本のページ

SINCE 1991

小説投稿サイト「monogatary.com」が小説レーベル「ひよこ文庫」創刊へ 第1弾は声優・夏川椎菜さん初小説集『ぬけがら』

小説投稿サイト「monogatary.com」が小説レーベル「ひよこ文庫」創刊へ

小説投稿サイト「monogatary.com」が小説レーベル「ひよこ文庫」創刊へ

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが運営する小説投稿サイト「monogatary.com」(https://monogatary.com)と株式会社エードット内の事業チーム「すばこ舎」は、新たな小説レーベル「ひよこ文庫」を創設します。

同レーベルでは、さまざまな領域の表現者が小説の分野にもその活躍のフィールドを広げることを優しく後押しし、ずっと手元に置いておきたい大切な一作を読者に届けていきます。

 

声優・夏川椎菜さん初小説集が「ひよこ文庫」の創刊作品に! 紙の書籍になって8月28日に発売決定!

ひよこ文庫の創刊作品として、電子限定のリリースで話題を呼んだ声優・夏川椎菜さんによる初の連作小説集『ぬけがら』の発売が決定しました。

 
デビュー小説「たった3日で恋ですか」を収録した恋愛小説アンソロジー『最低な出会い、最高の恋』(共著/2018年12月発売/ソニー・ミュージックエンタテインメント)が「Reader Store」小説ランキングで長期間1位に輝くなど、その才能が高く評価された夏川椎菜さん。

同名のセルフプロデュース写真集『ぬけがら』(2019年3月発売/主婦の友インフォス)の世界観をモチーフに、少女の成長と旅立ちを描いた切なくも爽やかな感動作です。

なお、ひよこ文庫の公式サイトと公式Twitterもオープン。続報は公式サイト、公式Twitterにて告知される予定です。

★ひよこ文庫公式サイト:http://hiyoko-bunko.com
★ひよこ文庫公式Twitter:https://twitter.com/hiyoko_bunko/

 

夏川椎菜さん『ぬけがら』について

夏川椎菜さん著『ぬけがら』

夏川椎菜さん著『ぬけがら』

◎定価:(本体1,200円)+税
◎発売日:2020年8月28日(金)
◎発行:すばこ舎/ソニー・ミュージックエンタテインメント
◎発売:エムオン・エンタテインメント
◎仕様:A6判/箱パッケージ入り

 
<収録内容>
プロローグ/初恋のシャンプー/匿名銭湯小噺/ タカビシャとパッチ/孫と私の止めた時間/エピローグ/新人ちゃんと先輩(書き下ろし)/あとがき(書き下ろし)

※本書は、電子限定リリースされた『小説 ぬけがら』(著:夏川椎菜さん/ソニー・ミュージックエンタテインメント)から、「ぬけがら」本編を抜粋し、新たに書き下ろし一編を加えて書籍化したものです。

 
<あらすじ>
「いってきます」 そう言ってあの子はこの町を飛び立っていった。
こんなにも美しい“ぬけがら”だけを残して。

デビュー小説「たった3日で恋ですか」を収録した恋愛小説アンソロジー『最低な出会い、最高の恋』で、その才能が高く評価された声優・夏川椎菜さん。
電子限定リリースで話題を呼んだ自身初の連作小説集『ぬけがら』を待望の書籍化!
同タイトルのセルフプロデュース写真集『ぬけがら』の世界観をモチーフに、少女の成長と旅立ちを描いた切なくも爽やかな感動作。

電子限定リリースの「ぬけがら」に、主人公の「その後」を描いた書き下ろし「新人ちゃんと先輩」を特別収録!

◆「なんで恋もしたことないのに、恋愛小説なんか書いちゃったの?」そう聞いてきた彼女の目はまっすぐだった――。
これは、僕の小説の初めての読者となった名前も知らないお姉さんと、まだ恋を知らなかったころの僕の話。(「初恋のシャンプー」)

◆毎週月曜と水曜の仕事帰りは“銭湯の日”と決めている。熱い湯は仕事でたまった鬱憤を洗い流してくれるからだ。
そして、湯上りに欠かせないのが、瓶入りのコーヒー牛乳と、番台に突っ伏して出迎えてくれるお団子頭の“バイトさん”なのである。(「匿名銭湯小噺」)

◆私は才能より人脈を買われる方の人間だった。そんな私の「相棒」の座についた親友・パッチ。
立ち止まったままの相棒に、いま私ができること、いや、私にしかできないこと、それは……。(「タカビシャとパッチ」)

◆妻を亡くしたとき、私の時間は止まってしまった。
それからすぐに、我が家で居候をはじめた孫娘。
だが、憧れの仕事に就いたばかりの孫が、突然「会社を辞めてきた」と部屋に籠ってしまい――。(「私と孫の古時計)

 

夏川椎菜さん プロフィール

著者の夏川椎菜(なつかわ・しいな)さんは 株式会社ミュージックレイン所属。1996年7月18日生まれ。声優。ユニットTrySailとしても活動。ソロの音楽活動や作詞をはじめ、ゲーム誌でのコラム執筆など、様々な分野で活躍する。

2018年、初の小説作品「たった3日で恋ですか」を発表し話題となる。趣味・特技はパンダ・小物収集・ジグソーパズル。

 

ぬけがら(ひよこ文庫)
夏川椎菜 (著)

 
【関連】
ひよこ文庫

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です