本のページ

SINCE 1991

おすすめの翻訳小説を紹介するフリーブックレット「BOOKMARK」が書籍化 江國香織さん、町田康さん、村上春樹さんら書き下ろしエッセイも 出版記念トーク&サイン会を開催

『翻訳者による海外文学ブックガイド BOOKMARK』(編:金原瑞人さん・三辺律子さん/CCCメディアハウス)

『翻訳者による海外文学ブックガイド BOOKMARK』(編:金原瑞人さん・三辺律子さん/CCCメディアハウス)

おすすめの翻訳小説を紹介して人気のフリーブックレット「BOOKMARK」が書籍化され、『翻訳者による海外文学ブックガイド BOOKMARK』(編:金原瑞人さん・三辺律子さん)としてCCCメディアハウスより刊行されました。

また、10月31日には丸善・丸の内本店3F(日経セミナールーム)にて、出版記念イベント「金原瑞人さん×三辺律子さん×オザワミカさん トーク&サイン会」も開催されます。

 

江國香織さん、町田康さん、村上春樹さんなど著名作家による書き下ろしエッセイも! 翻訳物ってこんなにおもしろいんだ!

最近の翻訳小説の中で特におすすめのものを選んで紹介している人気のフリーブックレット「BOOKMARK」が本になりました。

各書籍の紹介は、その書籍の翻訳家が自ら執筆。 また、各号の冒頭には著名作家による書き下ろしエッセイも掲載され、「翻訳物ってこんなにおもしろいんだ」と思える一冊です。

 
<「はじめに」より>

「『もっと海外文学を!』『翻訳物はおもしろいんだ!』と主張する冊子」。
「BOOKMARK」は、そんなフリーペーパーとしてスタートしました。サイズはCDの大きさで、フルカラー二十四ページ。各号にそれぞれ設けたテーマに合わせ、十六冊の海外文学を訳者の方の解説で紹介、巻頭にはそのテーマに縁の深い作家の方がエッセイを寄せてくださっています。

「BOOKMARK」を始めることになった直接のきっかけは、よもやま話で金原さんが何気なく発した「じゃあ、海外文学を紹介する瓦版でも作る?」という一言でした。金原さん曰く、そうしたら私(だけ)が急に本気になった、ということなのですが、もちろん金原さんもじゅうぶん「本気」だったと思います。

ただ「急に本気になった」理由として心当たりがあるのは、そのころ、「海外文学を紹介する場がほしい!」と切に願っていたこと。もちろん、書評する場がほしいという意味でもありましたが、実際の「場」、つまり、読者と本が出合う場所が必要だとつくづく感じていたのです。

その大切さを教えてくれた一つが、丸善津田沼店の書店員(当時)の酒井七海さんが企画した「第一回はじめての海外文学」でした。

 

本書の目次

1 これがお勧め、いま最強の17冊
【エッセイ】この間した、翻訳のこと──江國香織

2 本に感動、映画に感激
【エッセイ】 おもしろい物語に出会ったら、ついでに原作にも手を出してしまおう──ひこ・田中

3 まだファンタジー? ううん、もっとファンタジー
【エッセイ】世界に魔法をかけた物語──松岡祐子

4 えっ、英語圏の本が1冊もない!?
【エッセイ】好きな小説とそうではない小説──東山彰良

5 過去の物語が未来を語る
【エッセイ】せめて忘れないために──深緑野分

6 明日が語る今日の世界
【エッセイ】SFって、政治小説?──星野智幸

7 眠れない夜へ、ようこそ
【エッセイ】クラシックホラーファンタジーとのっぺらぼう──恒川光太郎

8 やっぱり、新訳!
【エッセイ】気合と気合と気合──町田 康

9 顔が好き?
【エッセイ】翻訳小説の装丁と人工甘味料──川名 潤

10 わたしはわたし、ぼくはぼく
【エッセイ】呼吸のしやすい世界へ──松田青子

11 Listen to Books!
【エッセイ】行間から溢れる音楽──村上春樹

12 これ、忘れてない?
【エッセイ】人間というだらしない存在──佐藤亜紀

「BOOKMARK」鼎談 金原瑞人×三辺律子×オザワミカ

 

著者プロフィール

■金原瑞人(かねはら・みずひと)さん

1954年岡山県生まれ。法政大学教授。翻訳家。「BOOKMARK」編集・発行人。

1980年代より新聞、書籍、雑誌などで精力的にヤングアダルト(YA)向けの書評を執筆。国内外のYA作品に対する造詣が深く、独自の視点で書かれた親しみやすい書評には定評がある。手がけた翻訳書は、550冊以上。

 
■三辺律子(さんべ・りつこ)さん

東京都生まれ。白百合女子大学大学院児童文化学科修士課程修了。翻訳家。白百合女子大学・フェリス女学院大学講師。「BOOKMARK」編集人。

児童書・YA作品を中心に翻訳を手がける。主な訳書に『龍のすむ家』『エヴリデイ』『オリシャ戦記 血と骨の子』『最後のドラゴン』『ロビン・フッドの愉快な冒険』などがある。

 
■オザワミカさん

愛知県生まれ。イラストレーター。M.O.N.O.SHOP&GALLERYオーナー。「BOOKMARK」イラスト・デザイン担当。

書籍や雑誌の挿絵や装画、芝居のフライヤーなど宣伝美術を手がける。また、漫画家、イラストレーター、デザイナーなどを交えたさまざまなクリエイターのグループ展の企画も行う。

 

『翻訳者による海外文学ブックガイド BOOKMARK』刊行記念 金原瑞人さん×三辺律子さん×オザワミカさん トーク&サイン会 開催概要

■日時:2019年10月31日(木)19:00~

■場所:丸善・丸の内本店 3F 日経セミナールーム(東京都千代田区丸の内1-6-4 丸の内オアゾ)

■参加方法:丸善・丸の内本店和書売場各階カウンターにて本書を購入すると、イベント参加希望の者先着100名に整理券を配布します。

★詳細:https://honto.jp/store/news/detail_041000037947.html

 

翻訳者による海外文学ブックガイド BOOKMARK
金原 瑞人 (著, 編集), 三辺 律子 (著, 編集)

 
【関連】
honto店舗情報 – 『翻訳者による海外文学ブックガイド BOOKMARK』(CCCメディアハウス)刊行記念 金原瑞人さん×三辺律子さん×オザワミカさん トーク&サイン会

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です