気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『こうして店は潰れた』 地域土着スーパー「やまと」の教訓

小林久さん著『こうして店は潰れた 地域土着スーパー「やまと」の教訓』

小林久さん著『こうして店は潰れた 地域土着スーパー「やまと」の教訓』

2017年12月に突然閉店に追い込まれ、破産申請した山梨県のローカルスーパー「やまと」の元経営者・小林久さんによる書籍『こうして店は潰れた 地域土着スーパー「やまと」の教訓』が、株式会社商業界より刊行されました。

 

当事者が語る“生きた教訓”がここに!

業界でも先んじて移動販売車を走らせて“買物難民”を救い、レジ袋の有料化を推進し、生ゴミの堆肥化に取り組み、ホームレスを雇用し、地元の要請に応えてシャッター通りとなった中心商店街へあえて出店するなど、数々の斬新な取り組みで地域に貢献し、地元から愛された「スーパーやまと」。

その商売のあり方は、競合他社の多くがうたう“地域密着”というありきたりな表現では言い尽くせないほど生活者本位であり、まさに“地域土着”ともいうべきものでした。

三代目となる筆者は、やまとの経営を合理化し、さまざまな地域貢献活動を行い、また若くして山梨県の教育委員長を務めるなど、弱きを助け強きをくじく「やまとマン」という愛称で、多くの地域住民から愛される存在でした。

スーパーやまとは、1912年、山梨県韮崎市に鮮魚店として創業。後にスーパーマーケットに業態転換し、最盛期には16店舗、64億4,300万円を売り上げました。しかし、そのやまとが2017年12月、突然その105年の歴史に幕を閉じました。

 
近年は競合激化により業績を落としていたものの、不断の努力で回復基調にあった矢先の倒産劇。そこには誰の、どんな思惑があったのでしょうか?やまとはなぜ倒産に追い込まれたのでしょうか?

本書は、地方商業のリアルな現場で戦い抜いてきた著者だからこそ書ける回顧録であり、これからの日本の地方経済、地方行政のあり方を考える上でも必読の内容です。

「私ができなかった地域への恩返しを、読んでいただいた誰かに、同じ過ちを繰り返すことのないように託したい」と筆者は言います。そこには当事者だからこそ語れる“生きた教訓”があります。

 

本書の目次

はじめに 「負け犬の遠吠え」にこそ宿る真実

第1章 師走商戦の某日、やまと突然の撃沈!
 やまと沈没の瞬間
 倒産劇は一本の電話から
 最悪の中でも最善の方法
 運命のときまでの数時間
 朝刊一面トップでの報道
 あたたかい言葉のオンパレード
 ライフライン喪失で湧き起こる悲鳴
 救世主か? 乗っ取り屋か?

第2章 三代目の若造社長、復活をかけ改革断行
 県外大手スーパー進出に激震走る
 県内大手スーパーからの買収話
 競合激化で経営状況は暗転
 赤字脱却を目指して改革断行
 「月夜の晩ばかりではないぞ……」
 公正で公平な職場環境を整備
 継承2期目で実現した黒字転換
 方向を決めた個人スーパー倒産の記事

第3章 誰かが喜ぶなら、迷わず即断即行
 「家庭の生ゴミ仕入れます!」
 全国ネットのテレビ番組に登場
 地域密着を超えて「地域土着」へ
 舞い込んだレジ袋有料化計画
 マイバッグ無料配布とレジ袋下取り
 有料レジ袋を実質無料にする
 環境保護で儲けてはいけない
 貧困家庭へ食料品支援
 ホームレスを正社員として採用
 失踪先からの一通の手紙
 障がい者を雇用するとは
 正義の味方「やまとマン」誕生

第4章 頼まれたら、選挙以外は断らない
 発祥の地からの出店要請
 「移動スーパーやまと」発進!
 続々と届くやまとマンへのSOS
 クレームの最初の窓口は社長
 やまとばかりでロケが行われた理由
 激安大盛り弁当に活路求める
 爆発的ヒットとなった298円弁当
 東日本大震災でも一番乗り
 ヴァンフォーレ甲府応援どんぶり誕生!
 ポイントカードは貴重な個人情報

第5章 夢の街への出店で、見えたもの学んだこと
 夢の街からの出店要請
 やまと甲府銀座店開店
 請われて出店したものの……
 商店街で商売をするとは
 巨大モール増床計画の見返り
 新たな起爆剤登場でお払い箱に

第6章 正義の味方やまとマン、教育委員長になる
 将来の夢は金八先生だった
 教育委員日誌◯月◯日「また会える?」
 教育委員日誌□月□日「震災を乗り越えて3年目の春」
 教育委員日誌△月△日「贈る言葉」

第7章 やまと航海、終わりの始まり
 おんぶ日傘ながら不憫な幼少期
 駄目なものは駄目、子どもに示しがつかない
 赤字でも店を閉めない大切な基準
 取引銀行との丁丁発止
 そうは問屋が卸さない
 仕入先からの強い要求
 見えてきた光明……

第8章 生かされている身の上、感謝と恩返しで生きる
 広がるやまとマン支援の輪
 順調な元従業員の再就職
 自己破産で起きたこと
 静かな債権者集会
 大丈夫! 心配ない! なんとかなる!
 やまとマンからの伝言

あとがき これからも、やまとマンは断じて滅びず

 

株式会社やまと元代表取締役社長・小林久さん プロフィール

著者の小林久(こばやし・ひさし)さんは、1962年生まれ。山梨県韮崎市出身。1912年(大正元年)創業の「スーパーやまと」の三代目として育ち、明治大学を卒業後「いちやまマート」に入社。

青果担当で修業した後、家業である株式会社やまとへ入社。39歳で代表取締役社長に就任すると、経営改善に着手。赤字経営をV字回復させた。

民生分野では県の教育委員長も務め、学校などで講演会は300回を超える。2017年12月に破産を申請。翌年3月、甲府地裁にて破産宣告を受けた。妻、放送局勤務の長女、デザイナーの次女の4人家族。

 

こうして店は潰れた: 地域土着スーパー「やまと」の教訓
2017年12月6日早朝、倒産劇は一本の電話から始まった。
「やまとが今日倒産するという話が市場で出ている!本当なのか?」
「社長、今日納品予定の商品が入ってきません!」
「社長、魚屋からも納品がありません!」「米問屋が売場から商品を引き揚げています!」

“地域土着”を信条に、地域の人々の暮らしを支えるために移動スーパーを走らせ、頼まれればシャッター街へも出店した。
住民から熱烈に愛され、最盛期には16店舗、64億を売り上げたスーパーやまとは、なぜ倒産しなければならなかったのか?

三代目で元社長の著者による、“倒産ドキュメンタリー”。
当事者だけが語ることのできる生きた「教訓」が、そこにある。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です