本のページ

SINCE 1991

トーハンと日販が上半期ベストセラーを発表 どちらも総合1位は佐藤愛子さん『九十歳。何がめでたい』

書店取次大手のトーハンと日本出版販売(日販)が6月1日、それぞれ上半期のベストセラーランキングを発表しました。

 

総合1位は佐藤愛子さんの『九十歳。何がめでたい』


トーハンと日販どちらも2017年上半期の総合1位は佐藤愛子さんの『九十歳。何がめでたい』となりました。村上春樹さんの『騎士団長殺し』は日販では2位、トーハンでは3位となっています。

なお、上位10作品のうち9作品については、順位こそ違いますが同じ顔ぶれとなっています。

 
【2017年上半期ランキング】※トーハン・日本出版販売調べ 〔敬称略〕

順位 トーハン 日本出版販売
1位 『九十歳。何がめでたい』
佐藤愛子・著/小学館
『九十歳。何がめでたい』
佐藤愛子・著/小学館
2位 『伝道の法 人生の「真実」に目覚める時』
大川隆法・著/幸福の科学出版
『騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編、第2部 遷ろうメタファー編』
村上春樹・著/新潮社
3位 『騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編、第2部 遷ろうメタファー編』
村上春樹・著/新潮社
『蜜蜂と遠雷』
恩田陸・著/幻冬舎
4位 『蜜蜂と遠雷』
恩田陸・著/幻冬舎
『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部<特別リハーサル版>』
J.K.ローリング、ジョン・ティファニー、ジャック・ソーン・著、松岡佑子・訳/静山社
5位 『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部<特別リハーサル版>』
J.K.ローリング、ジョン・ティファニー、ジャック・ソーン・著、松岡佑子・訳/静山社
『伝道の法 人生の「真実」に目覚める時』
大川隆法・著/幸福の科学出版
6位 『どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法』
Eiko・著/サンマーク出版
『どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法』
Eiko・著/サンマーク出版
7位 『応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱』
呉座勇一・著/中央公論新社
『はじめての人のための3000円投資生活』
横山光昭・著/アスコム
8位 『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』
ケント・ギルバート・著/講談社
『応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱』
呉座勇一・著/中央公論新社
9位 『君の膵臓をたべたい』
住野よる・著/双葉社
『君の膵臓をたべたい』
住野よる・著/双葉社
10位 『はじめての人のための3000円投資生活』
横山光昭・著/アスコム
『コンビニ人間』
村田沙耶香・著/文藝春秋

※集計期間はトーハン、日販ともに、2016年11月26日~2017年5月25日。

 

トーハンでは

トーハンの発表したランキングでは、総合1位には佐藤愛子さんの『九十歳。何がめでたい』(小学館)が輝きました。昨年発売の作品ですが、メディアでの取り上げも多く、37週連続でランクイン。 著者の他の関連書も話題となり、18位には『それでもこの世は悪くなかった』(文藝春秋)も入っています。

 
文庫総合1位は湊かなえさんの『リバース』(講談社)でした。今年4月からTBSでドラマ化され、話題となっている作品の文庫化です。

文芸書1位は村上春樹さんの『騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編・第2部 遷ろうメタファー編』(新潮社)です。著者7年ぶりの長編小説の発売が話題となりました。

なお、集計ジャンルは
・総合
・文庫総合
・単行本(文芸書/ ノンフィクション・教養書他 /ビジネス書/ ゲーム攻略本/ 児童書/ 実用書)
・新書(ノベルス /ノンフィクション)
・全集
となっています。

※ランキングの詳細は http://www.tohan.jp/topics/20170601_991.html をご覧ください。

 

日本出版販売では

日販の2017年上半期ベストセラーの上位3冊は、93歳になる佐藤愛子さんの痛快エッセイ『九十歳。何がめでたい』、村上春樹氏の4年ぶりの長編小説『騎士団長殺し』、「第156回 直木賞」と「2017年本屋大賞」をダブル受賞した恩田陸氏の青春小説『蜜蜂と遠雷』です。

 
総合第1位『九十歳。何がめでたい』は佐藤愛子さんがユーモアを交えながら、歯に衣着せぬ物言いで世の中をズバっと切った痛快な内容が話題になりました。主な購買層は50~70代の女性です。

第2位の『騎士団長殺し』は「第1部 顕(あらわ)れるイデア編」と「第2部 遷(うつ)ろうメタファー編」の2巻からなる、1,000ページを超える長編小説。40~60代の男女を中心に読まれています。

第3位の『蜜蜂と遠雷』は1月の「第156回 直木賞」に続き、4月の「2017年本屋大賞」を受賞し、大きく売上を伸ばしました。購買層は40~70代の女性が中心。

第7位の『はじめての人のための3000円投資生活』はファイナンシャルプランナー・横山光昭さんによる初心者向けの投資指南本。40~60代の男女に読まれています。

第8位の『応仁の乱』は英雄不在でこれまで不人気だった戦乱を、歴史学者・呉座勇一さんが読み解き異例のヒットになりました。50~70代の男性を中心に読まれています。

 
なお、日販のベストセラー情報は、約3,000軒の書店のPOS販売データを基に、全国の書店での販売状況を総合的に勘案して作成しています。

※ランキングの詳細は http://www.nippan.co.jp/ranking/annual/ をご覧ください。

 
【関連】
2017年 上半期ベストセラー発表 | トピックス | 株式会社トーハン
年間ベストセラー | ベストセラー一覧 | 日本出版販売株式会社

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です