本のページ

SINCE 1991

ファンタジー「八咫烏」シリーズ『烏に単は似合わない』コミカライズ記念!描き下ろし表紙とコミック0話を収録した特別版を電子書籍で配信!

ファンタジー「八咫烏」シリーズ『烏に単は似合わない』コミカライズ記念!描き下ろし表紙とコミック0話を収録した特別版を電子書籍で配信!

ファンタジー「八咫烏」シリーズ『烏に単は似合わない』コミカライズ記念!描き下ろし表紙とコミック0話を収録した特別版を電子書籍で配信!

文藝春秋電子書籍編集部では5月10日、累計100万部の大ヒットファンタジー「八咫烏シリーズ」のコミカライズを記念して、『烏に単は似合わない 期間限定 描き下ろしイラスト+コミック0話収録特別版』(阿部智里さん)を発売します。

また、同日には「八咫烏シリーズ」の外伝も発売されます。

※『烏に単は似合わない』の本文は、2014年6月に刊行された文春文庫版と同一です。
※本作品は2018年12月31日までの期間限定発売です。

 

八咫烏シリーズのコミカライズについて

「八咫烏シリーズ」は、人間の姿に変身することが出来る八咫烏の一族が、異世界・山内を縦横無尽に飛びまわる、和風ファンタジーです。

2012年に史上最年少20歳で松本清張賞を受賞してデビューした阿部智里さんが毎年一冊刊行、2017年『弥栄の烏』で第一部が完結しました。

平安王朝風のみやびな風俗と、日嗣の御子・若宮と側仕えの少年・雪哉を中心とした魅力的なキャラクターたち、周到に仕掛けられた謎と、日本神話に通じる壮大な世界観で人気を博しています。

長年メディアミックスが期待されてきた「八咫烏シリーズ」ですが、マンガアプリ&WEB「コミックDAYS」にて、第1巻『烏に単は似合わない』のコミカライズが決定しました(漫画:松崎夏未さん、原作:阿部智里さん、2018年6月23日より隔週連載)。

文藝春秋電子書籍編集部では、連載開始に先がけて、原作小説に、コミカライズを担当する松崎夏未さんの描き下ろしイラストと、コミック0話を収録した期間限定特別版を発売します。

 

原作者・阿部智里さんコメント

「小説をそのまま絵にしただけでは、きっと、面白い漫画は生まれません。ですが松崎さんなら、ひとつの漫画作品として完成された『烏に単は似合わない』を見せてくれるものと確信しています。漫画と小説、異なるジャンルではありますが、同じ創作者として尊敬できる方にコミカライズして頂けることを、心から幸せに思っております」

 

漫画家・松崎夏未さんコメント

「原作ファンの皆様にも、この機に初めて八咫烏シリーズに出会う皆様にも、漫画で描かれる『単』の世界に魅力を感じていただけるようなページを1枚でも多く作ってまいります。どうぞよろしくお願いいたします」

 

烏に単は似合わない 期間限定 描き下ろしイラスト+コミック0話収録特別版 (文春文庫)
大ヒットファンタジー「烏に単は似合わない」コミカライズ記念
原作小説に、コミカライズを担当する松崎夏未さんの描き下ろしイラスト+コミック0話を収録した期間限定特別版!

「烏に単は似合わない」内容紹介
八咫烏が支配する世界で始まった世継ぎの若宮の后選び。宮廷に集められた四人の姫それぞれの陰謀や恋心が火花を散らす。だが肝心の若宮が一向に現れないままに次々と事件が! 失踪する侍女、後宮への侵入者、謎の手紙……。果たして若宮に選ばれるのは誰? 第19回松本清張賞最年少受賞作にして、累計100万部を突破した大ヒットファンタジー「八咫烏シリーズ」の第1巻。2018年6月より、マンガアプリ&WEB「コミックDAYS」にてコミック版が連載予定。

※「烏に単は似合わない」本文は、2014年6月に刊行された文春文庫版と同一です。
※本作品は2018年12月31日までの期間限定発売です。

 

『八咫烏外伝 烏百花 蛍の章』も同時発売!

5月10日には、八咫烏シリーズ外伝などが同時発売されます。

 
■『八咫烏外伝 烏百花 蛍の章』

第一部全6巻の壮大な歴史の流れの中、キャラクターたちは事件の裏側で何を思い、どんな人間関係を結んでいたのか。本編で描かれることがなかった物語をまとめた短編集。
電子版の特典として、著者が本編のある場面をイメージして作成した切り絵と、切り絵と創作にまつわるショートエッセイを収録。

なお、『八咫烏外伝 烏百花 蛍の章』収録の書き下ろし二編をそれぞれ、電子書籍でも個別配信されます。

【電子オリジナル】『八咫烏シリーズ外伝 わらうひと【文春e-Books】
【電子オリジナル】『八咫烏シリーズ外伝 ゆきやのせみ【文春e-Books】

 
■『玉依姫』

シリーズ第5巻を文庫化。ついに八咫烏の支配する異世界「山内」の謎が明らかに。荻原規子さんとの対談を収録しています。

 
■【電子オリジナル】『合本 八咫烏シリーズ 第一部』

シリーズ第一部全6巻が一冊の合本に。苗村さとみさんの美しい挿画も全巻分収録。
収録作品:『烏に単は似合わない』『烏は主を選ばない』『黄金の烏』『空棺の烏』『玉依姫』『弥栄の烏』

 

烏百花 蛍の章 八咫烏外伝
八咫烏外伝 烏百花 蛍の章

累計85万部に育ったヒットシリーズの番外作品集。第一部全6巻の壮大な歴史の流れの中、キャラクターたちは一方でどんな人間関係を結び、どんな風に育ち、事件の裏側でなにを思っていたのか。本編で描かれることがなかったそれぞれの物語には、著者ならではの深い人間観、切れ味鋭くキラキラした直球の感動と展開が満ちています。
オール讀物に一編ずつ掲載され、電子書籍でも快調な売り上げを記録する4編「しのぶひと」「ふゆきにおもう」「すみのさくら」「まつばちりて」に加え、ファンの間でも熱い関心の的である二人の恋愛の萌芽を描く「わらうひと」、シリーズ人気沸騰の立役者・雪哉と若宮が軽妙なやりとりを展開する「ゆきやのせみ」の二編を書き下ろします。
後に控える「第二部」の前に、ファンには喉から手が出るほど魅惑的な短編集となることはもちろん、本編を読んでいない人にも、異世界が舞台のリアルで鮮烈な人間ドラマ集として強くアピールできるはず。天才・阿部智里の世界を知る格好の一冊です。

 
玉依姫 八咫烏シリーズ5 (文春文庫)
八咫烏シリーズはここから始まった――女子高生・志帆が、故郷の山奥で遭遇したものとは。ついに明らかになる異世界「山内」の秘密。

 
合本 八咫烏シリーズ 第一部 (文春e-Books)

100万部突破! 大ヒットファンタジー「八咫烏シリーズ」
第一部全6巻が一冊の合本に

「八咫烏シリーズ」は、人間の姿に変身することが出来る八咫烏の一族が、異世界・山内を縦横無尽に飛びまわる、和風ファンタジー。2012年に史上最年少20歳で松本清張賞を受賞してデビューした阿部智里が毎年一冊刊行、2017年『弥栄の烏』で第一部が完結しました。平安王朝風のみやびな風俗と、日嗣の皇子・若宮と側仕えの少年・雪哉を中心とした魅力的なキャラクターたち、周到に仕掛けられた謎と、日本神話に通じる壮大な世界観をお楽しみ下さい。

【収録作品】
『烏に単は似合わない』(2014年6月刊、文春文庫)
山内で始まった世継ぎの若宮の后選び。宮廷に集められた四人の姫それぞれの陰謀や恋心が火花を散らす。だが肝心の若宮が一向に現れないままに次々と事件が! 失踪する侍女、後宮への侵入者、謎の手紙……。果たして若宮に選ばれるのは誰?

『烏は主を選ばない』(2015年6月刊、文春文庫)
后候補の姫を擁する東西南北四家。北家と縁ある少年・雪哉は、ひょんなことから、うつけと評判の若宮に仕えることに。兄を追い落として世継ぎとなった若宮の周囲は敵ばかり。陰謀、暗殺者のうごめく朝廷内で、二人は危機を乗り越えられるか―。

『黄金の烏』(2016年6月刊、文春文庫)
仙人蓋と呼ばれる危険な薬の出所を追って旅に出た、日嗣の御子たる若宮と郷長のぼんくら次男・雪哉。二人が北の地で発見したのは村人達を喰らい尽くした大猿だった。生存者は小梅と名乗る少女がひとり……。山内を揺るがす大事件の真相とは。

『空棺の烏』(2017年6月刊、文春文庫)
宗家を守る山内衆と呼ばれる上級武官を養成する訓練所・勁草院。厳しい訓練を経て優秀な成績を収めた者のみが護衛の栄誉に与る。平民の茂丸、下人の千早、大貴族の明留、そして武家の雪哉。生まれも育ちも異なる少年たちは、過酷な院内の競争を勝ち抜けるのか!

『玉依姫』(2018年5月刊、文春文庫)
舞台は現代日本。両親を交通事故で失い、祖母と暮らす女子高生の志帆は、閉ざされた村の儀式の生贄に選ばれてしまう。彼女が連れて行かれた山奥で見た信じがたい光景とは――。百年前の記憶を巡る謎が解かれた時、世界の深層が明かされるシリーズのエピソード0。

『弥栄の烏』(2017年7月刊、文藝春秋)
大地震が山内を襲い開かれた禁門の扉の先に現れたのは宿敵・大猿だった。彼らに連れられて足を踏み入れた神域には山神が! その強大な力は日嗣の御子たる若宮をも圧倒し、厄災が八咫烏たちに次々ともたらされる。参謀・雪哉はこの危機を救うためにある作戦を――。

 
【関連】
阿部智里「八咫烏シリーズ」『烏に単は似合わない』『烏は主を選ばない』『黄金の烏』『空棺の烏』『玉依姫』『弥栄の烏』特設サイト 第一弾完結!『弥栄の烏』発売 | 特設サイト – 文藝春秋BOOKS
八咫烏の壺@5月10日文庫&新刊発売(@yatagarasu_abc) | Twitter

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です