本のページ

SINCE 1991

【第16回酒飲み書店員大賞】飛騨俊吾さん『小夏と麦の物語』が受賞

第16回酒飲み書店員大賞が決定!

第16回酒飲み書店員大賞が決定!

本とお酒を愛する千葉近辺の書店員と出版社営業が売り出したい文庫本を選出する「第16回酒飲み書店員大賞」の受賞作が決定しました。

 

第16回酒飲み書店員大賞が決定!

第16回酒飲み書店員大賞の受賞作品は次の通りです。

 
<第16回酒飲み書店員大賞 受賞作品>

飛騨俊吾(ひだ・しゅんご)さん
『小夏と麦の物語』(双葉文庫)

 
受賞者の飛騨俊吾さんは、1964年生まれ。神奈川県横浜市出身。会社勤めの傍ら小説を書き続け、長編小説「エンジェルボール」を電子書籍で個人出版。2015年、大幅な加筆と再編集を経て『エンジェルボール』(全4巻)を文庫化し作家デビュー。2016年に同作品で第6回広島本大賞小説部門の大賞を受賞。

 

酒飲み書店員大賞について

酒飲み書店員大賞では、「本を読むことはもちろん、本を売ることはもっと愛し、そしてその次にお酒が好きな」千葉近辺の書店員と出版社営業が集まり、売り出したい一冊をコンペで決定します。出版から1年以上経過した文庫本を選考対象とします。

 

小夏と麦の物語 (双葉文庫)
飛騨 俊吾 (著)

あなたが好きなのは犬ですか? 猫ですか?

あるきっかけから殺処分寸前の子犬〈小夏〉を引き取った真央。仕事も恋もうまくいかない毎日が、その小さな存在によって少しずつ変わっていく。広島を舞台に愛犬とその家族の愛情に満ちた日常を描く『ニューサマーオレンジ』。鎌倉に暮らす夫婦に訪れた思いがけない試練。飼い猫〈麦〉の目を通して生への希望と切なさを描いた『麦ねこ』。人間の心に寄り添う〈小さき命〉との温かくも穏やかな日々を綴った中編小説二編、胸に迫る感動の物語。

 
酒飲み書店員大賞 – ホーム | Facebook
酒飲み書店員大賞(@sakenomi_shoten) | Twitter

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です