本のページ

SINCE 1991

【訃報】イラストレーター・笹井一個さんが死去 佐藤友哉さん、辻村深月さん、神林長平さんらの装画

イラストレーターの笹井一個(ささい・いっこ)さんが3月20日、死去しました。42歳。笹井さんの公式ブログ、Twitterで発表されました。昨年夏に大腸内の癌が見つかり、治療を続けていましたが、進行が速かったとのことです。なお、葬儀は近親者で執り行われました。

 
笹井一個さんは、イラストやアニメのキャラクターデザインなどで活躍。佐藤友哉さんの『クリスマス・テロル』『フリッカー式 鏡公彦にうってつけの殺人』などの「鏡家サーガ」シリーズ、辻村深月さんの『子どもたちは夜と遊ぶ』、神林長平さんの『狐と踊れ』、支援BISさんの「辺境の老騎士」シリーズなどで知られます。

他にも、吉川良太郎、大塚英志さん、小林泰三さん、菊地秀行さん、鈴木剛介さん、田中哲弥さん、道尾秀介さん、大槻ケンヂさん、東浩紀さんら多数の作家の著作において、表紙カバーや本文挿絵などを手掛けています。

佐藤友哉さんは今回の訃報に際し、Twitterで「笹井さんには、「鏡家サーガ」をはじめ、いくつものイラストを担当していただいたこともあり、半身を引き裂かれたような気持ちです。謹んでお悔やみ申し上げます。」とコメントしています。

 

ガソリン
ミステリー小説から児童書まで、作品ごとに変貌する多彩な装画を網羅的に収録。少女や怪人の不思議なビジュアルや、イメージが無限に増幅するループイラストなど、トリッキーな画作りのオリジナル作品も多数。さらに、漫画・アニメの背景美術・未発表の企画案も掲載し、総作品数600点以上。笹井一個の15年間の軌跡が詰まった初作品集。

 
【関連】
ガスログ | よろず絵描き業のお知らせや近況など
笹井一個(@sasaiicco)さん | Twitter

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です