本のページ

SINCE 1991

故・北森鴻さんの古美術ミステリーシリーズ「旗師・冬狐堂」全4巻刊行記念!「#あなたの本棚の冬狐堂みせて」Twitterキャンペーンを開催!

故・北森鴻さんの古美術ミステリーシリーズ「旗師・冬狐堂」全4巻刊行記念!「#あなたの本棚の冬狐堂みせて」Twitterキャンペーンを開催!

故・北森鴻さんの古美術ミステリーシリーズ「旗師・冬狐堂」全4巻刊行記念!「#あなたの本棚の冬狐堂みせて」Twitterキャンペーンを開催!

徳間書店は、昨年11月より4カ月連続で、北森鴻さんの古美術ミステリー「旗師・冬狐堂」シリーズ(全4巻)の刊行を行いました。

そして、「旗師・冬狐堂」シリーズ全4巻が刊行されたことを記念し、4月10日~5月10日の期間、Twitterキャンペーンを実施します。

 

全北森鴻ファンが待ち望んだ、古美術ミステリーの傑作「旗師・冬狐堂」

「旗師・冬狐堂」シリーズは、これまで複数の出版社で分かれて刊行されていましたが、初めて一つの版元でシリーズ全4巻が揃いました。

そこで、徳間文庫「旗師・冬狐堂」シリーズ全4巻刊行記念として、Twitter感想投稿キャンペーンを開催します。

 
<キャンペーン概要>

■期間:2021年4月10日(土)~5月10日(月)23:59

■応募方法
(1) 徳間書店文芸編集部Twitterアカウント(https://twitter.com/Tokuma_Bungei)をフォロー
(2) ハッシュタグ 『#あなたの本棚の冬狐堂みせて』をつけて、
(3) あなたの本棚の徳間文庫『旗師・冬狐堂』全4巻の写真と感想をツイート

■プレゼント:抽選で20名に、イラストカードセットをプレゼント!
※各巻のカバーイラストカード4枚&カバーイラストレーター・七原しえさん直筆サイン入り1枚の5枚セット

■当選発表:当選者の方にのみTwitterのダイレクトメッセージにて連絡します。

■注意事項
◎応募は、日本在住の方に限ります。
◎賞品の発送先は日本国内に限ります。
◎書店で撮影した写真の投稿は、受付できませんのでご注意ください。
◎キャンペーン終了前に、上記アカウントのフォローを解除されると抽選の対象外となります。
◎応募に使用するTwitterアカウントを非公開にされている場合、抽選の対象外となります。
◎当選発表は、徳間書店文芸編集部のTwitterアカウントより、当選者本人に対するTwitterのダイレクトメッセージの送信をもって代えるものとします。当選結果に関するお問い合わせは受け付けられません。

★キャンペーン詳細ページ:https://www.tokuma.jp/news/n40349.html
★徳間書店文芸編集部のTwitterアカウント:https://twitter.com/Tokuma_Bungei

 

「旗師・冬狐堂」シリーズとは

店舗を持たず自分の鑑定眼だけを頼りに骨董を商う「旗師」宇佐見陶子。騙し合いと駆け引きの世界を巧みに描いた極上の古美術ミステリーシリーズ。徳間文庫より全4巻発売中。

 

『旗師・冬狐堂【一】狐罠』

「旗師」宇佐美陶子が、同業の橘薫堂から仕入れた唐様切子紺碧碗は、贋作だった。プロを騙す「目利き殺し」。意趣返しの罠を仕掛けようと復讐に燃えるなか、橘薫堂の外商の女性が殺され、陶子は事件に巻き込まれてしまう――騙し合いと駆け引きの世界を巧みに描いた極上の古美術ミステリーシリーズ、第一弾!

『旗師・冬狐堂【二】狐闇』

骨董の競り市で落札した二面の青銅鏡。そのうちの一面が、謎に満ちた三角縁神獣鏡にすり替えられていた。骨董商という立場を忘れ魔鏡に魅入られた陶子だったが、盗品だと分かり真の所有者に返すことに。しかし、彼女に魔の手が。絵画の贋作作りの疑いをかけられ、骨董業者の鑑札を剥奪されてしまう。狡猾な罠を仕掛けたのは誰?満身創痍で調査を進めると、壮大な歴史が隠れていた……。

『旗師・冬狐堂【三】緋友禅』

偶然立ち寄った画廊で、見事な緋色のタペストリーに惚れ込んだ骨董商の陶子。現金で百二十万円を支払い、全作品を引き取る約束をしたものの、いつまで経っても作品が届かない。アパートを訪ねると作家は死亡、作品は消えていた(表題作)。陶子の師匠にあたる男が自殺。その死を不審に思い、彼の足取りを追う(「陶鬼」)。古美術に関わる人間の底知れぬ執念と業の深さを描いた全四篇。

『旗師・冬狐堂【四】瑠璃の契り』

騙し騙されが日常茶飯事の骨董の世界を、一人で生き抜く孤高の骨董商・宇佐見陶子。目利きの命である眼を患った彼女の元に、同業者がわけありの品を持ち込む。それは昭和を代表する作家の逸品でありながら、わずか十ヶ月のうちに三度も返品された和人形だった(「倣雛心中」)。友人の硝子が流した一粒の涙。瑠璃ガラスの切り子碗に隠された秘密とは(表題作)。古美術ミステリー全四篇。

 

著者プロフィール

著者の北森鴻(きたもり・こう)さんは、1961年山口県生まれ。駒澤大学文学部歴史学科卒業。編集プロダクション勤務を経て、1995年『狂乱廿四孝』で第6回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。

1999年『花の下にて春死なむ』で第52回日本推理作家協会賞(短編および連作短編集部門)を受賞。骨董や民俗学、料理や酒、明治初期の歴史など、広範な知識を生かし、端正な文章で綴られたミステリーで人気を博す。

〈香菜里屋〉、〈旗師・冬狐堂〉、〈蓮丈那智フィールドファイル〉などシリーズ多数。その他の著書に『共犯マジック』『うさぎ幻化行』『暁英 贋説・鹿鳴館』などがある。

2010年1月逝去。

 
【関連】
『旗師・冬狐堂』全4巻刊行記念Twitter感想投稿キャンペーン開催! – 徳間書店

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です