本のページ

SINCE 1991

『死人の声をきくがよい』著者初の長編作品『ときめきのいけにえ』第1巻が刊行 恋と恐怖が交互に迫りくる!

うぐいす祥子さん作『ときめきのいけにえ』

うぐいす祥子さん作『ときめきのいけにえ』

『死人の声をきくがよい』(「ひよどり祥子」名義/秋田書店)で2010年代のホラー漫画界を駆け抜けたうぐいす祥子さんが、初の長編作品にして、「恋愛」と「ホラー」をミックスした意欲作『ときめきのいけにえ』の第1巻を講談社より刊行しました。

 

ノストラダムスの予言が広く叫ばれていた時代を舞台に、とある少女が「恋」と「恐怖」の狭間で揺れ動く!

(c) Sachiko Uguisu 2020/講談社

(c) Sachiko Uguisu 2020/講談社

<あらすじ>

地味で目立たない少女・神業寺マリが、交通事故で瀕死のところを助けたことがきっかけで、クラスで一番人気の男子(しかもマリの片想いの相手!) 花水木シゲルに告白されちゃった?

でも、マリには素直に喜べない訳がある。なぜなら、彼女の家族は真の意味で“猟奇的”だから……

★第1話を全ページ無料公開中!:https://news.kodansha.co.jp/8112

 

[マガジンR コワかわ祭り2020]特典付き書店フェア、全国書店にて開催

全国書店にて「マガジンR コワかわ祭り2020」が開催中です。

『ときめきのいけにえ』をはじめ、 「マガジンR」連載中の期待の新作や人気タイトルをフェア開催書店で購入すると、 [描き下ろし しおりシート〈全2種〉]がもらえます。

★フェア情報の詳細や開催書店を掲載した特設サイトはコチラ:http://www.magazine-r.co/news/92.html

 

ときめきのいけにえ(1) (KCデラックス)
うぐいす 祥子 (著)

『死人の声をきくがよい』著者最新作、咲き乱れる[恋愛×恐怖]

 
【関連】
初恋は血の香り──。彼に決して言えない私の秘密。『ときめきのいけにえ』|今日のおすすめ|講談社コミックプラス
8/17~「マガジンRコワかわ祭り2020」特典付き書店フェア実施!|少年マガジンR|講談社コミックプラス

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です