本のページ

SINCE 1991

『週刊少年ジャンプ』が200万部を割り込む 2017年1月~3月期の平均発行部数

日本雑誌協会が2017年1月~3月期の印刷部数の公表を行いました。少年向けコミック誌では『週刊少年ジャンプ』の平均発行部数(印刷証明付き)が1号あたり1,915,000部となっており、200万部を割り込んでいます。ちなみに、前回(2016年10~12月期)は2,005,833部で、なんとか200万部を維持していました。

 
1994年には653万部(公称)を記録したこともある『ジャンプ』ですが、当時の3分の1以下になってしまっているんですね・・・

『こちら葛飾区亀有公園前派出』『トリコ』『BLEACH』など、人気作品の連載終了なども影響したのかもしれませんが、コミック誌の発行部数の減少傾向は、『ジャンプ』に限らず、他誌も同様です。

 
【少年コミック誌2017年1月~3月期の印刷部数】〔 〕内は2016年10月~12月期の発行部数

『月刊少年マガジン』(講談社)        437,120〔466,600〕
『週刊少年マガジン』(講談社)        964,158〔986,017〕
『月刊少年シリウス』(講談社)         8,500〔8,583〕
『ウルトラジャンプ』(集英社)         41,000〔41,667〕
『週刊少年ジャンプ』(集英社)       1,915,000〔2,005,833〕
『コロコロコミック』(小学館)        763,333〔843,333〕
『サンデージェネックス』(小学館)       10,000〔10,000〕
『週刊少年サンデー』(小学館)        319,667〔323,250〕
『少年サンデー超(スーパー)』(小学館)    14,333〔12,333〕
『別冊コロコロコミックスペシャル』(小学館) 115,000〔135,000〕
『ジャンプスクエア』(集英社)        220,000〔240,000〕
『ゲッサン』(小学館)             35,000〔35,333〕
『コロコロイチバン!』(小学館)        65,000〔73,333〕
『別冊少年マガジン』(講談社)         65,333〔66,000〕

 
【関連】
一般社団法人 日本雑誌協会 – 印刷部数公表

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です