本のページ

SINCE 1991

hontoが「2019年度にアニメ化されたライトノベル人気投票」を発表! 「本好きの下剋上」が売上ランキング1位の「ダンまち」を下剋上

hontoが「2019年度にアニメ化されたライトノベル人気投票」を発表!

hontoが「2019年度にアニメ化されたライトノベル人気投票」を発表!

ハイブリッド型総合書店「honto」は、honto会員へ調査した「2019年度にアニメ化されたライトノベル人気投票」の結果を発表しました。

 

女性ファンに支えられた作品が売上ランキングを逆転して上位に

hontoでは、アニメ化されたライトノベルの原作を実際に読んでみた感想を調査し、本当に面白かった作品への投票を募集(投票期間:2019年12月20日~2020年1月6日)しました。

 
今回の発表では、 昨年12月にhontoから発表された「2019年度にアニメ化されたライトノベル<売上>ランキング」(https://honto.jp/article/lightnovel.html)の順位と比較して結果を紹介しています。

 
ライトノベルは、人気と共にコミック、アニメ、映画などメディアミックスで展開され、幅広い層に知られる作品も多くなりました。記憶に残るところでは『涼宮ハルヒの憂鬱』や、近年では『ダンまち』のタイトルなど一度は耳にしたことがあるでしょうか。

hontoが毎月発表する「年代別ランキング」では近年、30代・40代の上位にライトノベル作品がランクインすることも頻繁にあり、10代から慣れ親しんだ人たちが大人になっても愛読していることが見てとれます。

 
人気ランキング第1位は『本好きの下剋上』、2019年12月に発表された売上ランキング3位から2ランクアップして堂々第1位にランクインしました。第2位は『ロード・エルメロイII世の事件簿』で、こちらも売上ランキング4位から2ランクアップです。

この2作品はどちらも投票者の6割強を女性が占めました。売上ランキング第1位から2ランク下げる結果となった第3位の『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』は対照的に男性投票者が9割以上を占めています。

 
女性人気に支えられた作品が売上ランキングを逆転して上位にランクインしたことは、女性のほうが作品への熱量が高いと言える結果かもしれません。

 

「2019年度にアニメ化されたライトノベル人気投票」ランキング 〔敬称略〕

 
【第1位】『本好きの下剋上』
売上ランキング3位から2ランクUP

<あらすじ>
本が好きで、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いくら読みたくても周りに本なんてあるはずない。本がないなら、作ってしまえばいいじゃない!目指すは図書館司書!本好きのための、本好きに捧ぐ、ビブリア・ファンタジー!!小説投稿サイト「小説家になろう」での大人気長編の書籍化です。

著者:鈴華(著者)、香月美夜(原作)、椎名優(イラスト原案)
出版社:TOブックス
https://honto.jp/ebook/pd_27096467.html

【投票者のコメント】
◎家族の物語としても、崩壊間近な世界を救う話としても、立身出世物としても、かけがえのない伴侶を得る話としても、全て広げた風呂敷をきちんと畳んだ作品です。アニメが面白いと思った人は、まずはコミックからでもぜひ。(40代女性)

 
【第2位】『ロード・エルメロイII世の事件簿』
売上ランキング3位から2ランクUP

<あらすじ>
『Fate/zero』に登場したウェイバー・ベルベットがスピンオフして小説化!苛烈を極めた第四次聖杯戦争から10年。成長してロード・エルメロイII世となり、魔術が絡んだ厄介な事件を、持ち前の分析能力で解決の糸口を見つけ、周りの人の力を借りて解決していく。やがて一連の事件の裏側に、かつて共に第四次聖杯戦争を戦った英霊イスカンダルに関わる計画が隠されていたことに気づく…!

著者:三田誠(著)、TYPE-MOON(原案・監修)、坂本みねぢ(イラスト)
出版社:TYPE-MOON
https://honto.jp/ebook/pd_28718465.html

【投票者のコメント】
◎元々Fateシリーズが好きだったので拝見しましたが、女性陣が魅力的で、すぐにハマってしまい、全巻集めてしまいました(30代女性)
◎三田先生の筆力に圧倒されながら行く末、結末を夢中で追いかける幸せ!(50代女性)

 
【第3位】『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』
売上ランキング1位から2ランクDOWN

<あらすじ>
「ダンジョン」と通称される地下迷宮を保有する巨大迷宮都市で、一攫千金や出会いを夢見る駆け出しの冒険者、ベル・クラネル。探索中にモンスターに襲われ、絶体絶命のベルの前に現れた金眼金髪の美少女との運命の出会いによって展開する壮大なストーリー。

著者:大森藤ノ(著)、ヤスダスズヒト(イラスト)
出版社:SBクリエイティブ
https://honto.jp/ebook/pd_27810360.html

【投票者のコメント】
◎ピンチからの立ち上がりが面白い。ピンチが毎回絶望過ぎて、どう立ち上がるかが予想できない(30代男性)
◎初めは弱々しい主人公が憧れの人目指して徐々に強くなっていく展開が熱い。そしてシリーズ通して主人公のキャラクターがブレないところが好きです(40代男性)

 
◆第4位以下とノミネート作品についてはこちら!

★URL:https://honto.jp/article/lightnovel/02.html

上記サイトにて、今回の人気ランキングで第1位を獲得した『本好きの下剋上』(小説&コミック)に使える25%OFFクーポンを配布中です。

 
<参考:ライトノベルとは>

小説ジャンルの一つですが、明確な基準はありません。難解な表現がなく、会話が多めの読みやすい文体で10~20代の若年層が小説を読む入口としての機能を果たしてきました。また、登場人物がイラスト化されて表紙や挿絵に登場することで「キャラクター化」していることも、コミックやアニメの延長で親しむことができる仕掛けとなっています。

そのストーリーも、「異世界転生モノ」(主人公が元の世界で一度死亡し、異なる人物として異世界への生まれ変わりを果たしている作品)に代表されるような、非日常が舞台のSF、ファンタジー、ミステリーなどの作品が多いことも特徴です。

近年では、小説投稿サイト「小説家になろう」や「Arcadia」への掲載から出版されるライトノベル作品も多く、読者側である一般の人々が創作側にもなって盛り上がりをみせています。ゲームからの派生や、スピンオフのそのまたスピンオフ作品など、知れば知るほど奥の深いジャンルです。

 

ハイブリッド型総合書店「honto(ホント)」について

ハイブリッド型総合書店 honto(ホント)は、リアル書店「丸善」「ジュンク堂書店」「文教堂」「啓林堂書店」とネット書店「honto.jp」(通販ストア/電子書籍ストア)が連携した本のサービスです。各書店共通で貯めて・使えるポイントサービスや本好きのための様々なサービスを用意しています。

2020年1月現在、honto会員は約540万人、hontoサイトと共通で利用できるhontoポイントサービスは約180店舗で展開しています。

 
【関連】
見ても読んでも面白い2019年度にアニメ化したライトノベル編 結果発表 – honto+

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です