本のページ

SINCE 1991

【このマンガがすごい!2019】石黒正数さん『天国大魔境』と鶴谷香央理さん『メタモルフォーゼの縁側』が1位

マンガ好きが選ぶ「今読むべきマンガ」をランキング形式で発表する『このマンガがすごい! 2019』が12月11日に宝島社より発売されました。なお、今回は2017年10月1日から2018年9月30日に発売された作品を対象としています。

 
「このマンガがすごい!2019」の今年のオトコ編は、石黒正数さんの『天国大魔境』が1位となりました。

石黒正数(いしぐろ・まさかず)さんは、1977年生まれ。福井県出身。アニメ化もされた『それでも町は廻っている』で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞と星雲賞コミック部門を受賞。本作は18年ぶりとなる『アフタヌーン』連載作品。

 
また、オンナ編の1位は、鶴谷香央理さんの『メタモルフォーゼの縁側』でした。

鶴谷香央理(つるたに・かおり)さんは、1982年生まれ。富山県出身。2007年「おおきな台所」でデビュー、 同作品で第52回ちばてつや賞・準大賞を受賞。「コミックNewtype」で『メタモルフォーゼの縁側』を連載中。第1巻は発売即重版。11月に『メタモルフォーゼの縁側』第2巻と『don’t like this』を同時しています。

 
なお、『天国大魔境』の版元・講談社では、コミックDAYSにおいて、石黒正数さんの試し読み大増量などの【超祝福キャンペーン】(https://comic-days.com/blog/entry/konomanga2019)の展開や【石黒正数スペシャルインタビュー!!&石黒正数が選ぶ「この講談社マンガがすごい!」5選】(https://comic-days.com/blog/entry/konomanga2019_interview)の掲載を行っています。

KADOKAWAでは、『メタモルフォーゼの縁側』の作品PV公開中を公開中です。ナレーションは梶裕貴さん。

 

このマンガがすごい! 2019
700人以上のマンガ好きが選ぶ「今読むべきマンガ」をランキング形式で大発表!
500冊以上のマンガを徹底ガイドします。
もちろん、毎年恒例の1位作家インタビュー&描き下ろしカラーイラストのほか、オトコ編・オンナ編の各50位までの徹底レビューも大充実。
岩本ナオ、石黒正数、板垣巴留、吟鳥子など20名以上の人気漫画家のコメント、佐藤栞里、ヒャダイン、ひょっこりはん、桃月なしこ、四千頭身など、著名人の選評も見逃せません。今年も見どころ満載です。

 
天国大魔境(1) (アフタヌーンKC)
美しい壁に囲まれた世界で暮らす子供たち。少年・トキオはある日、「外の外に行きたいですか?」というメッセージを受け取る。一方、外では、マルとおねえちゃんがサバイバル生活をしながら、天国を求めて、魔境となった世界を旅している。未来の日本を「あね散歩」。二つの世界を縦横無尽に行き来する、超才・石黒正数最新作、極大スケールでスタート!!

 
メタモルフォーゼの縁側(1) (カドカワデジタルコミックス)
ふと立ち寄った書店で老婦人が手にしたのは1冊のBLコミックス。75歳にしてBLを知った老婦人と書店員の女子高生が織りなすのは穏やかで優しい、しかし心がさざめく日々でした。

 
【関連】
【公式発表!】『このマンガがすごい!2019』 第1位! オトコ編は『天国大魔境』、オンナ編は『メタモルフォーゼの縁側』 | このマンガがすごい!WEB

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です