本のページ

SINCE 1991

【第4回創元ファンタジイ新人賞】松葉屋なつみさん『沙石の河原に鬼の舞う』が受賞

東京創元社は2月1日、第4回創元ファンタジイ新人賞の受賞作を発表しました。

 

第4回創元ファンタジイ新人賞の受賞作および優秀賞が決定!

第4回創元ファンタジイ新人賞には140編の応募があり、編集部による一次選考、二次選考を経て、6作品が最終候補作に選ばれました。

1月30日に開催された最終選考会では、最終候補作について井辻朱美さん、乾石智子さん、三村美衣さんの三選考委員による選考が行われ、次の通り受賞作が決定しました。

 
■新人賞
松葉屋なつみ(まつばや・なつみ)さん
『沙石の河原に鬼の舞う』

■優秀賞
深野ゆき(ふかの・ゆき)さん
『門のある島』

 
※選考経過等の詳細は『ミステリーズ!vol.94』(2019年4月刊)に掲載されます。

 
なお、最終候補作品は以下の6作品でした。

【最終候補作品】
◎稲座さくらさん 『予祝の森』
◎和田正宗さん  『夜の彼女』
◎深野ゆきさん  『門のある島』
◎梨田いつきさん 『銀蝋記』
◎平島摂子さん  『昇龍天へ還る』
◎松葉屋なつみさん『沙石の河原に鬼の舞う』

 

創元ファンタジイ新人賞について

創元ファンタジイ新人賞は、東京創元社が主催し、長編ファンタジイ作品を公募する新人文学賞です。
2014年に東京創元社の創立60周年を記念して創設。賞金は印税全額とし、受賞作は東京創元社から刊行されます。

なお、同賞は2019年8月31日応募締切の次回(第5回)をもって休止となります。

 
【関連】
創元ファンタジイ新人賞 | 東京創元社

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です