本のページ

SINCE 1991

〔スターツ出版文庫 8月〕「エブリスタ小説大賞2019×スターツ出版文庫大賞」大賞受賞作『きみが明日、この世界から消える前に』など4冊を刊行

〔スターツ出版文庫 8月〕「エブリスタ小説大賞2019×スターツ出版文庫大賞」大賞受賞作『きみが明日、この世界から消える前に』など4冊を刊行

〔スターツ出版文庫 8月〕「エブリスタ小説大賞2019×スターツ出版文庫大賞」大賞受賞作『きみが明日、この世界から消える前に』など4冊を刊行

小説投稿サイト「野いちご」「ベリーズカフェ」「ノベマ!」を運営するスターツ出版は「スターツ出版文庫」の新刊4冊を8月28日に刊行しました。

 
■「エブリスタ小説大賞2019×スターツ出版文庫大賞」大賞受賞作!
『きみが明日、この世界から消える前に』 著:此見えこ(このみ・えこ)さん/イラスト:青紅さん

【あらすじ】
強烈な恋と青春の痛みを描く、最高純度の恋愛小説――。

ある出来事がきっかけで、生きる希望を失ってしまった幹太。朦朧と電車のホームの淵に立つと「死ぬ前に、私と付き合いませんか!」と必死な声が呼び止める。声の主は、幹太と同じ制服を着た見知らぬ美少女・季帆だった。その出会いからふたりの不思議な関係が始まって…。強引な彼女に流されるまま、幹太の生きる希望を取り戻す作戦を決行していく。幹太は真っ直ぐでどこか危うげな彼女に惹かれていくが…。しかし、季帆には強さの裏に隠された、ある悲しい秘密があった――。

 
■『恋する金曜日のおつまみごはん ~心ときめく三色餃子~』 著:栗栖ひよ子(くりす・ひよこ)さん/イラスト:ななミさん

【あらすじ】
仕事一筋、女子力ゼロな干物女子・充希は、行きつけの居酒屋でご飯を食べることが唯一の楽しみ。しかしある事情で店に行けなくなり、自炊するも火事寸前の大惨事に。心配し訪ねてきた隣人はなんと社内屈指のイケメン後輩・塩見だった。実は料理男子な彼は、空腹の充希を自宅に招き、お酒好きな充希のために特製『おつまみごはん』を振る舞ってくれる。充希はその心ときめく美味しさに癒され、いつの間にか彼の前では素の自分でいられることに気づく。その日から“金曜日限定”で彼の家に通う秘密の関係が始まって…。

 
■『御堂誉の事件ファイル ~鳥居坂署のおひとりさま刑事~』 著:砂川雨路(すながわ・あめみち)さん/イラスト:カオミンさん

【あらすじ】
鳥居坂署一の嫌われ部署「犯罪抑止係」に配属になった新人警察官・巧。上司・御堂誉は28歳にして警部補という超エリートだが、エゴイストで社交性ゼロ。かつて捜査一課を追放された超問題児。「こんな部署になぜ俺が!?」と絶望する巧のもとに、少年たちによる特殊詐欺の疑惑が届く。犯抑には捜査権がない。しかしたったひとり秘密裏に捜査を始めた誉。そこで巧が目の当たりにしたのは誉の驚くべき捜査能力で――!? 異色のコンビが敵だらけの署内で真実を追う、痛快ミステリー!

 
■『龍神様の押しかけ嫁』 著:忍丸(しのぶまる)さん/イラスト:白谷ゆうさん

【あらすじ】
幼い頃の初恋が忘れられず、26歳になっても恋ができない叶海。“初恋の彼に想いを告げて振られたらいいんだ”と考えた叶海は、かつて過ごした東北の村を訪れるが――。十数年ぶりに再会した幼馴染・雪嗣は、人間ではなく、村を守る龍神様だった!「私をお嫁さんにして!」「――断る!!」再び恋に落ちた叶海は雪嗣を落とすべく、“押しかけ嫁”となることに!何度求婚してもつれない態度の雪嗣だったが、たまに見せる優しさに叶海は恋心を募らせていって――!?

 
【関連】
2020年8月発売のスターツ出版文庫 | 小説サイト ノベマ!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です