本のページ

SINCE 1991

【訃報】漫画家・美村あきのさんが死去 『すくうるでいず』『伝説の少女』など

漫画家の美村あきの(みむら・あきの=本名:岡島和子)さんが7月30日、乳がんのため埼玉県内の病院で死去しました。60歳。東京都出身。

 
美村あきのさんは、1958年生まれ。1977年に『別冊少女フレンド』に掲載された「わたしの理想のあなたサマ」で漫画家デビュー。少女漫画誌を中心に活躍し、代表作に『セント=ブラウンの童話』『すくうるでいず』『伝説の少女』『星空の海賊たち』『まじかる音符』などがあります。

 
美村あきのさんの逝去について、7月30日にご本人のTwitterおよびFaceBookが更新され、
「2018年7月30日午前11時12分に、美村あきのは永眠しました。これまで美村を応援して下さった皆さま方、本当に有り難う御座いました。」
と発表されました。

また、『BE・LOVE』編集部もTwitterにて、
「漫画家の美村あきの先生が、7月30日午前11時12分にご逝去されました。美村先生は「別冊フレンド」「M e」「BE・LOVE」などで活躍され、「すくうるでいず」「伝説の少女」など、数々の人気作を発表されました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。」
と、追悼のコメントをツイート。

デビュー誌である『別冊フレンド』編集部も、
「1977年に別冊フレンドからデビューされ、『セント=ブラウンの童話』、『すくうるでいず』をはじめとする素晴らしい作品を世に贈り出してこられた美村あきの先生。先生の早すぎる訃報に接し、悲しみにたえません。別冊フレンド編集部一同、心よりご冥福をお祈り申し上げます。」
とツイートしています。

 

すくうるでいず(1) (別冊フレンドコミックス)
三人姉妹の真ん中で、“明るい・メゲない・調子いい”の3拍子そろった超元気ムスメ、竹原友見(たけはら・ゆみ)。地獄の受験生なのに、いたってノンキにアニメのヒーローと同級生の和田(わだ)くんに憧れる毎日。ある日、親友のぶしこと拓坊(たくぼう)の3人で志望高校の下見にいき、ステキな先輩、荻島(おぎしま)くんと知り合いになる。ハッピーな予感に友見はときめくが……。キラキラ輝く青春のひと時を、みずみずしいタッチで描くスクール・コミック!

 
伝説の少女
上條未来(みく)は、普通の元気な中学1年生。病弱な双子の姉・永遠(とわ)の退院を願う日々。ある日未来は、永遠に頼まれ、代わりに映画オーディションを受ける。その結果は…!? 永遠の夢を乗せて、未来は芸能界へチャレンジ。伝説が今、はじまる!

 
【関連】
美村あきのさんのツイート
BELOVE編集部◇講談社のツイート
別冊フレンド編集部のツイート

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です