本のページ

SINCE 1991

〔スターツ出版文庫 10月〕時を越えた奇跡の物語『たとえ、僕が永遠に君を忘れても』など4冊を刊行

〔スターツ出版文庫 10月〕時を越えた奇跡の物語『たとえ、僕が永遠に君を忘れても』など4冊を刊行

〔スターツ出版文庫 10月〕時を越えた奇跡の物語『たとえ、僕が永遠に君を忘れても』など4冊を刊行

小説投稿サイト「野いちご」「ベリーズカフェ」「ノベマ!」を運営するスターツ出版は「スターツ出版文庫」の新刊4冊を10月28日に刊行しました。

 
■『理想の結婚お断りします ~干物女と溺愛男のラブバトル~』 著:白石さよ(しらいし・さよ)さん/イラスト:くにみつさん

 

【あらすじ】
某T大卒で、一流商社に勤める紺子。学歴は高いが恋愛偏差値の低い筋金入りの干物女子。完璧に見える紺子には致命的な欠点が…。その秘密があろうことか人事部の冷酷無慈悲なイケメン上司・怜二にバレてしまう。弱みを握られ、怜二を憎らしく思う紺子。そんな中、友人の結婚式にパートナー同伴で出席を求められ大ピンチ!しかし、途方に暮れる紺子に手を差し伸べたのは、冷酷無慈悲なはずの怜二だった。彼はある意地悪な条件付きで、偽装婚約者になると言い出して…!?

 
■『明治ロマン政略婚姻譚』 著:朝比奈希夜(あさひな・きよ)さん/イラスト:花恋さん

 

【あらすじ】
時は明治。没落華族の令嬢のあやは、妾の子である故に、虐げられて育った。急死した姉の身代わりとして、紡績会社の御曹司・行基と政略結婚することに。麗しい容姿と権力を持つ完璧な行基。自分など釣り合うわけがない、と形だけの結婚として受け入れる。しかし、行基はあやを女性として扱い、宝物のように大切にした。あやにとって、そんな風に愛されるのは生まれて初めての経験だった。愛のない結婚のはずが、彼の傍にいるだけでこの上ない幸せを感じるようになり…。孤独だった少女が愛される喜びを知る、明治シンデレラ物語。

 
■『たとえ、僕が永遠に君を忘れても』 著:加賀美真也(かがみ・しんや)さん/イラスト:前田ミックさん

 

【あらすじ】
母が亡くなったことで心を閉ざし思い悩む高1の誠。そんな彼の前に、突然千歳という天真爛漫なクラスメイトが現れる。誰とも関わりたくない誠は昼休みに屋上前でひっそりと過ごそうとするも、千歳が必ず現れて話しかけてくる。誠は日々謎の悪夢と頭痛に悩まされながらも、一緒に過ごすうち、徐々に千歳の可愛い笑顔に魅力を感じ始めていた。しかし、出会ってから半年経ったある日、いつものように悪夢から目覚めた誠は、ふたりの運命を引き裂く、ある過去の記憶を思い出し…。そして、彼女が誠の前に現れた本当の理由とは――。時空を越えた奇跡の青春恋愛ストーリー!

 
■『鬼の花嫁 ~運命の出逢い~』 著:クレハさん/イラスト:白谷ゆうさん

 

【あらすじ】
人間とあやかしが共生する日本。絶大な権力を持つあやかしの花嫁に選ばれることは憧れであり、名誉なことだった。平凡な高校生・柚子は、妖狐の花嫁である妹と比較され、家族にないがしろにされながら育ってきた。しかしある日、類まれなる美貌を持つひとりの男性と出会い、柚子の運命が大きく動きだす。「見つけた、俺の花嫁」―。彼の名は鬼龍院玲夜―あやかしの頂点に立つ鬼だった。玲夜から注がれる全身全霊の愛に戸惑いながらも、柚子は家族から逃れ、玲夜のもとで居場所を見つけていき…!?

 
【関連】
2020年10月発売のスターツ出版文庫 | 小説サイト ノベマ!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です