の世界へようこそ!

 
【関連】
【創元社ウェビナー講座】『恐竜学者は止まらない!』刊行記念オンライントークイベント 「丸くて硬くて面白い! 卵化石への愛が、オンラインでも止まらない!」 | Peatix

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です