本のページ

SINCE 1991

〔スターツ出版文庫 7月〕料理下手で子供嫌いな兄弟が…いきなり今日から、二児のパパに!?『新米パパの双子ごはん』など3冊を刊行

〔スターツ出版文庫 7月〕『新米パパの双子ごはん』など3冊を刊行

〔スターツ出版文庫 7月〕『新米パパの双子ごはん』など3冊を刊行

小説投稿サイト「野いちご」「ベリーズカフェ」「ノベマ!」を運営するスターツ出版は「スターツ出版文庫」の新刊3冊を7月28日に刊行しました。

 
■『新米パパの双子ごはん』 著:遠藤遼(えんどう・りょう)さん/イラスト:細居美恵子さん

【あらすじ】
情に厚く突っ走りがちな営業マンの兄・拓斗と、頭はキレるが感情表現は苦手な大学准教授の弟・海翔。ふたりが暮らす家に突然「パパ!」と四歳の双子・心陽と遥平が転がり込んできた。小さなふたりに見覚えはないが、まったく身に覚えがない訳ではない兄弟…。どちらが父親なのか、母親が誰なのか、謎だらけ。けれども、拓斗の下手な手料理を満面の笑みで頬張る食いしん坊な双子を見ているうち、いつの間にか愛情のようなものが芽生え…。不器用な男ふたりのパパ修行が始まる!?

 
■『この度、狼男子!? を飼うことになりました』 著:桃城猫緒(ももしろ・ねこお)さん/イラスト:榊空也さん

【あらすじ】
駆け出し中のアイドル・天澤奏多は、人生最悪の1日を過ごしていた。初めての出演映画は共演者のスキャンダルでお蔵入りの危機。しかも通り魔に襲われ、絶体絶命の大ピンチ――。しかし、狼のような犬に助けられ、九死に一生を得る。ほっとしたのも束の間、犬は「カナ!会いたかった!」と言葉を発して――!?まるで奏多の旧友だったかのように接してくる“喋る犬”ドルーと、戸惑いつつも不思議な生活をスタートするが、ある日ドルーが人間の姿に変身して…!?

 
■『ラスト・ゲーム~バスケ馬鹿の君に捧ぐ~』 著:高倉かな(たかくら・かな)さん/イラスト:loundrawさん

【あらすじ】
高3の春。バスケ部部長の元也は、最後の試合へ向けて練習に励んでいた。大好きなバスケがあり、大事な仲間がいて、女子バスケ部の麻子とは恋が生まれそうで…。すべてが順調だったが、些細な嫉妬から麻子に「お前なんか好きじゃない」と口走ってしまう。それが原因で、尊敬する父とも衝突。謝罪もできないまま翌日、父は事故で他界する。自分のせいで父が死んだと思った元也は、青春をかけたバスケとも距離を置き始め…。絶望の中にいる元也を救ったのは…!?

 
【関連】
2020年7月発売のスターツ出版文庫 | 小説サイト ノベマ!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です