本のページ

SINCE 1991

『BRUTUS(ブルータス)』が特集「マンガが好きで好きで好きでたまらない」を発売

『BRUTUS(ブルータス)』が特集「マンガが好きで好きで好きでたまらない」を発売

『BRUTUS(ブルータス)』が特集「マンガが好きで好きで好きでたまらない」を発売

マガジンハウスが発行するカルチャー誌『BRUTUS(ブルータス)』は6月1日、特集「マンガが好きで好きで好きでたまらない」を発売しました。

 

肩書もさまざまな25人が語る愛読マンガ

『ブルータス』で1号まるごとマンガを特集するのは4年ぶり。案内してくれるのは、マンガを愛してやまない25人の著名人の皆さん。ファンタジー、バトル、ギャグにミステリーとジャンルもさまざまな愛読してきた作品を紹介します。

 
(インタビュー 一覧) ※敬称略

『波よ聞いてくれ』×佐久間宣行
『東島丹三郎は仮面ライダーになりたい』×川島明(麒麟)
『水は海に向かって流れる』×澤部渡(スカート)
『遺書、公開。』×市川紗椰
『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』×神田伯山
『チェンソーマン』×榎本俊二
『北北西に曇と往け』×石塚元太良
『青野くんに触りたいから死にたい』×戸田真琴
『藤岡拓太郎作品集 夏がとまらない』×松尾スズキ
『ブルーピリオド』×箭内道彦
『さんかく窓の外側は夜』×ゆうこす
『マイ・ブロークン・マリコ』×幡野広志
『ここは今から倫理です。』×ダ・ヴィンチ・恐山
『星の王子さま』×蓮沼執太
『一生好きってゆったじゃん』×村田沙耶香
『呪術廻戦』×伊地知潔(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
『夢中さ、きみに。』×枡野浩一
『ペリリュー-楽園のゲルニカ-』×井上裕介(NON-STYLE)
『ワールドトリガー』×岡田育
『AIの遺電子』×宮川達彦
『竜女戦記』×岡田利規

 

マンガ家6人による豪華描き下ろし!

世にマンガ好きはたくさんいるけれど、そのなかでも特にマンガを愛している人、といえば、マンガ家本人。読み手でもあり描き手でもある6人の豪華執筆陣が、愛する作品のイラストを描き下ろしました。ここだけのコラボ、美麗な作品の数々は必見です!

 
(執筆者、作品一覧) ※敬称略

◎五十嵐大介が描く『鬼滅の刃』
◎押切蓮介が描く『紅い花』
◎寺田克也が描く『ゴールデンゴールド』
◎真造圭伍が描く『スキップとローファー』
◎オノ・ナツメが描く『謎の怪人 蜃気郎』
◎藤田和日郎が描く『狭い世界のアイデンティティー』

 

コロナ禍に読みたいマンガ24選

2020年、新型コロナウイルスによって私たちの日常は激変しました。家での時間を楽しみ、笑ったり泣いたり思い出したり学んだり……。

“こんなとき”だからこそ読みたい24作品を、マンガ愛に溢れる4人の選者が厳選し、6つのテーマに分けて紹介します。

 
(テーマ一覧) ※敬称略

「日常って素晴らしい」/「未知の敵との戦い」/「想像力で旅に出る」/「壁だらけの恋に浸る」/「最高の家メシを」/「ただただ笑いたい!」

 

30巻超えの連載中作品に追いつくための副読本

ブック・イン・ブックは、『30巻超えにも怯まない! 長編大作攻略読本』。

完結したら読もうと思っていたらあっという間に30巻超え。名作、良作、人気作であるがゆえに手が出しづらくなってしまった、あるいは途中まで読んで止まっている。
――そんな長期連載中作品15作の重要ポイントを各作品たったの1ページに圧縮!これから最新巻に追いつきたい人も、読んだ作品のおさらいとしても役に立つガイドブックです。

 

BRUTUS(ブルータス) 2020年6/15号No.917[マンガが好きで好きで好きでたまらない]

マンガは最強の娯楽!
たった一つのコマに笑って泣いて、自分を変えるような衝撃を与えられることも。

神田伯山、川島明、ゆうこす、松尾スズキ、佐久宣行、村田沙耶香ら25人のマンガ読みたちが、愛してやまない作品について思い入れたっぷりに語ります。

長期連載にいまから追いつく「30巻超え名作アンチョコBOOK」付き。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です