本のページ

SINCE 1991

累計50万部突破!住野よるさん『青くて痛くて脆い』映画公開記念Twitterキャンペーン開催 吉沢亮さん&杉咲花さんのサイン入り映画ポスターが当たる!

住野よるさん『青くて痛くて脆い』映画公開記念Twitterキャンペーン開催

住野よるさん『青くて痛くて脆い』映画公開記念Twitterキャンペーン開催

KADOKAWAは、住野よるさん著『青くて痛くて脆い』累計50万部突破&映画公開を記念して、Twitterキャンペーンを実施中です。

 

累計50万部突破!『青くて痛くて脆い』原作公式Twitterで豪華プレゼントが当たるRTキャンペーン開催!

『君の膵臓をたべたい』で社会現象を巻き起こした作家・住野よるさんが発売当時のインタビューで最高傑作と語る衝撃作『青くて痛くて脆い』が映画化、8月28日(金)に公開されます。なお、原作小説も累計50万部を突破しました。

 
映画公開&重版を記念し、原作公式Twitter「@kutekute0302」のツイートをRTすると、抽選で合計28名に、吉沢亮さん&杉咲花さんのサイン入り映画ポスターや、住野よるさんの直筆サイン入り色紙が当たるTwitterキャンペーンを実施中です。

 
<Twitterキャンペーン 概要>

■応募方法
◎STEP1:『青くて痛くて脆い』の原作公式Twitter(https://twitter.com/kutekute0302)をフォローする
◎STEP2:キャンペーン告知ツイートをRTする
◎STEP3:エントリー完了!

■賞品
◎A賞(3名):映画『青くて痛くて脆い』キャストサイン入り映画ポスター(吉沢亮さん&杉咲花さん)
◎B賞(5名):住野よるさん直筆サイン入り色紙
◎C賞(20名):原作小説『青くて痛くて脆い』カバーデザイン図書カードNEXT1000円分

■キャンペーン期間:2020年8月3日(月)~2020年9月30日(水) 23:59

■当選発表
当選者へのみ、Twitterのダイレクトメッセージ(DM)で通知されます(2020年10月中旬予定)。
※当選の場合、期日までに賞品送付先を登録する必要があります。
※かならず2020年10月30日(金)までにDMをご確認ください。

■注意事項:あらかじめご了承のうえで応募してください。
◎以下の場合は、応募を受け付けることができません。
・非公開ツイートにしている場合
・当選発表以前に、公式アカウント(@kutekute0302)へのフォローを解除した場合
◎賞品の発送は2020年11月中下旬を予定しています。なお、発送先は日本国内に限ります。
◎当選賞品を譲渡(転売、オークション出品含む)しないことが応募・当選の条件です。譲渡が明らかになった場合、当選は取り消され賞品の返却を求められる場合があります。
◎応募に際し応募者に生じた損害等については、KADOKAWAに故意・重過失のある場合を除き、同社は一切賠償の責を負わないものとします。

■問い合わせ先:KADOKAWA カスタマーサポート(https://wwws.kadokawa.co.jp/support/contact/
※かならず「くてくて映画公開記念キャンペーンについて」と明記してください
※サポートは日本国内に限ります

 

映画『青くて痛くて脆い』8月28日(金)全国ロードショー

(c)2020映画「青くて痛くて脆い」製作委員会

(c)2020映画「青くて痛くて脆い」製作委員会

―この青春には嘘があるー

<STORY>
人付き合いが苦手な大学生・田端楓(吉沢亮さん)と、空気の読めない発言ばかりで周囲から浮きまくっている秋好寿乃(杉咲花さん)。ひとりぼっち同士の2人は、「世界を変える」という大それた目標を掲げる秘密結社サークル【モアイ】を作るが、秋好は“この世界”から、いなくなってしまった…。

秋好の存在亡きあと、モアイは社会人とのコネ作りや企業への媚売りを目的とした意識高い系就活サークルに成り下がってしまう。楓は、秋好が叶えたかった夢を取り戻すために親友や後輩と手を組み【モアイ奪還計画】を企む。

青春最後の革命が、いま始まる――。

 
★映画公式サイト:https://aokuteitakutemoroi-movie.jp/

 

青くて痛くて脆い (角川文庫)
住野 よる (著)

人に不用意に近づきすぎないことを信条にしていた大学一年の春、僕は秋好寿乃に出会った。空気の読めない発言を連発し、周囲から浮いていて、けれど誰よりもまっすぐだった彼女。秋好の理想と情熱にふれて、僕たちは二人で「モアイ」という秘密結社をつくった。それから3年。あのとき将来の夢を語り合った秋好はもういない。僕の心には、彼女がついた嘘がトゲのように刺さっていた。
「僕が、秋好が残した嘘を、本当に変える」それは僕にとって、世間への叛逆を意味していた――。

 
【関連】
青くて痛くて脆い | 住野よる | KADOKAWA

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です