本のページ

SINCE 1991

芥川賞&文藝賞W受賞!『おらおらでひとりいぐも』が文庫化! 田中裕子さん×蒼井優さん主演映画は2020年秋公開!

映画ヴィジュアルの全面オビ

映画ヴィジュアルの全面オビ

河出書房新社は、50万部突破のベストセラー小説で、映画化も決定した若竹千佐子さん著『おらおらでひとりいぐも』(2017年刊)を文庫化し、6月25日に河出文庫より刊行します。

『おらおらでひとりいぐも』は、文藝賞史上最年長の63歳で第54回文藝賞、その後、第158回芥川賞をダブル受賞した若竹千佐子さんのデビュー作です。

 

孤独だと決めつけられている独居老人の、イメージとは真逆のあかるい生活

『おらおらでひとりいぐも』の主人公は、74歳でひとり暮らしをしている桃子さん。

24歳の秋、東北の故郷を飛び出し上野に降り立って50年。住み込みのアルバイト、夫との出会いと結婚、二児の誕生と成長、そして夫の死。
「この先一人でどやって暮らす。こまったぁどうすんべぇ」

 
40年来住み慣れた都市近郊の新興住宅で、ひとり茶をすすり、ねずみの音に耳をすませるうちに、桃子さんの内から外から、声がジャズのセッションのように湧きあがってきて──。

ひとりなのににぎやか! さびしいのに圧倒的に自由!
世間的なイメージでは孤独だと決めつけられている独居老人の、イメージとは真逆のこわいものなしのあかるい生活を描いた本作は、青春小説の対極、歳をとるのも悪くない、と思わせてくれる「玄冬小説」と呼ばれ、桃子さんの同世代、そして他の世代の女性たちからも圧倒的な支持を集め、50万部を突破しました。

 
文藝賞選考委員の斎藤美奈子さんに「東京オリンピックの年に上京し、二人の子どもを産み育て、主婦として家族のために生き、夫を送って「おひとりさまの老後」を迎えた桃子さんは、戦後の日本女性を凝縮した存在だ。桃子さんは私のことだ、私の母のことだ、明日の私の姿だ、と感じる人が大勢いるはず」と評されたとおり、「これは私の話だ」と全国から共感を呼んだ本作。

単行本発売から2年半、満を持しての文庫化です。より多くの方が気軽に手にとれるよう、少し大きめの読みやすい文字組みで刊行されます。

 

田中裕子さん×蒼井優さん主演映画のキャストも公開!

若竹千佐子さん芥川賞受賞作『おらおらでひとりいぐも』を田中裕子さん×蒼井優さん主演で映画化

若竹千佐子さん芥川賞受賞作『おらおらでひとりいぐも』を田中裕子さん×蒼井優さん主演で映画化

現在の桃子役として田中裕子さん、若い頃の桃子役として蒼井優さんが二人一役で主人公を演じる映画版が2020年秋に公開されます。監督は『南極料理人』『横道世之介』の沖田修一さん。沖田監督は脚本も自身で執筆しています。

 
6月22日には豪華キャスト、スタッフ情報も公開となりました。詳細は公式サイト(https://oraora-movie.asmik-ace.co.jp/)をご覧ください。

 

著者プロフィール

著者の若竹千佐子(わかたけ・ちさこ)さんは、1954年岩手県遠野市生まれ。岩手大学卒業。

55歳で小説講座に通いはじめ、8年の時をかけて本作を執筆。2017年、本作で第54回文藝賞を史上最年長の63歳で受賞しデビュー。翌年、第158回芥川賞受賞。

 

おらおらでひとりいぐも (河出文庫)
若竹千佐子 (著)

50万部突破の感動作、2020年、最強の布陣で映画化決定! 田中裕子、蒼井優が桃子さん役を熱演、「南極料理人」「モリのいる場所」で最注目の沖田修一が脚本・監督。すべての人生への応援歌。

 
【関連】
待望の文庫化!映画化決定!若竹千佐子「おらおらでひとりいぐも」特設サイト|河出書房新社
映画「おらおらでひとりいぐも」公式サイト 2020年秋公開

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です