本のページ

SINCE 1991

佐野徹夜さん『君は月夜に光り輝く』第2弾刊行 永野芽郁さん主演で映画化、loundrawさん画集、マツセダイチさんコミックスも

『君は月夜に光り輝く +Fragments』表紙

『君は月夜に光り輝く +Fragments』表紙

永野芽郁さん主演で映画化も決定している、佐野徹夜さん著『君は月夜に光り輝く』(メディアワークス文庫)の第2弾となる『君は月夜に光り輝く +Fragments』が、KADOKAWAより2月23日に刊行されます。

さらに2月28日には、3月15日公開の映画『君は月夜に光り輝く』の劇場公開に合わせて企画された、原作のイラストを担当する人気クリエイター・loundrawさんの画集『夜明けより前の君へ featuring 君は月夜に光り輝く』も発売されます。

また、『ダ・ヴィンチ』にて連載中のコミカライズ版『君は月夜に光り輝く』上巻が2月22日に発売されます。

 

『君は月夜に光り輝く』第2弾刊行! 映画化やコミカライズなどのメディアミックス展開も

小説『君は月夜に光り輝く』は、大切な人の死から、少しだけなげやりに生きている高校生・岡田卓也(おかだ・たくや)と、月の光を浴びると体が淡く光る不治の病「発光病」にかかった余命わずかのクラスメイト・渡良瀬まみず(わたらせ・まみず)との交流を描いたラブストーリーです。

著者・佐野徹夜さんのデビュー作である本作は、日本最大級の小説公募新人賞「第23回電撃小説大賞」で審査員から高い評価を受け、《大賞》を受賞。審査員ほか、多くの作家から絶賛され、2017年2月の発売以来“圧倒的な感動作”として、幅広い世代に読まれているベストセラーです。2019年1月現在、『君は月夜に光り輝く』は発行部数30万部を突破。また、映画化やコミカライズなどのメディアミックス展開もされています。

 
『君は月夜に光り輝く +Fragments』では、前作『君は月夜に光り輝く』で語られなかったエピソードや、卓也をはじめ、卓也の友人・香山の「その後」が描かれます。

人気クリエイター・loundraw(ラウンドロー)さんがイラストを担当。繊細なイラストが物語に彩りを添えます。

 
そして、小説『君は月夜に光り輝く』を原作とした映画『君は月夜に光り輝く』が、3月15日(金)より劇場公開となります。

永野芽郁(ながの・めい)さんと北村匠海(きたむら・たくみ)さんのW主演で、若手俳優陣の中でも抜群の演技力を持つ2人が、確実に迫りくる死に向き合いながらも「人生の質」を求めることを選択し、強く美しく生きる高校生を瑞々しく演じます。

 
2月には文庫の発売のほか、『君は月夜に光り輝く』のイラストを担当したloundrawさんの画集『夜明けより前の君へ featuring 君は月夜に光り輝く』が2月28日(木)に、『ダ・ヴィンチ』にて連載中のコミカライズ版『君は月夜に光り輝く』上巻が2月22日(金)に発売される予定です。

 

佐野徹夜さん コメント

「物語が終わったあとも人生は続きます。
そんな人生の一瞬の光を切り取ったような本になりました。
登場人物たちのその後の人生に興味がある方は、ぜひ読んでみてください。
よろしくお願いします。」

 

佐野徹夜さん プロフィール

著者の佐野徹夜(さの・てつや)さんは、同志社大学文学部卒業。『君は月夜に光り輝く』で第23回電撃小説大賞《大賞》を受賞。メディアワークス文庫より刊行された同作は大ヒットを記録し、一躍、青春小説の旗手として注目される。

愛と再生の感動ラブストーリー『この世界にiをこめて』、高校生たちのリアルな青春を描いた『アオハル・ポイント』(いずれもメディアワークス文庫)が発売中。

 

『君は月夜に光り輝く』概要

『君は月夜に光り輝く』表紙

『君は月夜に光り輝く』表紙

■『君は月夜に光り輝く』あらすじ

大切な人の死から、どこかなげやりに生きてる僕。高校生になった僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた。月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。彼女の名前は、渡良瀬まみず。
余命わずかな彼女に、死ぬまでにしたいことがあると知り……
「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」
「本当に?」
この約束から、止まっていた僕の時間がふたたび動きはじめた――。

 
■『君は月夜に光り輝く +Fragments』あらすじ

僕は今でも君が好きだよ――映画化も決定、あの感動作が再びよみがえる!
不治の病「発光病」の少女・まみずと、彼女の願いを代行する卓也の感動ラブストーリー。
本編では語られなかったエピソードや、少しだけ大人になった香山と卓也の書き下ろし等、「その後」を知ることができる続編がついに登場。

★『君は月夜に光り輝く』特設サイト:http://mwbunko.com/special/kimitsuki/

 

映画『君は月夜に光り輝く』について〔敬称略〕

(c)2019「君は月夜に光り輝く」製作委員会

(c)2019「君は月夜に光り輝く」製作委員会

■映画『君は月夜に光り輝く』キャスト・スタッフ

◎出演:永野芽郁、北村匠海/甲斐翔真、松本穂香、今田美桜、優香、生田智子、長谷川京子、及川光博
◎監督・脚本:月川翔(『君の膵臓をたべたい』『センセイ君主』ほか)

■公開:3月15日(金)より全国東宝系劇場にて

★公式サイト:https://kimitsuki.jp/

 

loundrawさんの全軌跡を収めた最新決定版画集『夜明けより前の君へ featuring 君は月夜に光り輝く』が2/28発売!

『夜明けより前の君へ featuring 君は月夜に光り輝く』表紙

『夜明けより前の君へ featuring 君は月夜に光り輝く』表紙

3月15日公開の映画『君は月夜に光り輝く』の原作小説でイラストを担当した人気クリエイター・loundraw(ラウンドロー)さんの画集『夜明けより前の君へ featuring 君は月夜に光り輝く』が、2月28日にKADOKAWAより発売されます。

 
『夜明けより前の君へ featuring 君は月夜に光り輝く』は、映画『君は月夜に光り輝く』の劇場公開に合わせて企画された画集で、loundrawさんの個展「夜明けより前の君へ」で発売され即完売となった図録集に新作イラストなども収録した決定版として刊行。また、画集の刊行決定に伴い、映画のためにloundrawさんが特別に描き下ろしたイラストも収録されます。

描き下ろしイラストは、クランクインに先駆けて、映画サイドよりloundrawさんに映画オリジナルのイラストの制作を依頼。loundrawさんが脚本を読み、感じたことを同氏の解釈で表現したイメージイラストが完成しました。

まみずと卓也が手を取り合う多幸感に満ちたイラストは台本の表紙に起用されることに。作品のイメージを共有したことで、永野芽郁さん・北村匠海さんをはじめとした映画キャスト・スタッフ全員が一体感を持って撮影に打ち込むことができたというエピソードも。さらに、このイラストに感銘を受けた月川監督がインスピレーションを受けて撮影されたシーンも映画に登場します。

 
画集『夜明けより前の君へ featuring 君は月夜に光り輝く』には、イラストのほか、loundrawさんがイラストを手掛けた小説『君は月夜に光り輝く』の原作者・佐野徹夜さんとのクロストークや、映画『君は月夜に光り輝く』の劇場公開を記念した月川監督とloundrawさんとの対談なども収録されます。

映画『君は月夜に光り輝く』オリジナルイラスト(左)と、イラストに喚起されて撮影された映画シーン(右)(c)2019「君は月夜に光り輝く」製作委員会

映画『君は月夜に光り輝く』オリジナルイラスト(左)と、イラストに喚起されて撮影された映画シーン(右)(c)2019「君は月夜に光り輝く」製作委員会

 
<『夜明けより前の君へ featuring 君は月夜に光り輝く』発売にあたってのコメント>

◆イラストレーター:loundrawさん
「この度、画集を発売させていただくことになりました。
絵は僕を遠くまで連れて来てくれました。それは夢のようであると同時に、自分自身を見つめ直す時間だったと思います。個展「夜明けより前の君へ」から早1年、“君月”の劇場化に合わせてまた新たなきっかけをもたらしてくれた作品たちに感謝をしなければなりません。改めて過去を懐かしみ、未来への決意を込めました。
何卒、よろしくお願い致します。」

◆映画監督:月川翔さん
「loundrawさんの原画展には初日に駆けつけるほど、彼の絵に興味を持っていました。光とフォーカスを効果的に使って対象を際立たせる絵…と言葉にしてしまうと消えてしまいそうなほど、繊細に描きだされるムード、ニュアンスに心惹かれているのです。これまで彼が表紙のイラストを描いた小説を2作品(『君の膵臓をたべたい』『君は月夜に光り輝く』)映画化してきましたが、その絵からインスピレーションを得たショットもあります。『君は月夜に光り輝く』では、小説の表紙とは別に映画のための描き下ろしイラストも描いていただき、台本の表紙にもなりました。これもまた想像力を掻き立てられる絵で、映画本編にもそのニュアンスが刻み込まれています。」

 
<画集『夜明けより前の君へ featuring 君は月夜に光り輝く』概要>

◎仕様:A4判並製 オールカラー112ページ
◎定価:本体2,700円+税
◎書店発売日:2019年2月28日(木)
◎発行:株式会社KADOKAWA
◎内容
 ・メディアワークス文庫『君は月夜に光り輝く』原作者・佐野徹夜さん&loundrawさんクロストーク
 ・loundrawさん活動録全記録(2017年後半から最新までを一挙更新)
 ・月川監督×loundrawさん対談

 
<loundrawさん プロフィール>

1994年生まれ、福井県出身。10代からイラストレーターとして活躍し、小説の装画では『君の膵臓をたべたい』『君は月夜に光り輝く』をはじめ数々の大ヒット作を手掛ける。

その他にも、マンガ『あおぞらとくもりぞら』の連載や、自主制作アニメーション『夢が覚めるまで』(再生回数110万以上)、アーティスト集団・CHRONICLEでの音楽活動など、ラストの垣根を越え、様々な分野で活躍する。

2017年9月に自身初の個展「夜明けより前の君へ」を開催。

 

マンガ家・マツセダイチさんが完全コミカライズ!

『君は月夜に光り輝く (上)』表紙

『君は月夜に光り輝く (上)』表紙

<コミックス『君は月夜に光り輝く (上)』概要

■著者:マツセダイチさん
■原作:佐野徹夜さん
■キャラクターデザイン:loundrawさん

■定価:本体650円+税

■書店発売日:2019年2月22日(金)

■発行:KADOKAWA

■内容
卓也は「発光病」で入院するクラスメイト、渡良瀬まみずと出会う。彼女には死ぬまでにしたいことがあり――。
原作小説の感動を、マンガ家・マツセダイチさんが完全コミカライズ。

 

君は月夜に光り輝く (メディアワークス文庫)
選考に関わる全ての人の心を震わせた、第23回電撃小説大賞≪大賞≫受賞作

この圧倒的感動に、山口幸三郎、綾崎隼も大絶賛!
読む人すべての心をしめつけ、4,878作品の頂点に輝いた、最高のラブストーリーがここに――。

 
君は月夜に光り輝く +Fragments (メディアワークス文庫)
僕は今でも君が好きだよ――映画化も決定、あの感動作が再びよみがえる!

不治の病「発光病」で入院したままの少女・渡良瀬まみず。余命ゼロの彼女が、クラスメイトの僕・岡田卓也に託したのは「最期の願い」の代行だった。限られた時間を懸命に生きた、まみずと卓也の物語の「その後」とは――。
「僕は今でも君が好きだよ」少しだけ大人になった卓也と、卓也の友人・香山のそれぞれが描かれていく。他、本編では語り尽くせなかった二人のエピソードも収録。
生と死、愛と命の輝きを描き、日本中を感動に包み込んだ『君月』ワールドが再び。

 
夜明けより前の君へ featuring 君は月夜に光り輝く
時代を切り開くクリエイターloundrawの全軌跡をつづった最新決定版

イラスト、漫画、アニメ、小説など多岐に亘り創作を行うloundraw。発売即完売となった個展図録集が、原作小説の装画を手掛けた『君は月夜に光り輝く』の劇場公開に併せて、最新イラストやスペシャルインタビューをはじめとした改定版で蘇る。
『君は月夜に光り輝く』原作者・佐野徹夜との対談と書き下ろし小説、また映画を手掛けた月川翔監督との対談も収録。

 
【関連】
佐野徹夜『君は月夜に光り輝く』特設サイト | メディアワークス文庫公式サイト
映画『君は月夜に光り輝く』公式サイト

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です