本のページ

SINCE 1991

【マンガ大賞2021】山田鐘人さん×アベツカサさん『葬送のフリーレン』が大賞を受賞

「マンガ大賞2021」が決定!

「マンガ大賞2021」が決定!

マンガ大賞実行委員会は3月16日、「マンガ大賞2021」の大賞作品を発表しました。

 

マンガ読みが選ぶ2020年のイチ推しは、『葬送のフリーレン』

マンガ大賞2021は、一次選考によってノミネート作品に選ばれた10作品を対象に二次選考を実施し、大賞が決定しました。大賞および2位から10位までの作品は次の通りです。

 
【マンガ大賞2021最終結果】 ※敬称略

大賞:『葬送のフリーレン』(原作:山田鐘人、作画:アベツカサ/小学館)

2位:『チ。―地球の運動について―』(魚豊/小学館)

3位:『カラオケ行こ!』(和山やま/KADOKAWA)

4位:『水は海に向かって流れる』(田島列島/講談社)

5位:『【推しの子】』(原作:赤坂アカ、漫画:横槍メンゴ/集英社)

6位:『怪獣8号』(松本直也/集英社)

7位:『女の園の星』(和山やま/祥伝社)

8位:『メタモルフォーゼの縁側』(鶴谷香央理/KADOKAWA)

9位:『九龍ジェネリックロマンス』(眉月じゅん/集英社)

10位:『SPY×FAMILY』(遠藤達哉/集英社)

 

累計200万部突破!“エンディング”から始まるファンタジー『葬送のフリーレン』について

2020年4月より『週刊少年サンデー』で連載をスタートした『葬送(そうそう)のフリーレン』は、魔王を倒した勇者一行の“その後”を描いたファンタジー作品。人よりも長生きなエルフの魔法使い・フリーレンが、勇者亡き後“人を知る”ための旅に出る――という物語です。

 
本作品のコミックス第4巻が3月17日に刊行され、第1~4巻までのコミックス累計発行部数は200万部を突破しました。

 
今回の大賞受賞を記念し、3月17日の読売新聞朝刊に全面広告を掲載。祈りを捧げるフリーレンの美麗イラストが目印です。

さらに、TVCMも同日より放送。PVと一緒に、YouTubeチャンネル「週刊少年サンデーTV」でご覧になれます。

 
【TVCM】

 
【PV】

 

マンガ大賞について

マンガ大賞は2008年に創設された、有志によるマンガ賞です。

運営は、マンガ大賞実行委員会が行っており、選考員は、実行委員が直接声をかけたマンガ好きの有志たちで、書店員をはじめとするさまざまな職業の方がメンバーとして参加しています。

その年の1月1日から12月31日に出版された単行本の内、最大巻数が8巻までの作品を対象とし、一次選考では、各選考員が「人にぜひ薦めたいと思う作品を5作品」を選出。二次選考では、一次選考の結果から得票数10位までの作品がノミネートされます。選考員はその全てを読み、トップ3を選びます。その結果を集計し、「マンガ大賞」が決定されます。

 

■最新刊(第4巻)

葬送のフリーレン (4) (少年サンデーコミックス)
山田 鐘人 (原著), アベ ツカサ (イラスト)

勇者たちとの記憶を繋ぐ後日譚ファンタジー

勇者の死後も生き続けるエルフの魔法使い・フリーレン。
かつて勇者たちと冒険した旅路を、再び辿ります。

昔も今も旅路を彩るのは、かけがえのない出会いと行事(イベント)の数々――
物語は、勇者たちとの日常を思い起こしていく。
英雄たちの“記憶”が繋がっていく後日譚(アフター)ファンタジー!

■シリーズ第1巻

葬送のフリーレン(1) (少年サンデーコミックス)
山田鐘人 (著), アベツカサ (著)

魔王を倒した勇者一行の“その後”。

魔法使いフリーレンはエルフであり、他の3人と違う部分があります。
彼女が”後”の世界で生きること、感じることとは–
残った者たちが紡ぐ、葬送と祈りとは–

物語は“冒険の終わり”から始まる。
英雄たちの“生き様”を物語る、後日譚(アフター)ファンタジー!

 
【関連】
マンガ大賞2021
マンガ大賞2021授賞式の模様・受賞コメントのご紹介
マンガ大賞2021授賞式 – YouTube

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です