本のページ

SINCE 1991

翻訳家・金原瑞人さんが海外YA小説を語る ジョン・グリーンさん『どこまでも亀』刊行記念トークイベント開催

翻訳家・金原瑞人さんが海外YA小説を語る ジョン・グリーンさん『どこまでも亀』刊行記念トークイベント開催

翻訳家・金原瑞人さんが海外YA小説を語る ジョン・グリーンさん『どこまでも亀』刊行記念トークイベント開催

梅田 蔦屋書店では5月10日(金)19時から翻訳家・金原瑞人さんを招いて、「金原瑞人、海外YA小説を語る-ジョン・グリーン『どこまでも亀』刊行記念」トークイベントを開催します。

 

金原瑞人さんが、海外文学入門としては最適なYAについて語る

人名が難しい。遠い国の話なんてとっつきにくい。そんなイメージがつきまとう海外文学。ちょっと興味があるな、でも何を読めばいいの?さまざまな国からやって来た膨大な数の本、本、本を前にして、ついついためらっていませんか?

 
そんなあなたにおすすめなのがヤングアダルトです。ヤングアダルトとは、若者向けに書かれた読みやすい小説のこと。若者向けと言っても侮るなかれ。タイムリーな社会問題を題材にしたものも多く、大人の鑑賞に耐える作品も数多くあります。

いくら評価が高くても、いきなり難解な作品に手を出して苦手意識をつけてしまうより、まずはわかりやすく読みやすい作品を読んでみませんか?

 
翻訳家・金原瑞人さんは、サリンジャー、モームなどの古典からYA、ノンフィクションまで、幅広いジャンルの本を日本に紹介し、多数の翻訳書があります。

そんな金原さんの手がける新刊は、アメリカで若者の間に絶大な人気を誇るYA作家、ジョン・グリーンさんの新刊『どこまでも亀』。
今回は金原さんが、この新刊を中心に、海外文学入門としては最適なYAについて語ります。

 

「金原瑞人、海外YA小説を語る-ジョン・グリーン『どこまでも亀』刊行記念」トークイベント 開催概要

■会期:2019年5月10日(金)19:00~20:30(開場18:30)

■場所:梅田 蔦屋書店 4thラウンジ

■ゲスト:金原 瑞人さん

■参加費:1,000円(税込)

■定員:80名

■申し込み:梅田 蔦屋書店オンラインショッピングまたは店頭にて申し込み

■主催:梅田 蔦屋書店(http://www.kanehara.jp/

★詳細URL:https://store.tsite.jp/umeda/event/humanities/6180-0939080414.html

 

金原瑞人さん プロフィール

金原瑞人(かねはら・みずひと)さんは、1954年生まれ。岡山市出身。法政大学教授・翻訳家。

訳書は児童書、ヤングアダルト小説、一般書、ノンフィクションなど500点以上。訳書に『豚の死なない日』『青空のむこう』『国のない男』『不思議を売る男』〈パーシー・ジャクソン・シリーズ〉『さよならを待つふたりのために』『月と六ペンス』『文学効能事典』『このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる ハプワース16、1924年』など。

エッセイ集に『翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった』『サリンジャーにマティーニを教わった』など。監修に『10代のためのYAブックガイド150!』『12歳からの読書案内』など。日本の古典の翻案に『雨月物語』『仮名手本忠臣蔵』など。

 

梅田 蔦屋書店について

1,000坪をゆうに超える売場では、本だけでなく文具・雑貨、個性豊かなショップなど、あらゆるカルチャーがシームレスに繋がっており、お家のような居心地のよい時間と空間を届けます。

各ジャンルのコンシェルジュが新しい発見ができるお手伝いをする、ライフスタイル提案型のBook&Cafeです。

■住所:大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア イーレ9F
■電話番号: 06-4799-1800(代表)
■営業時間:7:00~23:00(不定休)
★ホームページ:http://real.tsite.jp/umeda/
★Facebook:https://www.facebook.com/UMEDATSUTAYABOOKS
★Twitter:https://twitter.com/umetsuta
★Instagram:https://www.instagram.com/umedatsutayabooks/
★オンラインショップ:https://shopping.geocities.jp/umd-tsutayabooks/index.html

 

どこまでも亀 (STAMP BOOKS)
John Green (原著), ジョン グリーン (著), 金原 瑞人 (翻訳)

アーザは強迫性障害に苦しむ十六歳。細菌に感染するかもしれないという考えが、一度暴走しだすと、もう止められない。親友デイジーの計画に巻き込まれ、アーザは失踪した大富豪の息子で、幼なじみのデイヴィスと再会し、デイヴィスに惹かれていくが…。

 
【関連】
【イベント】金原瑞人、海外YA小説を語る-ジョン・グリーン「どこまでも亀」刊行記念- | イベント | 梅田 蔦屋書店

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です