本のページ

SINCE 1991

”文字系コンテンツ”に特化した書店アプリ「まいどく」がリリース 「本を試しに読んでみて、気に入ったら購入する」仕組みを提供

”文字系コンテンツ”に特化した書店アプリ「まいどく」がリリース

”文字系コンテンツ”に特化した書店アプリ「まいどく」がリリース

博報堂とLink-Uは共同で、毎日無料で本が読めるアプリ「まいどく」の提供を開始しました。

「まいどく」は、これまで書店が担ってきた「本を試しに読んでみて、気に入ったら購入する」仕組みを、アプリにて提供するサービスです。ユーザーは、区切られたチャプターを、無料で毎日試し読みができて、日々楽しむことができます。その本が気に入ったら、1冊からの購入も可能です。

ジャンルは、小説、ライトノベル、実用書、ビジネス書などを、多彩に揃えており、オリジナル作品も毎月、数作品ずつ発表されます。

 

小説・実用書・ビジネス書の品揃と、スマートフォンに最適な設計で利用者に応える

昨今、生活者がデジタルメディアに接触する時間は、メディア総接触時間の49.9%を占め、中でもスマートフォン接触時間は前年比114%と増加の一途を辿っています(博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所メディア定点調査2019より)。

それに伴い書籍については、コミックを中心に購買前にためし読みが可能で、豊富な品ぞろえを売りにした電子書籍サービスが次々に生まれています。

一方で、小説・実用書・ビジネス書などの“文字系コンテンツ”についても同様のサービスに対するニーズが高まっていました。

 
今回、博報堂がLink-Uと共同で立ち上げた「まいどく」は、小説・ライトノベル・実用書・ビジネス書を中心とし、「ためし読み⇒中身が気に入ったら購入」という仕組みを提供する書店アプリです。

 
ユーザーには、3000文字相当のチャプターを無料で読むための“コイン”が24時間ごとに提供されるため、毎日気軽にためし読みを楽しむことができます。

表示スタイルは従来の電子書籍に多い「縦型」ではなく、スマホ画面と親和性の高い「横書き・縦スクロール」が採用されています。

また、「まいどく」は、歴史的ロングセラーから最新話題作まで多彩な品揃えに加え、「まいどく」が独自に発掘した作家によるオリジナル作品も毎月発表し、コンテンツの充実を図ります。

 

アプリ「まいどく」について

■対応機種:iPhone:iOS11以上/Android端末:OS5.0以上
※一部機種を除く

■利用方法:「まいどく」のアプリケーションをApp Store、もしくはGoogle Playよりダウンロードして利用できます。
◎iOS:https://apps.apple.com/jp/app/id1459607248
◎Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.linku.maidoku

 

Link-U(リンク・ユー)について

株式会社Link-U(リンク・ユー)は、2013年にエンジニアを中心として設立。自社設計のオリジナルサーバーを基軸としたデータ配信と、そのデータを適切に蓄積・分析・処理する AI ソリューションを併せてワンストップで提供するサーバープラットフォームビジネスを展開しています。

サーバーインフラ技術、データ処理技術及びコンテンツ処理技術に強みを持つサーバープラットフォームは、エンターテインメント領域で幅広く利用されています。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です