本のページ

SINCE 1991

ヨシタケシンスケさん最新絵本『おしっこちょっぴりもれたろう』 が発売1週間で10万部を突破!

ヨシタケシンスケさん最新絵本『おしっこちょっぴりもれたろう』 が発売1週間で10万部を突破!

ヨシタケシンスケさん最新絵本『おしっこちょっぴりもれたろう』 が発売1週間で10万部を突破!

ヨシタケシンスケさん作/絵『おしっこちょっぴりもれたろう』(PHP研究所)が6月5日に発売されましたが、即重版が決定し、累計発行部数は10万部を突破しました。絵本としてはかなりハイペースな初速で、売れ行きを伸ばしています。

 

初版部数7万5千部で出発するも即重版!

ヨシタケシンスケさんは、MOE絵本屋さん大賞(白泉社主催)で3年連続、通算4度目の第1位を達成するなど、いま最も勢いのある絵本作家です。

PHP研究所では、『おしっこちょっぴりもれたろう』の初版部数を、児童書としては異例の7万5千部としました。

売れ行きは発売当日から予想以上に好調だったそうで、そのペースは、第10回MOE絵本屋さん大賞2017で第1位に輝いた『なつみはなんにでもなれる』(2016年11月発売/PHP研究所)を上回ることから、2万5千部の重版を即決定。累計発行部数は発売1週間足らずで10万部となりました。

『おしっこちょっぴりもれたろう』中面サンプル

『おしっこちょっぴりもれたろう』中面サンプル

 

新刊発刊記念!LINEスタンプ「ヨシタケシンスケのスタンプもあります2」発売中

絵本『おしっこちょっぴりもれたろう』発売日の6月5日、LINE株式会社が運営する無料通話・無料コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」にて、「ヨシタケシンスケのスタンプもあります2」の販売も開始されました。

2016年8月にリリースされた第1弾の好評を受けての第2弾は、トートバッグ等のグッズも人気の『なつみはなんにでもなれる』と『おしっこちょぴりもれたろう』のキャラクターを中心に、ヨシタケシンスケさんが描き下ろしたオリジナル。あいさつからツッコミまで、トークが盛り上がる40種類が楽しめます。

「ヨシタケシンスケのスタンプもあります2」サンプル (C)Shinsuke Yoshitake / PHP Institute,Inc.

「ヨシタケシンスケのスタンプもあります2」サンプル (C)Shinsuke Yoshitake / PHP Institute,Inc.

★販売ページ:https://store.line.me/stickershop/product/3719345/ja

 

ヨシタケシンスケさん プロフィール

著者のヨシタケシンスケさんは、1973年、神奈川県生まれ。筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了。絵本作家。2児の父。

『りんごかもしれない』『もうぬげない』(以上、ブロンズ新社)、『りゆうがあります』『なつみはなんにでもなれる』(以上、PHP研究所)でMOE絵本屋さん大賞第1位、『りんごかもしれない』で第61回産経児童出版文化賞美術賞などを受賞。

著書に、『ぼくのニセモノをつくるには』『このあとどうしちゃおう』『こねてのばして』(以上、ブロンズ新社)、『ふまんがあります』(PHP研究所)、『つまんないつまんない』(白泉社)、『あるかしら書店』(ポプラ社)などがある。

 

おしっこちょっぴりもれたろう
ぼく、おしっこちょっぴりもれたろう。
おしっこをするまえかしたあとに、ちょっぴりもれちゃうから、いつもお母さんにおこられる。
でも、いいじゃないか。ちょっぴりなんだから。ズボンをはいたらわかんないんだから。しばらくするとかわくんだから。
でも、ぼくみたいにもれたろうでこまっている人、ほかにもいるんじゃないかな?
子どもの悩みがちょっぴり軽くなる!? ヨシタケシンスケのユーモア絵本。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です