本のページ

SINCE 1991

茨城県の地方紙「常陽新聞」が休刊へ

常陽新聞株式会社は、3月31日をもって「常陽新聞」の本紙および電子版の発行を休止することを発表しました。

 
「常陽新聞」は茨城県の地方紙。1948年に「豆日刊土浦」として創刊され、1953年には「常陽新聞」に名称を変更。
2013年8月に経営難で廃刊していますが、2014年2月に、ソフトバンク出身の楜澤悟さんが経営するユナイテッドベンチャーズが全額出資して新たに設立した「常陽新聞株式会社」が事業を継承しています。新聞社の代表取締役社長も楜澤さんが務めています。

 
2014年の新創刊以来、つくば市・土浦市を中心に県南地域に密着した新聞として、生活に密着した地元ニュースを届けてきましたが、「購読者数の伸び悩みを主因として経営状況は非常に厳しく、現在に至るまで月間数百万円の営業損失を継続して計上」しているそうで、「今後の事業展望も描き難く、当社として抜本的な経営改善策を見出すのは困難との結論を出さざるを得ない状況」となったため、今回の決断となったとのことです。

 
なお、従業員(18人)に対しては、特別退職金の支給を含む希望退職の募集を行い、これまでに全員からの応募があったそうです。

今後、会社自体は存続し、「第三者への営業譲渡等による事業の全部もしくは一部継続の可能性につき、引き続き追求」していくとのことです。

 
【関連】
本紙・電子版、3月31日付で休刊します | 常陽新聞
常陽新聞株式会社公式サイト
常陽新聞スマートフォン版
常陽新聞公式Facebook

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です