本のページ

SINCE 1991

『ドラゴンボール』などを手掛けた編集者・鳥嶋和彦さん(現・白泉社社長)が「大ヒット作が生まれる秘密」「まんが家がプロとして生き残るための秘訣」などを語る

カリスマ編集者・鳥嶋和彦さん(現・白泉社社長)スペシャルインタビュー動画を公開

カリスマ編集者・鳥嶋和彦さん(現・白泉社社長)スペシャルインタビュー動画を公開

白泉社は、『ドラゴンボール』をはじめ、数々のヒット作を手掛けたカリスマ編集者・鳥嶋和彦さん(現・白泉社社長)が、「大ヒット作が生まれる秘密」「まんが家がプロとして生き残るための秘訣」「有能な編集者の条件」などを縦横無尽に語りつくしたスペシャルインタビュー動画3本を公開しました。

 

【動画1】「売れる」まんがとは?

https://www.youtube.com/watch?v=cZjtVJM7Xls&t=681s

「どうして売れるまんがが必要なのか?」
「売れるまんがってどういうものですか?」
「プロになるためにどういうことを努力すべきですか?」
「修業期間はなぜ3年?」
「作家を担当していて売れたなあと思ったエピソードは?」

 

【動画2】まんが家が「出版社とまんがを作る」メリットは?(前編)

https://www.youtube.com/watch?v=wQi5Zar9waQ

「出版社と漫画を作るメリットは?」
「作家と編集の関係について」
「プロとして生き残るための秘訣」
「作家にとって〆切は重要なもの?」
「作家にとって締切とは重要なもの?」
「編集にとって大事なこと」

 

【動画3】まんが家が「出版社とまんがを作る」メリットは?(後編)

https://www.youtube.com/watch?v=c3XDwNgqPwc&feature=youtu.be

「WEBやSNSでマンガが読める時代に、雑誌で連載するメリットは?」
「作家にとって競う場所が必要?」
「マンガを紙で見る時とデータで見る時のちがいは?」
「マンガの面白さってなんだろう」
「なぜ作家が編集者に不信感を抱いてしまうのか」
「作家として続いていくためには」
「編集の仕事とは」

 
【関連】
鳥嶋和彦 白泉社社長 「売れる」まんがとは? インタビュー フルver – YouTube
鳥嶋和彦 白泉社社長 まんが家が「出版社とまんがを作る」 メリットは?(前編) インタビュー フルver – YouTube
鳥嶋和彦 白泉社社長 まんが家が「出版社とまんがを作る」 メリットは?(後編) インタビュー フルver – YouTube

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です