本のページ

SINCE 1991

【第17回ミステリーズ!新人賞】大島清昭さん「影踏亭の怪談」とオオシマカズヒロさん「噛む老人」が受賞

第17回ミステリーズ!新人賞が決定!

第17回ミステリーズ!新人賞が決定!

東京創元社は8月6日、「第17回ミステリーズ!新人賞」の結果を発表しました。

 

第17回ミステリーズ!新人賞が決定!

第17回ミステリーズ!新人賞には452作品の応募があり、3次選考までの結果、7作品に絞り込まれました。そして、8月4日に最終選考会が、大倉崇裕さん、大崎梢さん、米澤穂信さんの3選考委員により行われ、次の通り受賞作品が決定しました。

 
■第17回ミステリーズ!新人賞 受賞作品

◎大島清昭(おおしま・きよあき)さん
「影踏亭の怪談」

◎オオシマカズヒロさん
「噛む老人」

 
受賞者の大島清昭さんは、1982年生まれ。栃木県出身。筑波大学大学院修士課程修了。『現代幽霊論』『Jホラーの幽霊研究』、「怪談オウマガドキ学園」シリーズ(共著)などの著書があります。

同じく受賞者のオオシマカズヒロさんは、1968年生まれ。静岡県出身。早稲田大学卒業。現在、会社員。

 
選考経過等の詳細は10月刊行の『ミステリーズ!vol.103』に掲載されます。また、朗読音源化したものが「kikubon(キクボン)」にて配信されます。

 
なお、最終選考作品は以下の7作品でした。

【最終候補作品】
◎浜矢スバルさん「くじらしろ・こはくくろ」
◎沢杜一郎さん「空漠」
◎秋屋玖知さん「図書室リニューアルに賛成ですか」
◎灑夛稀有人さん「団子坂上にて」
◎大島清昭さん「影踏亭の怪談」
◎鮎村咲希さん「孤洞のヴィーナス」
◎オオシマカズヒロさん「噛む老人」

 

「ミステリーズ!新人賞」とは

「ミステリーズ!新人賞」は、東京創元社が主催する短編ミステリの公募の文学賞です。ミステリ界に新風を吹き込む、意気込みに溢れた推理短編の書き手の発掘を目的としています。

なお、受賞者には正賞として懐中時計が、賞金として30万円が贈呈されます。

 
【関連】
ミステリーズ!新人賞 | 東京創元社

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です