本のページ

SINCE 1991

楽天ブックスが「ビジネスパーソンの読書の実態調査」 1日に1時間以上本を読んでいる割合が多かったのは「副業経験者」と「起業経験者」

楽天が運営するオンライン書店「楽天ブックス」は、全国のビジネスパーソン1,000人を対象に、「ビジネスパーソンの読書の実態調査」を実施しました。

今回、ビジネスパーソンに起業、副業、転職の経験を聞き、さらにビジネス書との関係にも焦点を当て、ビジネスパーソンの読書の実態に迫っています。

 

ビジネスパーソンの53.4%が「転職経験者」。「起業経験者」は7.6%、「副業経験者」は17.3%

「終身雇用」「年功序列型賃金」といった従来の日本的な働き方が見直されつつある中、最近のビジネスパーソンはどのようなキャリアを積んでいるのでしょうか。

「起業」「副業」「転職」それぞれについて経験の有無を聞いたところ、回答者の半数以上(53.4%)が転職を経験しており、「副業経験者」は17.3%、「起業経験者」は7.6%でした。

 

1日に1時間以上本を読んでいる「副業経験者」は19.1%、「起業経験者」は14.5%。忙しい朝にも本を読む時間を捻出している姿が明らかに

日々多忙な現代のビジネスパーソンですが、1日の読書時間を聞いたところ、全体では「15分未満」と回答した人の割合が最多で39.4%、「15分~30分未満」が26.7%、「30分~1時間未満」が22.3%、「1時間以上」が11.6%でした。

また、起業・副業・転職それぞれの経験がある人と、いずれの経験もない人で比較してみると、「1時間以上」本を読んでいると回答した割合が最も高かったのは「副業経験者」でした。詳細に見ていくと、「副業経験者」で1日の読書時間が「15分未満」と回答した人は27.7%で最も少なく、「15分~30分未満」が27.2%、「30分~1時間未満」が26.0%、「1時間以上」は19.1%でした。

また、1日の読書時間が「1時間以上」と回答した割合が二番目に高かったのは「起業経験者」でした。「起業経験者」の詳細を見ていくと、「15分未満」と回答した人が30.3%、「15分~30分未満」が25.0%、「30分~1時間未満」が30.3%、「1時間以上」は14.5%でした。

なお、「いずれの経験もない人」では、「15分未満」と回答した人が45.8%に上り、半数近くの人の1日の読書時間が15分を下回っていました。

慌ただしい日々の中、読書時間はどうやって捻出しているのでしょう。読書をしているシーンについて聞いたところ、最も多かったのは、全体の半数以上(54.5%)が選択した「入浴後~就寝までの時間」でした。

ただ、1日に1時間以上読書をしているという回答が多かった「副業経験者」と「起業経験者」は、朝に読書時間を確保している人も比較的多いことが分かりました。

「起床~朝食までの時間」に読書をすると回答した人を見ると、「副業経験者」は8.1%、「起業経験者」は9.2%で、「いずれの経験もない人」は1.8%でした。「朝食中」に読書をすると回答した「副業経験者」は6.4%、「起業経験者」は7.9%、「いずれの経験もない人」は0.8%で、「朝食後~家を出るまでの時間」に読書をすると回答した「副業経験者」は8.1%、「起業経験者」は11.8%、「いずれの経験もない人」は1.3%でした。寸暇を惜しんで忙しい朝にも読書時間を確保する「副業経験者」と「起業経験者」の姿が見てとれました。

 

ビジネスパーソンが読んでいる本のジャンル、トップ5は「小説・物語」(64.3%)、「ビジネス書」(28.0%)、「漫画」(27.1%)、「ノンフィクション・エッセイ」(25.8%)、「歴史・地理」(24.8%)

普段読んでいる本のジャンルを聞いたところ、全体のトップ5は「小説・物語」(64.3%)、「ビジネス書」(28.0%)、「漫画」(27.1%)、「ノンフィクション・エッセイ」(25.8%)、「歴史・地理」(24.8%)でした。

それぞれの回答を見ると、「起業経験者」は「小説・物語」(53.9%)、「ビジネス書」(42.1%)、「歴史・地理」(30.3%)が、「副業経験者」は「小説・物語」(63.0%)、「ビジネス書」(45.1%)、「ノンフィクション・エッセイ」(37.0%)が、「転職経験者」は「小説・物語」(68.5%)、「ノンフィクション・エッセイ」(30.5%)、「ビジネス書」(29.2%)が、「いずれの経験もない人」は「小説・物語」(60.5%)、「漫画」(27.5%)、ビジネス書(24.9%)がそれぞれトップ3となりました。

「歴史・地理」のジャンルを比較的読んでいる起業経験者たちは、歴史の中の偉人や出来事から学ぶことがあるのかもしれません。

 

ビジネス書を読んでいる人の43.9%が、「スキルを磨くのに役立った」と回答 「起業経験者」は、43.8%が「取引先との人間関係を築くのに役立った」と実感

ビジネス書を読んでいる人に、ビジネス書がどのように役立ったかを聞いたところ、全体のトップ5は「スキルを磨くのに役立った」(43.9%)、「会話の話題作りに役立った」(28.6%)、「業務の効率化に役立った」(25.7%)、「仕事とプライベートを両立するのに役立った」(21.1%)、「上司や部下との人間関係を築くのに役立った」(19.3%)でした。
スキルアップを求めてビジネス書を読むのもさることながら、ビジネス書から得られる知識は仕事上の会話でも役立つケースが多いようです。

「起業経験者」は「取引先との人間関係を築くのに役立った」と回答した人の割合が高く、4割を超えていた(43.8%)のも特徴です。独り立ちする上での取引先との関係構築にもビジネス書は一役買っているようです。

なお、「いずれの経験もない人」では、「まだ効果は感じていないが、今後実践して役立てたい」と回答した人が3割以上(31.6%)に上り、ビジネス書の知識をまだ生かせていないと思っている人が多いという結果が出ました。

 

楽天ブックスで売れたビジネス書トップ10のうち、ビジネスパーソンがもっとも影響を受けた本は『10年後の仕事図鑑』

ビジネス書を読んでいる人に、楽天ブックスで売れているビジネス書トップ10を提示し、影響を受けたビジネス書があるかどうか聞いたところ、1位に挙がったのは『10年後の仕事図鑑』(著:堀江貴文さん、落合陽一さん)でした。2位は『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』(著:河合雅司さん)、3位は『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』(著:佐藤航陽さん)で、今後ますます変化するであろう世の中や働き方を先取りし、来るべき環境に備えていこうという心意気が見て取れました。

この回答に関しては、「起業経験者」、「副業経験者」、「転職経験者」、「いずれの経験もない人」の間で大きな違いはありませんでした。

 

ビジネス書を読んでいる異性へのイメージ、トップ3は「意識が高そう」(37.3%)、「仕事が出来そう」(21.7%)、「真面目そう」(20.7%)

最後に、読書状況に関わらずビジネスパーソン1,000人に対して、ビジネス書を読んでいる異性へのイメージを聞いてみました。男女別に見ると、「意識が高そう」(男性35.0%、女性39.6%)、「話が長そう」(男性6.6%、女性10.8%)、「出世しそう」(男性6.0%、女性10.6%)の3項目が、女性が男性より4ポイント以上の差をつけて選択した回答でした。

ビジネス書を読むのが好きな人は意識が高いのは良いことですが、話が長くならないよう気を付けた方が良いかもしれません。

 

「ビジネスパーソンの読書の実態調査」 調査概要

■調査対象:仕事をしている20代から60代の男女1,000人(男性500人、女性500人)

■調査期間:2018年9月6日

■調査方法:インターネット調査 (調査機関:MMD研究所)

※ 本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合があります。

 

楽天ブックスについて

楽天ブックスは、楽天株式会社が運営するオンライン書店です。本や雑誌をはじめ、DVD、ブルーレイ、CD、ゲームなど、400万点以上の商品を取り揃えています。

「楽天ブックス」で購入することで、「楽天スーパーポイント」を貯めることができるとともに、支払い時に貯まったポイントを利用することも可能です。

「楽天ブックス」で取り扱っている約70万点の商品については、午前中に注文すると翌日にユーザーの手元に届く「あす楽」サービスを実施しています。また、「全品送料無料」を実施しており、どんな商品も送料0円にて注文できます。

★URL:https://books.rakuten.co.jp/

※なお、「楽天ブックス」では「ビジネス特集ページ」(https://books.rakuten.co.jp/event/book/business/)も設けています。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です