本のページ

SINCE 1991

横田めぐみさんの漫画『めぐみ』が15年ぶり復刊 拉致事件を風化させないために

横田めぐみさんの漫画『めぐみ』が15年ぶり復刊

横田めぐみさんの漫画『めぐみ』が15年ぶり復刊

「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」の代表を務めていた横田滋さんが、拉致された娘のめぐみさんとの再会がかなわぬまま6月に亡くなりました。

拉致事件を風化させないため、双葉社は北朝鮮拉致事件ノンフィクションコミック『めぐみ』前後編(原作・監修:横田滋さん・横田早紀江さん/作画:本そういちさん)を15年ぶり復刊しました。

 
『めぐみ』は、横田めぐみさんの拉致事件とその後の横田家を描いたノンフィクション漫画。15年前の2005年に発売されました。

横田滋さん・早紀江さん夫妻が原作・監修を務めた同漫画は、徹底した取材により、誇張やフィクションを一切排し、事件発生当時からの四半世紀を越える横田家の絶え間のない苦闘とその事件を究明していく者たちを描いた怒りと悲しみの記録です。

 
『めぐみ』が『漫画アクション』に連載されていたのは、拉致問題が大きく動き始めていた時でした。北朝鮮は、横田めぐみさんが死亡した証拠として、めぐみさんの「遺骨」を日本政府に提出しました。

しかしDNA鑑定の結果、別人のものと判定。そんな最中、横田さん夫妻がなんとしても解決への次なる糸口の一つとして刊行されたのが同漫画でした。

 
刊行当時の記者会見で、滋さんは「めぐみは漫画が大好きで、よくイラストを描いていた。本人もまさか自分が漫画に登場するとは思っていなかったはず。帰ってきたら『めぐみはこんなふうに描かれたんだよ』と教えてあげたい」と話しています。

発行元の双葉社は、『めぐみ』(前編)のamazon(Kindle)での無料公開を7月31日まで行っていますが、横田早紀江さんと相談し、滋さんの遺志をしっかりと繋ぐためにも「北朝鮮による拉致事件」というものがどういったものだったのかということを若い世代にも知ってもらい、その解決への新たな一歩になればと、あらためて15年ぶりの「紙版」による漫画『めぐみ』の復刊を決めました。

 

めぐみ 前編
横田 滋 (著), 本 そういち (著), 横田 早紀江 (著)

愛らしかった娘、明るかった姉、めぐみはいつも太陽のように横田家の中心にいた。だが、その光は突如奪われた。北朝鮮による拉致―13歳のいたいけな少女が、凶悪な国家犯罪に巻き込まれたのだ。これは、四半世紀を越える横田家の苦悶の日々と、事件を究明していく者たちを描く怒りと悲しみの記録である。

めぐみ 後編
横田 滋 (著), 本 そういち (著), 横田 早紀江 (著)

赤ん坊の頃、怪我ばかりしていためぐみ。本を読むのが大好きだっためぐみ。お父さんの誕生日に、櫛をプレゼントしてくれためぐみ。13歳のいたいけな少女を巻き込んだ北朝鮮拉致事件。これは、四半世紀を越える横田家の苦悶の日々と、事件を究明していく者たちを描く怒りと悲しみの記録である。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です