本のページ

SINCE 1991

大和和紀さん『あさきゆめみし』カラー原画がメトロポリタン美術館「源氏物語展」にて展示 英語版コミックも世界180か国以上で配信へ

(C)大和和紀/講談社

(C)大和和紀/講談社

大和和紀さんによる『あさきゆめみし』のカラー原画がニューヨークのメトロポリタン美術館にて展示されます。

同美術館では3月5日から6月16日までの約3カ月間、北米最大となる源氏物語展(The Tale of Genji: A Japanese Classic Illuminated)を開催。期間中、同作品の貴重な原画が一度に7点づつ、計14点展示される予定です。

 

『あさきゆめみし』カラー生原画が海を越えてニューヨークにて初お披露目!

『あさきゆめみし』は大和和紀さんの代表作の一つで、1979年に月刊『mimi』(講談社)で連載が開始され、14年をかけて完結に至りました。

同作品は、古典「源氏物語」を題材に扱った作品で、光源氏の恋愛模様を描いています。宇治十帖を含む「源氏物語」54帖を忠実に描いており、古典の教材としても利用されているロングセラー作品で、累計発行部数1,700万部を達成。

また物語の魅力や歴史書物としての読みやすさ以外に、艶やかで繊細なイラストも際立ち、華やかな平安文学の世界を見事に描ききっています。

 
デビュー53年目を迎える今年、これらの貴重な生原画がアメリカニューヨークにて初お披露目されます。

大和和紀さんにとってアメリカでの原画展示は今回が初となり、北米最大のメトロポリタン美術館でも漫画の原画展示は初となります。

またこれに合わせて、『あさきゆめみし』の英語版発売も決定。2月26日よりデジタル書籍にて日本を除く全世界180か国以上にて配信される予定です。

さらに、この展示期間中に同美術館の大ホールにて大和さんをゲストに迎えた対談も開かれます。

 
■展示会「The Tale of Genji: A Japanese Classic Illuminated」について

◎会場:ニューヨーク メトロポリタン美術館
◎会期:2019年3月5日(火)~6月16日(日)
◎営業時間:午前10時~午後5時30分(金、土は午後9時まで)
◎美術館入場料:一般25ドル、シニア17ドル、学生12ドル 12歳以下はフリー
◎URL:https://www.metmuseum.org/exhibitions/listings/2019/tale-of-genji

 
■英語版コミック『The Tale of Genji: Dreams at Dawn』(全10巻)について

◎著:大和和紀さん
◎発売日:2019年2月26日(火)
◎出版社:Kodansha Advanced Media
◎日本を除く全世界にて販売予定。

 

大和和紀さん プロフィール

大和和紀(やまと・わき)さんは、3月13日生まれ。札幌市出身。魚座/O型。

1966年、『週刊少女フレンド』に掲載された『どろぼう天使』でデビュー。『はいからさんが通る』で第1回講談社漫画賞を受賞。

「源氏物語」を基に描いた『あさきゆめみし』は、少女漫画の枠を超えて高い評価を得ている。他に『ヨコハマ物語』『N.Y.小町』『ベビーシッター・ギン!』『紅匂ふ』など人気作多数。

 

源氏物語 あさきゆめみし 完全版(1) (Kissコミックス)
恋した人は、義理の母。光源氏(ひかるげんじ)を生涯苦しめる、許されぬ恋が始まる。多くの女性と恋に堕ちた光源氏の恋物語は、藤壺(ふじつぼ)の宮(みや)への恋から始まった。相手は父の妻、そして義母。しかし源氏は、決して越えてはならない一線を、踏み越えてしまうのだった……。今こそ読みたい、極上ロマンス! 雑誌掲載時のカラー原稿を初めて完全再現した、全巻合計120ページのカラーで魅する大和源氏絵巻!!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です