気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『コミュニケーションの強化書』これであなたも「コミュ障」から「コミュ匠」へ!「伝え方」や「見た目」を改善する前に絶対必要なこととは?

篠崎晃一さん監修、くまごろう&アソシエイツ著『コミュニケーションの強化書』

篠崎晃一さん監修、くまごろう&アソシエイツ著『コミュニケーションの強化書』

東京女子大学教授・篠崎晃一さん監修、くまごろう&アソシエイツ著『コミュニケーションの強化書』が、主婦の友社より刊行されました。

 

観察力と想像力が効く!

「初対面が苦手」「なかなか人に話を聞いてもらえない」、あるいは、「最初はうまくいっているのに、そのうちに何となく相手が距離を置き始めることがある」等々、「コミュニケーションが苦手で、何となく自分はうまくいっていない」という自覚はありませんか?

 
コミュニケーションについての実用書は、いま山ほど書店に並んでいます。ビジネス本の棚、自己啓発本の棚、モテ本の棚、あるいは日本語論についての本棚等々。自分にぴったり合うコミュニケーション術の本は、いったいどういうものかわからない人も多いのでは?

 
■コミュニケーションの第一歩は、「話しかける(アウトプット)」ではありません!

人に話しかけるときは、相手がいま自分の話を聞ける状態かどうか、最初に「観察する(インプット)」こと。その第一歩を飛ばすから、あとが続かないのです。それどころか、相手に「感じが悪い」と思われてしまいます。

コミュニケーションで距離を詰め、プラス方向に関係を構築するつもりが、実はどんどんマイナス方向に積み上げてしまう。本書では、そんな“感じ悪い貯金”の実例を楽しいイラストで紹介しています。

「自分語り」の人は、知らないうちに嫌がられている。

「自分語り」の人は、知らないうちに嫌がられている。

 
■大事なのは「相手に興味を持つ」「相手の話を聞こうとする」、あなたの心の持ちよう

コミュニケーションの“匠”の技は「丁寧なあいづち」や「所作」の一つ一つにあります。本書でもそのディテールが詳しく紹介されています。

すぐにできるそれらを、一つ一つ実践することは大切です。でも、もっと大事なのは、「相手に興味を持つ」「相手の話を聞こうとする」あなたの心の持ちようではないでしょうか。

視線を外す、視線を交わす。そのメリハリが効く。

視線を外す、視線を交わす。そのメリハリが効く。

 
■コミュニケーションのキモは、相手に合わせたオーダーメイドのやりとり

その第一歩は、「話しかける(アウトプット)」を我慢して「観察する(インプット)」に徹すること。本書はそれらに着目した初めてのコミュニケーション本となっています。

監修は日本語の達人・篠崎晃一さん、書き手は交渉の達人・くまごろう&アソシエイツです。電子版では「悪例に学ぶ」メールも収録、クスッと笑いつつ、すぐに真似が出来るお手本が収録されています。

ヘンな日本語使い(さ入れ)は、信頼感を低下させる。

ヘンな日本語使い(さ入れ)は、信頼感を低下させる。

 

本書の構成

序 章:知らないうちに《感じ悪い貯金》をしていませんか?

第1章:《コミュニケーションの匠》になる10の原則

第2章:実のない話で《場》を温める

第3章:相手を知ろうとする

第4章:実践 相手に合わせて投げ返す

第5章:実践 ビジネスの現場で好感度を失わないコツ

第6章:実践 あなたを《アップグレード》する言葉遣い・言葉選び

 

著者プロフィール

■監修:篠崎晃一さん

東京女子大学教授。専門は方言学、社会言語学。

著書に『誤解されやすい方言小辞典』(三省堂)、共著に『出身地(イナカ)がわかる方言』(幻冬舎)、監修に『ウソ読みで引ける難読語辞典』(小学館)、『マンガで気づく日本人でも知らない日本語』(主婦の友社)、編集主幹として『例解新国語辞典』(三省堂)など多数。

 
■著者:くまごろう&アソシエイツ

特定行政書士、民間型ADR調停人、企業セミナー講師、進学塾講師などで構成。今回は、ミュニケーション・スキル研究+作文指導+スピーチ指導のメンバーによる執筆。

 

コミュニケーションの強化書
自分のことを相手に分かってもらいたい。
伝えたいことがある。
でも何だかうまくいかない。
足りないのはコミュニケーション・スキル?

ちょっと待って。

自分のことを分かってもらおうと思ったら、まず自分のことを脇に置くことが大事。
相手を観察。相手はいま、自分の話を聞いて理解出来る状況かどうか想像します。
コミュニケーションは、そこからスタートします。

このプロセスをすっ飛ばすから、うまくいかないだけでなく、「何だか感じが悪い」ことになってしまうのです。

大切なのは、観察力と想像力。
そして、自分が話す前に、先に相手に話してもらい、それを聞く忍耐力です。
相手をリスペクトし、丁寧に言葉を投げ返す。
《コミュ障》から《コミュ匠》へ、この本がご案内します。

★電子書籍版には『特別収録』原稿があります。
・序章-6
知らないうちに《感じ悪い》貯金をしている? これは避けたい「返事と相槌」の実例
・第1章-11
人見知りをしがち、という自覚があるかたに これで大丈夫! な技をご紹介
・第5章-8
知らないうちに《感じ悪い》貯金をしている? 「他山の石」としたい悪文メールの実例
・コラム
《コミュ匠》への道=カタカナ使いはほどほどに

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です