本のページ

SINCE 1991

コンピュータ出版販売研究機構が「コンピュータ書籍 書店別 売上ランキング」と「第7回CPU大賞」を発表

コンピュータ出版販売研究機構が「コンピュータ書籍 書店別 売上ランキング」と「第7回CPU大賞」を発表

コンピュータ出版販売研究機構が「コンピュータ書籍 書店別 売上ランキング」と「第7回CPU大賞」を発表

コンピュータ関連の書籍を発行する出版社5社が加盟する「コンピュータ出版販売研究機構」(略称:CPU)では、この度、「コンピュータ書籍 書店別 売上ランキング」(2016年度)および第7回CPU大賞を発表しました。

 
コンピュータ出版販売研究機構は、インプレス、SBクリエイティブ、技術評論社、翔泳社、マイナビ出版の5社が加盟しています。

★コンピュータ出版販売研究機構 URL:http://www.computerbook.jp

 

【コンピュータ書籍 書店別 売上ランキング(2016年度)】

 
【全国ランキング】 第1位に紀伊國屋書店新宿本店、ブックファースト新宿店がベスト5入り

全国1位~3位では、1位「紀伊國屋書店新宿本店」(販売冊数58,425冊 前期比127.0%)、2位「ジュンク堂書店池袋本店」(販売冊数56,343冊 前期比98.4%)と、8年連続で1位の座を守っていた「ジュンク堂書店池袋本店」を「紀伊國屋書店新宿本店」が販売冊数において上回る結果となりました。

 
「紀伊國屋書店新宿本店」は多層階店でありながらも、各社コンピュータ書の主力商品を他フロアでも仕掛け展開し、売上を伸長。

一方、前年度3位の「丸善丸の内本店」(販売冊数36,896冊)は、前期比107.2%の伸長率で全国平均の93.8%を大きく上回る結果を残し、堂々3位の座につきました。

また、4位の「紀伊國屋書店梅田本店」も前年のポジションを堅守(前期比104.8%)。5位には前年度7位の「ブックファースト新宿店」が2ランクアップし、1位の「紀伊國屋書店新宿本店」と共に、昨年惜しまれながらも閉店した「紀伊國屋書店新宿南店」の売上を新宿エリア内で享受し合う形となりました。

6位~9位は、「有隣堂ヨドバシAKIBA店」「丸善ラゾーナ川崎店」「書泉ブックタワー」「MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店」が堅調にランクインし、10位には「ジュンク堂書店福岡店」がベスト10入りを果たしています(昨年11位)。

 
ベスト10では西日本エリアの書店が3店舗ランクイン(昨年は2店舗)するものの、他は首都圏で占められている状況に変化はありません。なお、ベスト10中半数以上の6店舗が前期比で100%を超える実績を残しています。

一方、首都圏や関西圏以外に目を向けると、「三省堂書店名古屋高島屋店」が中部地区で変わらずトップの実績。ただリニューアルに伴う閉店期間もあり、前年よりランキングを1つ落とし13位となっています。また、北海道地区トップの「紀伊國屋書店札幌本店」は前年より2ランクアップし17位の座を確保しました。

 
ベスト100位内において、前年度100%を越えた実績を残した書店は44店舗、またその中で2ケタの伸びを示した書店が9店舗もありました。

 
【ブロック別】 各地区のトップは揺るがずも、伸長率2ケタ台の店舗が目立つ

●北海道

同ブロック3位の「三省堂書店札幌店」が昨年46位から6ランクアップし、全国40位と躍進。また、「コーチャンフォー旭川店」が111位から104位に7ランクアップ、「函館蔦屋書店」が188位から181位に7ランクアップなど、札幌以外の主要都市部にて大きなランクアップが見受けられました。

●東北

「丸善仙台アエル店」が今年も連続1位を達成(全国35位)するも、前期比93.8%となり全国平均に近い数字となっています。また、前年躍進しブロック内2位となった「ジュンク堂書店仙台TR店」は、今年も堅調に順位を守り、全国100位以内にもランクインしています(全国93位)。

●関東(東京以外)

ベスト10に大きな順位変動はないものの、「丸善ラゾーナ川崎店」に次ぐブロック2位の「有隣堂横浜駅西口店」が前期比114.6%と大きく数字を伸ばし、全国ランキング18位から14位にランクアップ。また、「ブックファースト横浜西口店(旧:あおい書店横浜店)」も前期比118.0%と大きく伸長、全国100位以内にランクインを果たしています(110位→83位)。

●甲信越

「丸善松本店」が、前期比110.4%と伸びを見せ、23ランクアップし全国129位、同ブロック内2位となりました。

●東海

「三省堂書店名古屋高島屋店」がトップを堅守。2位の「ジュンク堂書店名古屋店」は前期比113.8%と、昨年3位から2位へランクアップ。また、「丸善名古屋本店」は好調を維持(前期比121.7%)し、4位にランクインしています。今年4月には「三省堂書店名古屋本店」が駅前にオープンし、近隣書店とのデッドヒートが続いています。

●北陸

「金沢ビーンズ明文堂」が今年も1位となり、ブロック内では群を抜いています。前期比は98.5%であったものの、全国平均は上回る結果となりました。当ブロックは全般的に前期比を落とす書店が多かった中、「紀伊國屋書店富山店」は前期比115.4%と健闘を見せ、4位にランクインしました。

●関西

上位店ランクに変動があり、「ジュンク堂書店難波店」が全国ランクで11もの伸長があり(36位→25位)、同ブロック5位となりました。また、「旭屋書店なんばCITY店」も前期比128.3%の伸長を見せ、同ブロック16位から7位に躍進(全国58位)。いずれも「ジュンク堂書店千日前店」の閉店の影響があったものと思われますが、「旭屋書店なんばCITY店」は特にプログラミングフェアの開催や、Excel関連書の展開強化、パソコン書棚への積極的な導線作りなどで売上を伸ばしました。

●中国

「丸善広島店」が今年も首位を堅守。昨年は上位10店舗がすべてランキングを下げましたが、今年は「ジュンク堂書店広島駅前店」「紀伊國屋書店広島店」「丸善岡山シンフォニービル店」などがランキング・前期比とも上げています。なお同ブロックには今年大型店の「広島蔦屋書店」がオープンし、今後さらなる競争が予想されます。

●四国

「宮脇書店南本店」が同ブロックのトップを死守。売上冊数では2位の「ジュンク堂書店松山店」が前期比100%を超える実績を残し、首位に肉薄しています。一方で、同ブロック3位の「宮脇書店本店」が前期比91.2%と、ランキングを落とす結果となりました(全国174→188位)。

●九州・沖縄

ベスト10内では大きな変動はなかったものの、同ブロック1位の「ジュンク堂書店福岡店」が全国10位と堂々のランクインを果たしました。また、ベスト10中6店舗が前年比100%以上の実績となっており、全国的に見ても好調なブロックです。特に「丸善博多店」と「喜久屋書店小倉店」は伸長率で2ケタ以上の実績を残しています。

 
【コンピュータ書籍 書店別 売上ランキングの集計方法および対象期間について】

「コンピュータ書籍 書店別 売上ランキング」(2016年度)はCPU加盟会社5社より提出された売上冊数の合計で算出しています。各社の売上は各社が独自に集計した売上データです。

今回発表された2016年度のランキングは、2016年4月から2017年3月までの1年間を対象としています。この期間中に開店した新規店舗、同じく閉店した店舗については1年間の売上でないことから除外されています。また、5社の売上データが揃わない店舗や、諸事情により正確な集計ができていないと思われる店舗についても除外されています。

 

【第7回 CPU大賞 受賞一覧】

 
★売上部門:1年間(2015年4月~2016年3月)のコンピュータ書籍の販売実績から上位3書店を表彰

※販売実績はCPU加盟社が独自に集計した売上冊数の合計。

・【第1位】紀伊國屋書店 新宿本店(東京都)

・【第2位】ジュンク堂書店 池袋本店(東京都)

・【第3位】丸善書店 丸の内本店(東京都)

 
★書店部門:コンピュータ書籍の販売における取り組みにおいて、創意工夫や際立った努力が見られた書店を表彰

・三省堂書店有楽町店

・ACADEMIA港北店

・ブックファースト川崎駅前店

 
★新人部門:フェアや情報活用などコンピュータ書の販売を積極的に取り組んだ新人担当者(コンピュータ書を担当して3年以内)を表彰

・芳林堂書店高田馬場店

・紀伊國屋書店流山おおたかの森店

・三省堂書店名古屋高島屋店

・有隣堂町田モディ店

 
★関西支部部門:関西地区のコンピュータ書籍の販売における取り組みにおいて、創意工夫や際立った努力が見られた書店を表彰

・紀伊國屋書店梅田本店

 
★青年団部門:2016年実施「子どもプログラミングフェア」を積極的に展開した店舗を表彰

・丸善ラゾーナ川崎店

★書籍部門:全国主要書店コンピュータ担当者が投票し、評価された新刊書籍を表彰 ※2017年3月発表

・『ルビィのぼうけん』 発売:翔泳社 著者:リンダ・リウカスさん/鳥井雪さん訳

 

ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング
★親子でプログラミングの考え方に触れて楽しむ絵本★

日本でも検討がすすむ「小学校プログラミング教育必修化」。
プログラミングやテクノロジーの知識は、子どもたちにも必要不可欠になりつつあります。

プログラミングを、子どもたちが身近に感じ、楽しく学んでいける本があればいい――
こんな思いから生まれたのが、『ルビィのぼうけん(原題:Hello Ruby)』です。

【本書の対象】
・子ども(4歳くらい~)
・おとな(保護者や先生の入門書としても◎)

【本書の特徴】
◎プログラミングを知らない子どもでも楽しめる
◎プログラミングの本質を物語で理解できる
◎教育大国フィンランド発の名作、15か国で刊行
◎話題の女性プログラマー、リンダ・リウカス作

前半:女の子ルビィが宝石集めのぼうけんをする絵本パート
後半:体験しながら学べる練習問題パート

4~11歳の子どもが親子で楽しめる工夫が満載です。読み進めながらプログラマー的思考を学べます。

例えば、大きな問題を小さな問題に分けること、ちらばった情報からパターンを見つけること……。

【あらすじ】
「ルビィは大きな想像力を持つ女の子。
ルビィの好きな言葉は“どうして?”。
ルビィの世界では考えたものがなんでも実現します。

パパがお仕事でいないときは、家の中をどたどた・ふらふら歩きまわるのが大好き。

ある日、ルビィはパパからの手紙を見つけます。
『宝石を5つ、かくしたから、さがしてごらん。ぜんぶ見つけられるかな?』
でもどう探せばいいのか書かれていません。

仕方がないので、まずはヒントを探しはじめると……
パパの机の下に、秘密の数字が書かれた紙きれを発見!
ここからルビィの本当のぼうけんが始まります……」

【本書のなりたち】
本書は、フィンランドの女性プログラマー、リンダ・リウカスが、子どもがプログラミングを学ぶ糸口となるように作った絵本です。

リンダはクラウドファンディングで資金調達できるkickstarterを活用し、9,000人ものサポーターから約38万ドル(約3,800万円)の資金を集めることに成功。約3年かけて絵本を完成させました。

この絵本に、プログラミングのいわゆる「コード」は一文字も出てきません。

この絵本で学べるプログラミングの考え方は、手に負えないように思える世界をときほぐして、なんとか取り組みやすくする手助けとなります。

そして、プログラミングは、自分の考えを、動くかたちにできる楽しさに満ちています。

その楽しさを知る一つの入り口になってほしい――
そんな著者の願いがこもった一冊です。

 
【関連】
TOP-コンピューター出版販売研究機構

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です