本のページ

SINCE 1991

〔スターツ出版文庫 11月〕汐見夏衛さん「夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく」シリーズ第2弾『だから私は、明日のきみを描く』など4冊を刊行

〔スターツ出版文庫 11月〕汐見夏衛さん「夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく」シリーズ第2弾『だから私は、明日のきみを描く』など4冊を刊行

〔スターツ出版文庫 11月〕汐見夏衛さん「夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく」シリーズ第2弾『だから私は、明日のきみを描く』など4冊を刊行

小説投稿サイト「野いちご」「ベリーズカフェ」「ノベマ!」を運営するスターツ出版は「スターツ出版文庫」の新刊4冊を11月28日に刊行しました。

 
■『だから私は、明日のきみを描く』 著:汐見夏衛(しおみ・なつえ)さん/イラスト:ナナカワさん

 

【あらすじ】
――なんてきれいに空を跳ぶんだろう。高1の遠子は、陸上部の彼方を見た瞬間、恋に落ちてしまう。けれど彼は、親友・遥の片思いの相手だった…。
人付き合いが苦手な遠子にとって、遥は誰よりも大事な友達。誰にも告げぬままひっそりと彼への恋心を封印する。しかし偶然、彼方と席が隣になり仲良くなったのをきっかけに、遥との友情にヒビが入ってしまう。我慢するほど溢れていく彼方への想いは止まらなくて…。
ヒット作『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』第二弾、待望の文庫化!

 
■『僕らの夜明けにさよならを』 著:沖田 円(おきた・えん)さん/イラスト:ふろくさん

 

【あらすじ】
高2の女の子・青葉は、ある日バイト帰りに交通事故に遭ってしまう。目覚めると幽体離脱しており、キュウと名乗る死神らしき少年が青葉を迎えに来ていた。本来であれば死ぬ運命にあった青葉だが、運命の不具合により生死の審査結果が神から下るまで、キュウと過ごすことに。魂の未練を晴らし、成仏をさせるキュウの仕事に付き添ううちに、青葉は母や幼馴染・恭弥に対して抱いていた想いに気づいていく。そして、キュウも知らなかった驚きの真相を青葉が突き止め…。予想外のラストに感涙必至。沖田円さんが描く、心揺さぶる命の物語。

 
■『はい、こちら「月刊陰陽師」編集部です。』 著:遠藤 遼(えんどう・りょう)さん/イラスト:双葉はづきさん

 

【あらすじ】
陰陽師家の血を継ぐ真名は、霊能力があるせいで、恋人もできず就活も大苦戦。見かねた父から就職先に出版社を紹介されるが、面接で真名を待ち受けていたのは、チャラ男な式神デザイナー、天気と人の心が読める編集長で…。しかも看板雑誌はその名も「月刊陰陽師」!? 普通の社会人を夢見ていた真名は、意気消沈するが、そこに現れたイケメン敏腕編集者・泰明に、不覚にもときめいてしまう。しかし、彼の正体は、安倍晴明の血を継ぐエリート陰陽師だった!泰明の魅力に釣られるまま、個性派揃いの編集部で真名の怪事件を追う日々が始まって――!?

 
■『龍神様と巫女花嫁の契り』 著:涙鳴(るいな)さん/イラスト:月岡月穂さん

 

【あらすじ】
社内恋愛でフラれ恋も職も失った静紀は、途方に暮れ訪ねた「龍宮神社」で巫女にスカウトされる。静紀が平安の舞の名士・静御前の生まれ変わりだというのだ。半信半疑のまま舞えば、天から赤く鋭い目をした美しい龍神・翠が舞い降りた。驚いていると「てめえが俺の花嫁か」といきなり強引に求婚されて!?かつて最強の龍神だった翠は、ある過去が原因で神力が弱まり神堕ち寸前らしい。翠の神力を回復する唯一の方法は…巫女が生贄として嫁入りすることだった!神堕ち回避のための凸凹かりそめ夫婦、ここに誕生!?

 
【関連】
2020年11月発売のスターツ出版文庫 | 小説サイト ノベマ!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です