本のページ

SINCE 1991

梅田 蔦屋書店「読書の学校」近藤康太郎さん「新刊×米×カレー!?」異色のコラボトークイベントを開催

近藤康太郎さん著『三行で撃つ 〈善く、生きる〉ための文章塾』

近藤康太郎さん著『三行で撃つ 〈善く、生きる〉ための文章塾』

梅田 蔦屋書店(JR大阪駅直結・商業施設「LUCUA1100」9階)では、近藤康太郎さん(朝日新聞編集委員)を迎えて、【「読書の学校」近藤康太郎を味わいつくす:新刊トーク×米×カレー!?】トークイベントを12月6日(日)19時に開催します。

 

『三行で撃つ 〈善く、生きる〉ための文章塾』先行発売記念トークイベントを開催!

書くとは、考えること。考えるとは、生きること。生きるとは、食べること。生まれたからには生きてみる――。

今回のイベントでは、新刊『三行で撃つ 〈善く、生きる〉ための文章塾』(CCCメディアハウス)の著者・近藤康太郎氏さんが、「書くこと+食べること=生きること」をテーマに語りつくしてます。

 
近藤さんは、朝日新聞の名物コラム「多事奏論」の筆者ですが、「鉄砲撃ちの猟師」「米をつくる百姓」という顔も持ちます。また近年では、若手の記者、フリーランスライター、映像関係者を相手に、文章の書き方、ひいては「表現」について教える私塾も評判を呼んでいます。

 
前半は、近藤さんの本業である「書くこと」を中心に。後半は、近藤さんのもう一つの生き方である「食べること」を軸にしながら、二つのお話を通して「生きること」とは何かを浮かびあがらせます。

 
ゲストに、作家やその作品に着想を得た創作料理で愛書家たちを魅了している「コクテイル書房」(東京・高円寺)の店主・狩野俊さんを招いて、「文學カレー: 近藤康太郎カレー」の開発にも挑戦します。

オルタナティブな人たちを愛し、自身もおもしろく〈善く、生きる〉ことを追求しつづける近藤さんが、現代を楽しく生き抜くヒントを教えてくれます。

 

【「読書の学校」近藤康太郎を味わいつくす:新刊トーク×米×カレー!?】 イベント概要

★詳細:https://store.tsite.jp/umeda/event/shop/17257-1210011120.html

■会期 :2020年12月6日(日) 19:00~20:30

■場所:梅田 蔦屋書店 4thラウンジ/オンラインはZoomでの配信になります。

■申し込み方法: Peatix(https://peatix.com/event/1721180/view)よりご購入ください。オンラインのみ(店頭販売無し)。

■登壇者:近藤康太郎さん、狩野俊さん、田中里枝さん、三砂慶明さん(梅田 蔦屋書店)

■主催:梅田 蔦屋書店
■共催:CCCメディアハウス

 
<定員/チケット種類>

◆オフライン
【5名】オフラインチケット:2,000円(税込)
【25名】商品付きオフラインチケット:5,510円(税込)
〈オフラインチケット1,000円(税込)+書籍代1,650円(税込)+近藤米880円(税込)+近藤カレー3点セット1,980円(税込)〉
対象書籍名:『三行で撃つ 〈善く、生きる〉ための文章塾 』(CCCメディアハウス)
※近藤カレーの送付は、2021年1月末を予定しています。

◆オンライン
【75名】オンラインチケット:1,500円(税込)
【25名】商品付きオンラインチケット:5,010円(税込)
〈オフラインチケット500円(税込)+書籍代1,650円(税込)+近藤米880円(税込)+近藤カレー3点セット1,980円(税込)〉
対象書籍名:『三行で撃つ 〈善く、生きる〉ための文章塾 』(CCCメディアハウス)
※書籍+近藤米+近藤カレーの送付は2021年1月末を予定しています。

 

登壇者プロフィール

 
近藤康太郎(こんどう・こうたろう)さん

1963年、東京・渋谷生まれ。朝日新聞編集委員・日田支局長。作家/評論家/百姓/猟師/私塾塾長。

慶應義塾大学文学部卒業後、1987年に朝日新聞社入社。川崎支局、学芸部、AERA編集部、ニューヨーク支局を経て、2017年から現職。新聞紙面では、コラム「多事奏論」、地方での米作りや狩猟体験を通じて資本主義や現代社会までを考察する連載「アロハで田植えしてみました」「アロハで猟師してみました」を担当する。大分県日田市在住。社内外の記者、ライター、映像関係者に文章を教える私塾が評判を呼んでいる。

主な著書に『アロハで猟師、はじめました』『おいしい資本主義』(共に河出書房新社)、『「あらすじ」だけで人生の意味が全部わかる世界の古典13』『朝日新聞記者が書けなかったアメリカの大汚点』『朝日新聞記者が書いたアメリカ人「アホ・マヌケ」論』『アメリカが知らないアメリカ 世界帝国を動かす深奥部の力』(以上、講談社)、『リアルロック 日本語ROCK小事典』(三一書房)、『成長のない社会で、わたしたちはいかに生きていくべきなのか』(水野和夫氏との共著、徳間書店)ほかがある。

 
狩野俊(かりの・すぐる)さん

コクテイル書房店主。1997年に国立市で店を開業。ブックカフェの先駆けとして今に至る。

「読むことは食べることに似て、拵えることは書くことと同じではないか」を掲げ、本と飲食の融合を目指し日々営業している。

 
田中里枝(たなか・りえ)さん

CCCメディアハウス書籍編集者。
守備範囲は人文からビジネスまで。最新刊が『三行で撃つ〈善く、生きる〉ための文章塾』。

 
三砂慶明(みさご・よしあき)さん

梅田 蔦屋書店 人文コンシェルジュ。本の面白さを伝えるための企画「読書の学校」を主宰。本をこよなく愛している。

 

梅田 蔦屋書店について

1,000坪をゆうに超える売場では、本だけでなく文具・雑貨、個性豊かなショップなど、あらゆるカルチャーがシームレスに繋がっており、お家のような居心地のよい時間と空間を届けます。

各ジャンルのコンシェルジュが新しい発見ができるお手伝いをする、ライフスタイル提案型の「Book&Cafe」です。

■住所:大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア イーレ9F
■電話番号:06-4799-1800(代表)
■営業時間:現在、営業時間短縮して営業しています。詳しくはホームページをご確認ください。
★ホームページ:http://real.tsite.jp/umeda/
★Facebook:https://www.facebook.com/UMEDATSUTAYABOOKS
★Twitter:https://twitter.com/umetsuta
★Instagram:https://www.instagram.com/umedatsutayabooks/
★オンラインショップ:https://shopping.geocities.jp/umd-tsutayabooks/index.html

 

三行で撃つ 〈善く、生きる〉ための文章塾
近藤 康太郎 (著)

「朝日新聞」名物・名文記者の技巧25発!
「あの人の文章は、ちょっといい」と言われるわたしになれば、自分が変わる。

本書で身につく技術は、たとえば――
◎文章技術 ◎企画力 ◎時間・自己管理術 ◎読書術 ◎資料整理術 ◎思考法

読者対象は、書くことに苦手意識を持つ人から、これからなにかを表現してみたい初心者、そして、プロのライターや記者まで。「読者は、あなたに興味がない(謙虚たれ)」という冷厳な現実を見つめるところからスタートし、「いい文章」とはなにかを考え、そういうものが書けるレベルを目指す。文章術の実用書らしく、つかみ(冒頭)の三行、起承転結、常套句が害悪な理由、一人称、文体、リズム、といった必要十分なテクニックを網羅するが、単なる方法論にはとどまらず、なぜそうするのかを、自己や他者の心のありようにフォーカスしながら考える。文学作品から、新聞記事、詩歌、浪曲まで、豊富な例示を取り上げ、具体的に解説していく。

生まれたからには生きてみる。
書くとは、考えること。
書きたく、なる。わたしに〈なる〉ために。

また、同時に、本書は「書くという営為を通じて実存について考える」思想書でもある。読み進めるにしたがい、「私というもの」に向き合わざるを得なくなる。言葉とはなにか? 文章とはなんのためにあるのか? なぜ書くのか? 生きるとは? 思索が深まるほどに、世界の切り取り方が変わり、自分が変わる。

わたしにしか、書けないものは、ある――
・文章は、見えなかったものを見えるようにすること
・文章は、見えていたものを見えなくすること

 
【関連】
【読書の学校】近藤康太郎(朝日新聞編集委員)を味わいつくす:新刊トーク×米×カレー!?【イベント&オンライン配信(Zoom)】 | イベント | 梅田 蔦屋書店
【読書の学校】近藤康太郎(朝日新聞編集委員)を味わいつくす:新刊トーク×米×カレー!?【イベント&オンライン配信(Zoom)】 | Peatix

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です